子供っていつごろからお餅が食べられるのかしら?

おもち

子供にお餅っていつ頃から食べさせてもOKなのでしょうか。

家の子たち(4歳・6歳・9歳)はお餅が大好きです!お餅があるとすぐに食べるー!と大騒ぎするほどです(笑)いつ頃からお餅をあげるようになったかな~?と考えると我が家では3歳前後だった記憶があります。

子供が大好きなお餅、いつ頃からあげるのがベストなのでしょう。今回はお餅について

  • いつからお餅が食べられる?
  • お餅を食べても大丈夫な目安は?
  • お餅を食べさせる時の注意点

について調べていこうと思います!子供と一緒に美味しいお餅食べたいですよね!

スポンサーリンク

子供はお餅をいつから食べられる?

お餅っていつ頃からなら大丈夫なの?
3歳前後が目安になります。

きちんと自分でカミカミができるようになって、飲み込む力のついたころ大体3歳前後がお餅デビューの時期と言えます。

3歳になっていても丸飲みの癖のある子、ちゃんとカミカミできない子はお餅は控えたほうが良いかもしれませんね。ちゃんと自分の力で咀嚼できないとのどに詰まったり、張り付いてしまう原因になってしまいます。

うちの子が通っていた保育園では2歳児さんにでも小さく細かくしたお餅を与えていました。ちゃんと先生が付き添ってカミカミできているかを確認していたようです。そのくらいでも食べられるのかもしれませんがきちんと目を光らせていなければなりませんね。

お餅って結構粘り気があるんですよ。小さく切ってもその粘り気は変わらないので心配な方はやはり自分のお子さんがカミカミ・ゴックンが上手になったころにあげるのがいいのではないでしょうか。

お餅の事故って小さいお子さんでは常にある事なんですよ。お餅を与えるときには十分注意をしてあげて下さいね。

スポンサーリンク

お餅を食べても大丈夫な目安は?

カミカミ・ゴックンが上手にできるようになって、乳歯が生えそろった頃が目安になります。

「ちゃんとカミカミ・ゴックンしてね」と声掛けをして理解できるようなら与えてもいいかもしれません。

1歳でもあげても大丈夫だったよ!という方もいらっしゃいます。細かくすれば大丈夫という方もいらっしゃいます。個人差があるのでその辺りは自己責任でとしか言いようがありません。お餅は細かくしても粘り気のある食材です。飲み込む力の弱い子には与えないほうが無難です。

関連記事)赤ちゃんって牛乳はいつから飲める?選び方や進め方を伝授します!

子供にお餅を食べさせる時の注意点は?

  • 水分と一緒に取るようにしましょう!お餅はのどに詰まりやすい食材です。常に喉を湿らせて通りやすくしておく工夫も必要です。
  • お餅がアレルギー食材であるって知っていましたか?花粉症やアトピーなどの症状がある方はかゆみが増したりする症状が出やすくなります。食べすぎには注意して下さいね。
  • 常に子供が食べているときにはそばにいるようにしましょう。お餅は粘り気のある食材です。何が起こるかわかりません。常に注意をはらうようにしましょう。
  • 歯の生え変わりの時期にも注意!大きくなっていても歯が生え変わる時期で歯がない子も注意が必要です。よく噛むように声掛けをしましょう。

関連記事)赤ちゃんの粉ミルク 余っても大丈夫!活用法は無限大。

まとめ

  • お餅は大体3歳前後から
  • しっかりカミカミ・ゴックンができるようになるのが目安
  • 乳歯が生えそろった時期に食べさせるのが良い
  • お餅を食べるときには常に傍にいるように
  • 水分と一緒に食べるようにすることで喉を湿らせた状態にしましょう
  • アレルギーが悪化することがあります。食べすぎには注意を
  • 歯の生え変わりの時期の大きくなった子にも注意を

初めての食材を初めて与えるときってどうしていいのか分からないものですよね。私も手探りでやってきました。今もそうですが(笑)

お餅を初めてあげるときには十分な注意をしてあげてください。のどに詰まらせやすい食材なので。

お餅をあげるのがやっぱりこわい!という方には白玉豆腐はいかがでしょうか?白玉粉を水の代わりに豆腐で練ります。普通の白玉団子より粘り気が少なくなり噛み切りやすくもなります。お餅が心配という方はぜひ試してみてください。我が家の子も大好きな料理の一つでした!

スポンサーリンク

関連記事はこちら