小学生になると、暑い中歩いて学校まで行くのに、日焼けも気になるし、熱中症にならないかという心配もありますよね?

専用の通学帽子がある場合はいいけど、それもないと自分で用意しなきゃいけませんが、サイズやどんなものを選んでいいのかってはじめてだとわからないって方多いのではないでしょうか・・・。

子供が一年生になり、通学用の帽子を買ってあげたいと思うんですが、皆どんな帽子をかぶっているのかしら?
通学の様子を見ていると、「あんな帽子がいいのね」なんてわかったりしますが、いざ買おうと店に行ってもサイズやデザインで悩んじゃうんですよね。

 

実は、この小学生の帽子選びで、私は何度か失敗しています。

ただ子供の好みで買ったはいいけど、通学中に帽子が飛んでいって道路に飛び出て拾おうとしたり、汗をかいてムレてしまったり・・・。

そんな失敗がないよう、今回は、小学生の帽子について

  • サイズ
  • 測り方
  • 選び方

を説明した上で、女の子用・男の子用、それぞれのオススメを紹介します。


小学生の帽子!サイズの目安や測り方を解説

帽子のサイズって、小学生は一般的にどれくらいのものを買うといいのかしら?
小学生といっても、1年生と6年生では大きさが違うので、低学年と高学年わけて目安を解説しますね。
  • 小学校低学年の帽子サイズ・・・52〜54cm
  • 小学校高学年の帽子サイズ・・・54〜56cm

 

ただし、個人差はあります。

そのため、帽子サイズの測り方も説明しておきます。

帽子サイズの測り方

おでこのもっとも出ている部分〜耳の上〜後頭部で1番出ている部分を、ぐるりと測る方法が一般的です。

小学生の帽子サイズ

そのサイズに応じて、髪の量も考え、+0.5cm前後がいいでしょう。

 

じゃあ、そのサイズの帽子ならなんでもいいのかしら?
いくつかポイントがありますので、選び方を説明しますね。

小学生の帽子の選び方は?ポイントを伝授

  • サイズの合ったもの
  • 日除けを考えて
  • 素材を考えて

以上の点を踏まえて、帽子を選ぶ必要があります。

小学生の帽子

それぞれについて、詳しく説明しますね。

サイズの合ったもの

先ほども説明しましたが、小学生の帽子を選ぶ上で、サイズの合ったものを選ぶことは重要です。

キャップなどでしたら、サイズ調整がきくものを選んだ方が成長に応じて長く使うことができますが、1番小さくしてもぶかぶかならば、あご紐をつけるなどして飛ばないよう工夫を施す必要があります。

日除けを考えて

小学校にかぶって行く帽子は、オシャレ感覚のものではなく、日除けとなるよう考えたものを選ぶといいでしょう。

ただし、ツバが大きすぎると前が見えず危険です。

キャップなら、サイズの合ったものなら大体問題はありませんが、ツバ帽子ならツバが5cm以内のものがいいでしょう。

素材を考えて

子供は頭にも汗をよくかくため、通気性の悪い素材だとムレてしまいます。

そのため、通気性のいいメッシュ素材や綿素材がオススメですが、冬場でも登下校中は汗をかくので極端に寒い日以外はニット素材などは避けた方がいいでしょう。

 

では、以上を踏まえて、オススメ商品を紹介します。

小学生の帽子!女の子にオススメな商品は?

キャップ帽子と、ツバ帽子のオススメを紹介しますね。

女の子だってキャップが楽チンですが、なかなか可愛いデザインってないんですよね。

これだとメッシュ素材で通気性もいい上に、可愛いリボンもついているので、通学中も気分が弾むのではないでしょうか?

小さく折りたたんで収納できる上、水洗いもガンガンできちゃうこの帽子は、どんなに風が強い日でも飛んでいかないよう頑丈なあご紐がついています。

このあご紐が、耳をはさんでがっちりガードしてくれるので、親としても安心ですね。

小学生の帽子!男の子にオススメなのはコレ

次に男の子にオススメな商品です。

通気性のいい汗がたまりにくいメッシュ素材で、オールシーズン使えるアディダスのキャップは、学年問わず使えるため人気。

一つ持っておくと、通学以外でも、さまざまなシーンで活躍するでしょう。

ナイロン素材ですが、前のツバ上部分と両サイドがメッシュ素材になっているため通気性がよく、サイズはマジックテープでできるため、子供でも調節可能です。

 

 

日焼けが気になる方は、背当てを作っちゃうのもいいでしょう。

子供の帽子の背当てカバーの作り方!

 

最後に

ポイントをまとめます。

  • 小学校低学年なら、52〜54cm・高学年なら54〜56cmが一般的だが、個人差もある
  • おでこのもっとも出ている部分〜耳の上〜後頭部の1番出ている部分を、ぐるりと測る方法が一般的
  • 飛んでいかないようジャストサイズを選ぶか、あご紐のあるものを
  • 日除けを考え、オシャレ感覚の帽子は避ける
  • 通気性があり、ムレない素材がいい

 

女の子は、その日の洋服に合わせて帽子を選ぶ子も多いでしょうが、うちの息子なんかはそんなの気にせず、とにかく毎日汗をかいてくるため洗い替えも必須です。

小学校用としても、最低2つはあると助かりますよ。

関連記事はこちら