上下セパレートで着せられるようになるとコーディネートの幅も広がり、親子や兄弟でのおそろいなんかも楽しめますよね^^
着ている本人が快適であるよう機能性などから、セパレートの服へ移行する時期について紹介していきます。


赤ちゃんに着せる服、セパレートを着せる目安は?

separate3

だいたい6か月頃、一人で座れるようになるくらいからが良いです。
寝返りをうったり、腹ばいをしているうちは1枚でロンパースなどがよいでしょう。
目安は、赤ちゃんの動き方の変化に、ママ自身が着せにくい着せやすいと感じるです。

セパレートの服にするメリットってある?

動きが活発になり、立ったり座ったり這ったり…と、動き回るようになるとセパレートの方がうんと着せやすくなります!
これはおむつがパンツタイプに変わるのと同じように寝かせて着替える(履き替える)というのが難しくなるからです。

separate4

他にも、離乳食が始まると、スタイをしていても衣類まで汚れてしまったということもありますよね?!
そんな時、汚れてしまった上だけあるいは下だけ着替えるということも可能になります!
うんちが漏れてしまったりというハプニングにも、全身着替える必要がなくなります。
頻繁にある場合のお子さんは、早めにセパレートに移行してもよいかと思いますが、そうでないお子さんは歩きまわるまでは、無理にセパレートでなくてもいいです。
早い時期からセパレートで着せていらっしゃる方もいますが、よほどのお出掛け(冠婚葬祭など)でない限り一枚で動きやすいカバーオールやロンパースを着せてあげましょう!!
服がめくれあがってしまってお腹が出てしまったり大きすぎて脱げてしまったりと子ども達自身不快なことが多いのです。

肌着はセパレートよりロンパースの方がいい?

separate1

セパレートで着せられるようになると、ほとんどの方が肌着も上シャツのみになると思います。
しかし、冬場など、お腹が出てしまわないように、ロンパース(股下でボタンで留めるもの)タイプの肌シャツも大きめのサイズまで販売されているので、冷えを心配される方は着せてあげると良いかもしれません。ただ、トイトレが始まると、ロンパースタイプのシャツは不便になるので、使用しづらくなってしまいます。
着用できる時期は限られてしまいますね^^;

セパレートの服、買うなら大きめがいい?

separate2

歩き出して間もない赤ちゃんには、大きいものは動きにくくて仕方ないはずです、キツめもしんどいですが、身体に合ったサイズのものを着せてあげましょう^^
来年も!と欲が出てで大きめサイズを選びがちになりますが、1~3歳の成長スピードは驚く早さなので、少し大きめを買っても来シーズンにはぴちぴち・・・ということもよくあります。
逆に数ヶ月でも「この服小さくなったなぁ~」と感じるので、購入する時には今現在のお子さんのサイズよりは少しぐらいはゆったりサイズで購入されるのがベストでしょう!!

最後に

separate5

かわいいわが子も一緒に早くおしゃれして出かけたい!という気持ちはよくわかりますが、1番は子ども達が快適でいられること。
おしゃれのためにちょっと暑そうだとか寒そうだとか、着苦しいということがないようにしてあげてください^^
セパレートに見えるようなデザインの服もたくさん販売されています♪
わたしは、たった数ヶ月しか見られないロンパースを着た、いもむしみたいなもごもご赤ちゃん姿も大好きです^^

by mk1919

関連記事はこちら