最近は赤ちゃん用シャンプーが多く売られており、それを赤ちゃんに使っているママも多いのではないでしょうか?

しかし、赤ちゃんの成長とともに、大人用のシャンプーが使えると便利だと考えているママも増えるようです。

 

そろそろ大人用のシャンプーが使えると便利だと思いはじめているんですが・・・

赤ちゃんに大人用のシャンプーを使っても大丈夫なのかしら?

私も子供が赤ちゃんのころ、疑問に思ったわ。

赤ちゃんの年齢や体質にもよるけれど、大人と同じシャンプーを使うことは可能だわよ。

そうなのね。

いつぐらいから大丈夫かしら?

親子で使えるシャンプーのオススメも知りたいわ!

それでは、私の調べた情報をすべて教えちゃいます!

 

赤ちゃんなんだから、赤ちゃん用のシャンプーを使う。

実際、「赤ちゃん用」をうたった商品も多く出回り、なんの疑問もなく購入しちゃってた方も多いですよね。

ですが、赤ちゃんの髪質によってはきしみはじめることも・・・。

それに、大人用といつまでも別々に購入するのも、なんだか面倒な気がしている方もいるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、赤ちゃんのシャンプーに関して、

  • いつから大人用のシャンプーを使えるのか
  • 大人用シャンプーを使う時の注意点
  • ママと一緒に使えるオススメのシャンプー

について紹介します。


赤ちゃんのシャンプーって大人用はいつから使えるの?

赤ちゃんのシャンプーって大人用はいつから使えるのかしら?
赤ちゃんによるので、一概には言えないのだけれど・・・

2歳ぐらいから大人のシャンプーに切りかえたママが多いみたいです。

大人のシャンプー

実際、まわりのママ友たちからも、「2歳くらいから大人と同じものを使っている」との声を聞きます。

ちなみに、私の娘には、2歳半から大人用を使いはじめました。

髪の毛が長くなってきて、赤ちゃん用ではかなりきしむようになったからです。

 

ここが大切!

個人差はありますが、基本的に赤ちゃんの肌はデリケート。

ちょっとしたことで肌荒れをおこしてしまうことも。

肌荒れやアトピー、皮膚炎などが心配なら、使用を控えるようにしてくださいね。

 

他の方の声も気になりますので、口コミも紹介しますね。

 

うちの長男の大人用ボディーソープは1歳から、シャンプーは2歳ぐらいでしたね。

シャンプーは目がしみるので、自分できちんと目をつむれるようになってからにしましたよ。

 

 

大人用は目がしみるから、いやがっちゃう子もいるようですね。

 

うちの子は10歳ですが肌が弱いのでベビー用を使っています。

シャンプーも幼児用を使っていますよ。

 

個人差があるのがわかりますね。

 

残念ながら、「何歳から大人用のシャンプーを使用しても大丈夫!」

こんな明確な答えはありません。

そのため、自分の赤ちゃんの体質などを見極めることが大切です。

 

 

それでは次に、赤ちゃんが大人用のシャンプーを使う際の注意点を紹介します。

赤ちゃんに大人用のシャンプーを使う際の注意点!

赤ちゃんに大人用のシャンプーを使う際に、注意する点はあるかしら?
いくつかあるので、以下に紹介するわね。

注意したい点として、

  • 刺激の強い成分は避ける
  • 薄めて使う
  • しっかり洗い流す

があります。

大人のシャンプー

それでは、それぞれくわしく説明します。

刺激の強い成分は避ける

シャンプーを選ぶ際に大事なのは、洗浄成分です。

パッケージに出ているキーワードに惑わされず、裏面の成分を確認して購入しましょう。

 

大人用のシャンプーの多くに、ラウリル硫酸ナトリウムなど、刺激の強い成分が含まれています。

これは商品の裏面に、配合量の多い順に成分が記載されていますので、チェックしてみてください。

「安くて、種類も豊富で、どこでも買える!」・・・

こういったシャンプーには、界面活性剤に石油由来のものが多く使われています。

 

刺激の強い、硫酸系成分として以下のものがあります。

【硫酸系成分】

  • ラウレス硫酸ナトリウム
  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • スルホン酸

 

硫酸系成分は、車の油落としや台所用洗剤などにも使われるくらい、強力に油分を取り去ってしまいます。

ですから、皮膚への刺激もかなり強いのがわかりますね。

赤ちゃんや子供の頭皮は未熟で、バリア機能が整っていないため、このように刺激が強いものに敏感に反応します。

同様、大人も年齢を重ねると、頭皮バリア機能が低下して、子供と同じように頭皮が敏感になるのです。

(三十路をすぎた私もリアルに実感しています!)

よくいう敏感肌とは、肌のバリア機能が低く、外からの刺激が入り込みやすい肌のこと。

ですから、肌が敏感な赤ちゃんや子供には、この硫酸系シャンプーは避けましょう!

薄めて使いましょう!

低刺激の大人用シャンプーを使っていても、どうしても刺激が気になるなら薄めて使うのもいいですよ。

薄めて使うと経済的で一石二鳥です!(笑)

しっかり洗い流しましょう!

基本的なことですが、シャンプーをしたらしっかりと洗い流しましょう。

シャンプーが残っていると、それが原因で肌荒れやトラブルの原因となってしまいますよ。

赤ちゃんや子供に使って安心な製品は?

では、どのような製品なら赤ちゃんのシャンプーに使っても安心なのかしら?
それでは、赤ちゃんや子供に使っても安心な製品を紹介するわね。

その製品とは、

  • アミノ酸系
  • ノンシリコン

といった製品です。

これらは「硫酸系シャンプーではない!」ということをうたっています。

大人のシャンプー

シリコン自体は本来無害ですが、硫酸系の使用感の悪さをシリコンに頼っているんですよね。

シャンプーの場合、シリコンはコンディショニング成分として入っていますので、主成分がよければ、シリコンに頼らなくてもよいのです。

ここで注意!

市販されているアミノ酸シャンプーは、

  • アミノ酸シャンプー
  • アミノ酸配合シャンプー

にわけられます。

この2つの大きな違いは、洗浄剤の種類その配合です。

  • アミノ酸シャンプー→アミノ酸系洗浄成分を主成分として使用している
  • アミノ酸配合シャンプー→洗浄力の強い合成界面活性剤や石けんなどを主成分とし、アミノ酸系洗浄成分を少量加えたもの

以上のように、「アミノ酸シャンプー」とは、アミノ酸系洗浄成分を主成分としているものですから、「アミノ酸配合シャンプー」と異なることに注意してください。

 

でも・・・

なんだか見分けるのがむずかしそう。

大丈夫よ。

アミノ酸シャンプーか見分けるには、表示成分をチェックすればいいのよ。

 

成分は、配合量が多いものを上から順に表示してあります。

表示成分の最初の方に、下記のアミノ酸系洗浄成分が確認できれば、「アミノ酸シャンプー」となりますよ。

【アミノ酸系洗浄成分】
  • メチルアラニン系(ラウロイルメチルアラニンNaなど)
  • ココイル系(ココイルグルタミン酸Na・ココイルメチルアラニンNaなど)
  • ベタイン系(コカミドプロピルベタインなど)

 

もっと詳しく説明すると・・・

水の次の5つぐらいの成分に、「ココイル○○○」「ラウロイル○○○」という表記があるかチェックしてください。

これらの成分が確認できれば、「アミノ酸シャンプー」といえますよ。

なるほど。

このくらいなら頑張れば覚えられそうです。

 

アミノ酸系シャンプーは、硫酸系に比べると低刺激ではありますが、その分洗浄力が落ちます。

しかし、洗顔もそうですが、洗いすぎると保護する皮脂まで取り除いてしまうことに。

一般に売られているアミノ酸シャンプーで十分洗浄できますよ。

 

赤ちゃんにもママにもオススメなシャンプー3点!

親子で一緒に使えるシャンプーでオススメはあるかしら?

あるわよ。

それでは、オススメのシャンプーを3点紹介するわね。

ファンケル アミノシャンプー

無添加のノンシリコンシャンプー。

豊かな泡立ちで髪への負担もなく、やさしく洗いあげてくれます。

ジュレーム シャンプー

ノンシリコンシャンプー。

髪と地肌をいたわりながらしっとりしなやかな髪にみちびいてくれます。

カウブランド無添加シャンプー

地肌に刺激を感じず、泡も細かくてやわらかく、洗い流す時も指通りなめらか。

着色料・香料、パラペンなどの防腐剤や品質安定剤無添加。

また、アレルギーテスト済みです。

 

まとめ

今回のポイントをまとめます!
  • 赤ちゃんが大人用のシャンプーを使えるようになるのは、だいたい2歳ぐらいである。
  • 個人差はあるので、赤ちゃんの体質を見極めることが大切。
  • 肌荒れやアトピー、皮膚炎などが心配なら使用を控える。
  • 大人用を使う時は、低刺激のものを薄めて使うとよい。
  • 洗ったらきちんと洗い流すこと。

 

これを調べるまで、パッケージのうたい文句をうのみにし、成分をよくチェックせずに購入していました。

さっそく今日から、親子で使える「アミノ酸シャンプー」に買いかえようと思います。

大事なのは、洗浄成分。

いいモノを選び、安心して赤ちゃんと一緒にシャンプーを使いましょう!

関連記事はこちら