Cherry-blossom viewing Eye-catching image

 

1年中季節ごとに見頃の植物を楽しむことができる「福岡市植物園」!

これからの時期は、桜の名所である南公園の中に位置するので桜のお花見も、もちろん楽しめますよ(^o^)丿

バラまつり」や「夜の植物園」などイベントも要チェックです。

これからの季節、お花もどんどん咲いて綺麗でしょうし、行ってみたいです♪
現在も菜の花畑が綺麗ですし、の後もバラあじさいヒマワリコスモス紅葉ウメ・・などなど、1年を通して園内では見頃の花が咲いています
大きな温室もあると聞いたのですが?
「温室」は年中見どころいっぱいですし、イベントや植物園の案内・アクセスまで、詳しくご紹介しますね。

 

ということで、今回は「福岡市植物園」について

  • 季節ごとの見頃のお花紹介
  • 展示場所のご案内
  • 温室の見どころ
  • 夜の植物園
  • ランチやレストラン情報
  • 福岡市植物園の基本情報は?

など、毎年子供の遠足やお花見に出かけているご近所の私が、園内の写真も入れながら詳しくご紹介していきます!

体験談や口コミもたくさんあるので、参考にしてくださいね♪

Sponsored Link

福岡市植物園のお花見情報✿

「福岡市植物園」は、隣の動物園や展望台と共に、南公園の中にあります。

植物園の大きな温室にはおよそ900種類、その他にも約1260種類の植物と様々な庭園があり、それぞれの時期に楽しむことができます。

 

福岡市植物園では、どんな植物を見ることができるのですか?
春夏秋冬、季節ごとの見頃の花をご紹介しますね。
季節ごとに楽しめるお花
  • 【春:3~5月】サクラ、ツツジ、バラ、ヒトツバタゴ、セイヨウシャクナゲなど
  • 【夏:6~8月】アジサイ、ハナショウブ、ヒマワリオオオニバスなど
  • 【秋:9~11月】コスモスバラ、キンモクセイ、モミジなど
  • 【冬:12~2月】ツバキ、サザンカ、ウメハナナ(菜の花)、ニホンズイセンなど

 

どの季節に行っても、見頃の植物があるのですね!

次は、「春夏秋冬」それぞれの注目の花とその見頃を詳しく見ていきましょう!

【春:3~5月】「サクラ」と「バラ」をお見逃しなく!

春はたくさんの花が開花しますが、以下の2つは植物園の目玉となります。
  • サクラ・・3月最終週~4月上旬、その後遅咲きのサクラも見られます
  • バラ・・4月最終週~6月上旬
ぜひ詳しく教えてください。
植物園で桜のお花見✿
まずは、3月に開花するサクラ情報から! 

ここ「福岡市植物園」は桜の名所である「南公園」の中にあります。

動植物園含め、南公園全体で約1400本の桜があり、春はお花見する姿が見られます。

植物園内は入園料をきちんと払うこともあり、動物園と一緒に楽しむ親子連れが多く、飲み会の集団や酔っ払いの人が居ないのも個人的に良いと思うところ。

上の2枚の写真は芝生広場「ソメイヨシノ」の下でお花見する様子です。

植物園入って真っすぐ行くとすぐに見えてきます。

下の写真は五分咲きほどですね。

参考までに2016年度の開花状況は以下の通り。

【2016年の開花状況】

  • 3月19日に開花宣言
  • 3月28日に五分咲き
  • 3月30日にほぼ満開
  • 4月2日に満開

詳しい新年度の開花情報は植物園のHPでチェックしてくださいね。

福岡市植物園

植物園の入口から入ってすぐ左側に、その時期の植物のパネルやチラシがいつも置いてあります。

桜の時期には「サクラマップ」が用意されているので、ぜひこれ片手に様々な桜をお楽しみください。

植物園には、ソメイヨシノ以外にも変わった種類の桜が沢山ありますので、ぐるっと見てまわってくださいね。
南公園の「花見広場」

ちなみに、植物園と動物園の間にある南公園の「花見広場でも桜が楽しめます。

↑上の写真は、参考までに2016年の4月5日です。

もう花が散ってきていますね。

ここ南公園内ですが、植物園の外になるので無料です(笑)

すぐ側にトイレもあります。

花見広場」は動物園と植物園のちょうど間にある小道周辺です。

動物園入口の左手に階段が見えますが、春は桜のトンネルができます。

階段横の小道ならベビーカーでも行けますがかなり坂がきついので頑張らなきゃです(笑)

植物園駐車場側からなら植物園向かって左手の下り坂を降りると見えてきます。

この辺はよく、近所の学生やランニングする方がトレーニングで走っています。

展望台から下にサクラを眺めるのも1つの楽しみ方としてオススメですよ。

「植物園の園内」と「花見広場」の桜が咲く場所は以下の通り。

福岡市植物園

「花見広場」には・・

  • 植物園から行く場合・・植物園正門左手の小道を下ると見えてきます。
  • 動物園から行く場合・・動物園正門左手の小道を上ると見えてきます。
桜の木が目印に見えてきますよ。
春のバラまつり
他に、春の見どころは何かありますか?
植物園でこの時期に絶対見て欲しいのはこちらです!

春のバラまつり」!

「春のバラ」は毎年4月下旬から5月が見頃綺麗に咲いています。

※今年の「春のバラまつり」日程は植物園HP要確認

本当に綺麗ですね!

バラ園は奥の温室に向かう途中、1番大きな花壇手前にあります。

とにかく、綺麗に咲き誇る時期はお見逃しのないように!

バラまつりの詳しい日程や見頃は、毎年日にちが変わるので植物園のHPでお確かめください。

【夏:6~8月】「アジサイ」と「ヒマワリ」がオススメ!

この時期に見頃のお花はこちらです。
  • アジサイ・・5月下旬~6月
  • ヒマワリ・・7月~8月(要確認)
約1000株の「アジサイ」

「アジサイ」は、5月下旬から6月いっぱいまで見頃となります。

植物園では、およそ90種1,000株のアジサイを展示しています。

咲く場所は、ちょっと奥の「花木園C」。

 

美少女」というちょっと変わった名前の品種なんかもあるようなので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

夏はやっぱり「ヒマワリ」♪

夏の植物園に入ると、すぐに見える入口広場の花壇に、およそ4,200株の「ヒマワリ」が咲き乱れています。

2016年の見頃は8月上旬で、7月にも背の高いヒマワリの紹介があるので、7月から8月が見頃としていますが今年はどうなのかご確認くださいね。

一面のヒマワリ畑は、写真スポットとしても人気です!

この写真のヒマワリ以外にも

  • 赤い色
  • レモン色
  • 背の高いヒマワリなど

去年は9品種を観察することができました。

ぜひ、珍しい品種も一緒に楽しみたいですね!

【秋:9~11月】「コスモス」と「秋のバラまつり」!

この時期に見頃の植物はこちらです。
  • コスモス・・9月下旬~10月
  • バラ・・10月中旬~11月下旬
バラは春と秋の2回見頃があるのですね!
入口広場に広がるコスモス畑

秋になると、こちらも入口入ってすぐの花壇で、およそ5,000株の「コスモス」が展示されます。

9月から10月にかけてが見頃となります。

2016年は15品種のコスモスがありました。

その時期に行くと、「コスモスマップ」も作成されています。

ぜひ、色んな色や形の変わったコスモスまでお楽しみくださいね。

 

「コスモス」や先ほどの「ヒマワリ」も咲く入口広場の花壇はこちらです。

福岡市植物園

「秋のバラまつり」!

「春のバラまつり」を見逃しても、秋になるとまた見頃がきて「秋のバラまつり」を楽しむことができます。

例年、10月中旬から11月上旬までが「秋のバラまつり」と題してイベントも開催中です。

※今年の開催日程はHPでご確認ください。

秋のバラは春と比較すると色つやが良く、花もちもよいので長い間見ることができるんだとか。

また、香りも秋の方が強いとのことなので、ぜひ体感して来てください。

バラ園は春と同じく、奥の温室に向かう途中、1番大きな花壇手前にあります。

福岡市植物園

 

 秋といえば紅葉♪

この時期の楽しみといえば、「紅葉」もありますね。

植物園でも、綺麗なモミジを見ることができますよ。

11月入ってから紅葉が始まり、11月末あたりに見頃となります。

【冬:12~2月】「ウメ」と「菜の花」に注目♪

この時期に見頃の植物はこちらです。
  • ニホンズイセン・・12月下旬~2月上旬
  • ウメ・・1月下旬~2月中旬
  • 「ハナナ(菜の花・・1月下旬~2月

寒い季節も見どころはありますよ。

12月からは「ニホンズイセン」!

12月から咲き始める「スイセン」の花も素敵です。

福岡市植物園

こちらは、「ニホンズイセン」。

12月下旬から2月上旬が見頃です。

ニホンズイセン」と「モミジ」は紅葉樹園で見ることができますよ。

福岡市植物園

冬の注目は「ウメ」!動物園でも

1月下旬から2月中旬にかけて見頃を迎えるのは「梅の花」です。

梅

ウメを見ると季節を感じますよね。

植物園では「花木園B」で見ることができます。

福岡市植物園

実は、お隣の動物園側にも「ウメ」はたくさん咲いていて綺麗ですよー。

福岡市動物園 福岡市動物園

これは、道路側からも綺麗に見ることができます。

植物園の展望台から眺めるのも良いかもしれませんね。

菜の花畑は写真スポット!

2月の「雪まつり」に出かけたら、早咲きの菜の花「ハナナ」が見頃を迎えていて綺麗でした!

福岡市動植物園

お花畑の中に入って写真撮れるスポットになっています。

1月下旬から2月が見頃なっていて、入口広場の花壇になります。

入ってすぐに見えて気分が上がりますよ♪

関連記事)岡市動植物園の「雪まつり」!冬の体験リポートを動画でご紹介♪

【春夏秋冬】一年中楽しめる「大花壇」!

植物園の温室前に位置する「大花壇」は、面積およせ500㎡。

年に4回植え替えており、季節に応じた草花が1年中楽しめます(^o^)丿

こちらが2015年の夏。

福岡市植物園 福岡市植物園

これは、10月と12月の様子です。

季節ごとにも違う景色となりますし、毎年変わったりするのでぜひ見に行ってくださいね。

 

場所は以下の温室前花壇です。

寒い季節でも、ここはいつでも見どころですし、あったかい温室も楽しめるので奥までぜひ進んでください。

写真撮るならここは外せませんね!

Sponsored Link

「温室」は1年中見どころいっぱい♪

福岡市植物園の入口から入って1番奥が「温室」となります。

温室は、珍しい樹木や花が集まっっており、広さはおよそ2,800㎡。

8つの部屋と2つの庭に分かれており、10のゾーンがあります。

中はこんな感じ!

ブーゲンヴィレアを中心に、様々な花木やつる性植物がある「花の廻廊」。

熱帯雨林の食物を展示しているジャングルのような「大温室」もワクワクしますよ。

 

様々な「サボテン・多肉植物室」もあります。

大きなサボテンは注目です。

「水生・水辺植物室」では、夏になると世界一大きな葉オオオニバス」の試乗会が開かれます!

20キロ以下限定ですけど(笑)

子供に経験させてみたいです。

植物園の温室は口コミでも評判が良いです。

その他、ランのお部屋があったり、お水に浮かぶ綺麗な花、頭上にもたくさん花が!

そんな花や植物に囲まれる空間になります

とっても珍しい植物が展示されたり、開花することもあります。

これは幻の臭い花「ゾウコンニャク」ですって(笑)

温室の場所は以下の通り。

福岡市植物園

園内の植物を眺めながら奥まで進み、大花壇で写真を撮ったら温室です。

HPで温室の見どころもチェックしてお出かけくださいね。

Sponsored Link

「夜の植物園」はイベントいっぱい!

毎年、夏にある「夜の動物園」は有名ですが、「夜の植物園」はご存知でしょうか?

私は、夜の動物園に行ってたのに、植物園には行かずに帰っていた過去を悔やんでいます・・

だって、楽しそうなイベントの数々!
夜の動物園のイベント内容(2016年度)
  • 提灯持って夜花めぐり♪
  • 光と音のジャングル体験!
  • 夜に咲く花の展示
  • ナイトガーデントレインが運行♪
  • 展望台BBQ
  • 夜の木登り体験

 

色が変わる提灯を持って暗い植物園探検なんて、それだけでワクワクしませんか?

温室では、光や・音ミストなどで熱帯ジャングルの臨場感を体験できるんですって(^o^)丿

夜にしか咲かない花や、バーベキューや展望台では夜景も楽しめるし、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

【日程と時間】

日程と時間は以下の通り(※2016年と同じ場合なので要確認)
  • 8月の毎週土曜日と9月の第1・2週目の土曜日
  • 9時~21時(入園は~20:30)

「夜の植物園」について詳しくはこちら4 「夜の植物園」も一緒に楽しもう!

あわせて「夜の動物園」もチェックしてくださいね。

「夜の動物園」は福岡市動植物園の夏の目玉!料金や口コミは?

https://twitter.com/kawanegi/status/756736267161698304

どちらのイベントも、1つの入場料のみで追加料金なく行き来できますし楽しめますよ。

移動には園内をつなぐスロープカーをご利用ください。

植物園でランチ♪レストラン情報も!

植物園に行く際は、お昼ごはんの準備は必要でしょうか?
暖かい季節は、お弁当持参で植物園でゆっくり食べるのも気持ちいいですが、手ぶらでも大丈夫。

園内には、レストラン売店があります。

レストラン「展望台カフェ」

展望台1階の「展望台カフェ」では、ランチメニューや、テイクアウトメニューもあり、天気の良い日は外で食べることもできますよ。

福岡市植物園 福岡市植物園

ランチメニューは・・

  • パスタ
  • カレー
  • オムライス
  • ピザ

共に900円で、平日はこれに

  • サラダバー
  • スープバー
  • ドリンクバー

付きなのでゆっくりできそうですね!

IMG_1360

ケーキやマフィンなどのデザートだけ頼んでお茶したり、展望台でジェラート食べたり・・素敵な時間が過ごせそうですね。

普通にオシャレなカフェなので、散歩がてら行ってここでママ友とランチとかもいいなぁ。

売店

植物園入ってすぐ右手には売店もあります。

福岡市植物園 福岡市植物園

  • お弁当は540円で
  • 天然酵母のパンは150円

で売っています。

その他、お菓子屋ちょっとしたおもちゃ、植物の苗や多肉植物なんかも!

福岡市植物園 

また、動物園にもレストランは2つありますし、テイクアウトメニューも豊富なので、ランチに困ることはなさそうですね。

動物園のランチ情報はこちら福岡市動物園のランチ&料金もご紹介♪子連れ必見体験リポート!

植物園の基本情報は?

動植物園の営業時間や所在地などの基本情報は以下の通りです。

【営業時間】

  • 9:00~17:00(入園は16:30まで)

【休園日】

  • 月曜日
  • (祝日の場合は翌日、3月の最終月曜は開園)
  • 年末年始(12/29~1/1)

【入園料】

入園料(動物園含む)
大人 600円
高校生 300円
中学生以下 無料

料金について詳しくはこちらで割引もチェックしてからお越しくださいね!

福岡市動物園の料金と割引情報まとめ!お得に行くには?

料金については動物園と同じで園内繋がってすので、参考にしてください。

【所在地】

〒810-0033

福岡県福岡市中央区小笹5丁目1−1番1号

福岡市中央区小笹5丁目1−1番1号

【お問い合わせ】

福岡市動植物園総合案内所 092-531-1968

チェックしてお越しくださいね!

駐車場は?アクセス方法もご案内

福岡市植物園には専用の駐車場があります。

植物園の正門横の「植物園前駐車場」です。

駐車場情報

福岡市植物園

「動物園前駐車場」と「西展望台」駐車場が他にありますが、1番広い駐車場なのでここを目指すのが停めるコツです。

130台駐車可能です。

福岡市植物園 福岡市植物園

  • 動物園に行く人は、動物園前駐車場に停められないとこちらに移動してきます。
  • 普段は開園前に満車になることはほぼなく、9時台ならだいたい停められる
  • GWなどイベント時は開園前に満車なことも

動物園前駐車場を通り越し、突き当りの信号を左折して進むと、左に植物園の案内があり入る道があります。

そこを道沿いに行くと「植物園駐車場」です。

他の駐車場との位置関係や、混み具合など詳しくはこちら1 駐車場混雑具合は?

アクセス方法

車の他にどんな行き方がありますか?

考えられるアクセスとしては・・

  • 電車+バス
  • 地下鉄+徒歩
  • 地下鉄+バス
  • バス

があります。

博多駅からも、バス1本で190円で行けますし、中心部に近い場所なので交通の便は悪くはありません。

詳しくはこちらの記事にまとめていますよ福岡市動物園の駐車台数と混雑具合は?工事計画とアクセス方法も!

その他にも、お隣の動物園も一緒に楽しめるのでこちらも参考に覗いてみてくださいね。

最後に

季節ごとに楽しめるオススメのお花は・・

【春】サクラ、バラ

【夏】アジサイ、ヒマワリ

【秋】コスモス、バラ、紅葉

【冬】ウメ、菜の花、ニホンズイセン

その他、大花壇温室は年中楽しめます。

夜の植物園・・イベント盛りだくさんなので、夜の動物園と一緒に楽しんで♪

ランチ・・手ぶらでもレストランや売店、動物園でも食べられる

植物園の基本情報アクセス方法など、詳しくチェックしてくださいね。

 

今回は、福岡市植物園をご紹介してきましたが、いかがでしたか?
とっても綺麗な写真見ていたら、行きたい気持ちが大きくなりました。

 

福岡市植物園は、動物園と隣接していて、

  • 植物園から動物園へ
  • 動物園から植物園へ

どちらから入っても、1つの入園料のみで両方を楽しむことができます。

せっかくなので、両方をゆっくりと見て回り素敵な1日にしてくださいね♪

byRIKO

Sponsored Link


関連記事はこちら