小学生になると、夏休みの宿題の中に「絵」というのもあると思います。絵が得意な子は「絵を宿題にしちゃっていいの?」と喜んで描きますが、中には絵の苦手な子もいて「何で絵まで宿題になってるの?」と悩んじゃう子も多いですよね。

しかも、「どこにも出かけてないのに絵なんて描けない」「何にも思い浮かばない」という悩みもつきもの。うちにも小学生の子供がおります。特に小学1年生の時は親が一緒に題材を考えてやらないと、ず~っと題材選びで悩んだままでした。

うちの子は絵画教室に行ってたので、先生に色々なアドバイスを頂けたんですが、「親も絵心がなく困ってるんだけど」という方に向け、今回は夏休みの絵の宿題・・・

  • そもそもどうしてこんな宿題が出るの?
  • 何を描けばいいの?おすすめは?
  • 絵のポイント

ということをお話したいと思います。

Sponsored Link

夏休みの絵の宿題って?

どうして夏休みの宿題の1つに絵があるのでしょう?
絵には色々な効果があります。

絵を描くことによる効果

  • 脳が活性化する
  • 右脳を刺激し想像力アップ
  • ストレス解消

 

まず、手を使って絵を描くということは、指先の刺激により脳も活性化しますし、もちろん想像力もアップします。絵を描きだすとどんどん、「こうしたい」「ああしたらいいんじゃないか」と閃きも出ちゃいますよね。また、色を使って絵を描くということは、目からも刺激として入り更に脳に良い刺激が。

そして、色んな想像力を膨らませながら描く絵はストレス解消にもなるんです。これって勉強にも生きてきますよね。勉強の途中に絵を描いたりすると、その後の勉強がはかどるということもあるんです。だからこういう絵の宿題は子供にとって良い効果があり、宿題として出るんですよね。

e

そして、夏休みには絵のコンクールも数多くあります。代表的なものをご紹介しますね。

夏休み絵画コンクール

  • MOA美術展児童がコンクール
  • 「ふるさとお盆の思い出」絵画コンクール
  • 水源の森ポスター原画コンクール
  • ペットスケッチコンクール
  • ビルメンこども絵画コンクール
  • 福祉絵画コンクール
  • WE LOVE トンボ絵画コンクール
  • 「私達の水」絵画コンクール・・・などなど・・・

 

他にも色々あり、また地方によっても色々な絵画コンクールがあります。

どうせかくならコンクールに出してみたいし、賞をとれたら・・・と期待も高まりますよね。応募者全員に参加賞があるものもあります。

旅行やお出かけしてなくたって大丈夫!おすすめの題材ははコレ!

でも子供は「お出かけもしてないのに描くことがない!」と言うんですよね。
それは、家族でお出かけしたい言い訳なのでは?想像力はお出かけしなくたって生みだせますよ♪

MOA美術展のものは、何を描いても自由ですし、ふるさとのお盆の思い出でしたら、自分の住む町のことを描けばいいですし。けっこう身近なものが題材にしやすいんです。

例えばお祭りや虫捕り。地元のお祭りってけっこうどこでもあったりしますよね。そして、お出かけしてないのに非日常な風景も広がると思います。子供にとっては超日常な虫捕りだって、その虫捕りにポイントを合わせてみると、色々な見方が出来てきて、絵の題材にもぴったりなんです。

もちろん、それ以外にも身近な物にポイントを当てて描いてみても大丈夫。美味しかったご飯や、自分がどうしようもなく怒ったことや、嬉しかったこともいいですよね。

うちの子が1年生の時は、こんな題材を選びました。

summer

お祭りで見た神輿です。これに刺激を受けたうちの子は、その時もうすでに他の絵を描いていたにも関わらず「これを絵にしてみたい」と・・・。

この絵がどうなるのかは、次でご説明しますね。

関連記事)夏休みの絵日記の書き方のポイント!これでもう悩まない♪

絵を見栄え良くするポイント!

絵を描きだしても、ただ単にベタっと塗って終わりなんですが、何か見栄え良くするポイントってあるんですか?
いくつかポイントをご説明しますね。

下書き

まず、先程のお祭りの絵。下書きが重要になってきます。

e

神輿の角度や形が気に食わず、本人は何度も書き直していましたが、その神輿の形が重要なのはあるものの、他にも重要なポイントが。それは・・・

  • 登場人物の表情
  • 登場人物の動き
  • 登場人物の役割

低学年の場合、背景よりも、登場人物が何をしているのか?何を思っているのか?その1人1人に役割を与え、絵に表現することが大切です。手前は、自分達の見てる様子ですが、この時どう思ってた?何を感じていた?それを表現することも大事ですし、神輿を運ぶ人達以外にも、それを支える周りの人達の役割も重要です。

色塗り

次に色塗り。ここにもいくつかポイントがあります。

e

夜の絵の場合、ただ単に周りを黒く塗ってしまって終わりにしていませんか?夜の闇の中にも色があるんです。アスファルトの闇、夜の空の闇。実際見ると色の違いってありますよね?この絵の場合、地面はアスファルトで水を撒くので濡れていました。

e

  • 一色で塗りつぶさず、色に深みを出す
  • 色で躍動感を出す

そこを表現することで、一気に絵に活気が出てくるんです。闇って真っ黒じゃないんですよね。青みがかった黒や、緑みがかった黒、色んな黒があっていいんです。そして、水の勢いをプラスすることで躍動感も出てくるんです。

何も、この絵だけがそのポイントの対象ではありません。

e

これは、川にたトンボを描いたところなんですが、空の色なのか?川の色なのか?羽の色なのか?一体化しちゃってよく分かりませんよね。そこに上記のポイントを加えるだけで、絵が違ってきます。

e

一気に絵が生き生きしてくると思います。ちなみにトンボの目は細かく描けないと悩んだうちの子・・・綿棒の先に絵の具を付けスタンプすることで、細かさを表現していましたよ。

ありがとうございました。ポイントを加える前と加えた後の違いに特に驚きました。参考になりました。

関連記事)夏休みの宿題代行サービス!?親としては反対

最後に

  • 絵は脳の活性化、想像力や閃きが生まれ、ストレス解消にもなる
  • 夏休みの絵の宿題は、コンクールに応募出来る
  • 題材は身近なところに多くある
  • 登場人物の表情・動き・役割に注意することで絵が生きてくる
  • 色に深みを出し、色で躍動感を表現することで絵が生きてくる

 

実はこの絵、賞は逃しましたが、先生達やクラスの皆に好評で、「皆にすごいって言われた」と、子供本人喜んでいました。全国から応募がある絵のコンクールに入賞するのは本当に難しいものですが、そういった周りの評価だけでもうれしいですよね。

下手だっていいんです。絵は見る人によって感想も異なります。そういった感想を聞けるだけでも、夏休みの絵の宿題は楽しみが生まれますからね。

byちゃあ

Sponsored Link


関連記事はこちら