男の子が大好きな恐竜。

うちの子も、とにかく恐竜を見るや

「あれ買って!」

「あれ欲しい!」

と、せがんできたものです。

 

でも・・・、そんな恐竜を、ダンボールで簡単に作ることができるんです!

 

え?

恐竜って、結構複雑なんじゃないの?

そんなことありません。

パーツさえ親が切ってあげたら、子供でも作ることが可能。

 

自分で色付けすれば、オリジナルの立体恐竜が完成。

学校イベントや子供会などでも、子供たちが喜ぶこと間違いなし!

写真付きで作り方を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。


ダンボール恐竜を作るのに必要な材料は?

以下の材料を用意しましょう。
  • ダンボール
  • カッター(ハサミの併用も可能)
  • ボンド

恐竜

ダンボールは裏に文字やイラストが入っていてもOK。

それも味になります。

[adsense]

ダンボール恐竜の作り方!

では、作り方を紹介していきましょう。

STEP(1)ダンボールを6種類のパーツに切る

恐竜

6つのパーツが必要です。

このまま画像をキャプチャ+コピーしていただき、これを型紙としてパーツを作成いただいても可能ですよ。

ただ、そこまで細かく正確である必要はないので、ご安心ください。

①の胴体と、⑤⑥の手足さえ形が整っていたら、見栄えはよくなります。

STEP(2)①の上に②

恐竜

まず、1番目につく胴体となる①の上に、続いて大きなパーツ②を乗せましょう。

STEP(3)②の上に③を乗せる

恐竜

次は、先ほどのSTEP(2)の上に③を乗せます。

STEP(4)③の上に④を乗せる

恐竜

STEP(3)の上に、④を乗せましょう。

STEP(5)手足を乗せる

恐竜

STEP(4)の上に手足となる⑤⑥を乗せます。

STEP(6)すべてを接着

恐竜

STEP(1)〜(5)のすべてをボンドで接着したら完成です。

体に色を塗ってもいいですね。

 

子供にやり方を説明するときには、こんな説明書を見せると、なおわかりやすいかもしれません。

プリントしてお使いください。

恐竜

 

ティラノサウルスの他に、プテラノドンやステゴサウルスなど、形を変えて同様に作ってもいいでしょう。

 

最後に

いかがでしたか?

パーツさえ切ってしまえば、あとは超簡単。

ただ、切る作業は危ないので、大人がしてあげましょうね。

幼稚園児の息子でもできましたよ。

ぜひ挑戦してみてください。

関連記事はこちら