子供はある日突然、高熱を出しますよね。

しかも冬だけに限らず、一年中・・・

そしていったん熱が下がったら、いきなりパワー全開になってしまうことも、子供の熱あるあるの一つだと思います!

 

親心としては

「熱は下がったのだから、すぐにいつもの日常に戻してあげたい」

とも思うのですが、熱が下がってすぐだとまだ体力も完全に回復していない可能性もありますし、お友達のママさんからどう見られるか不安だったりもしますよね。

 

実際お友達で、熱が下がったからといって幼稚園に登園したらまた熱が出て、今度は咳もとまらなくなり、最終的には肺炎になっていたと診断されていた子がいました。

このような実例を目の当たりにして、

熱が下がっていつからだったら外出OKなのかしら?

他のママさんたちは一体どうしているのかしら?

と、私はとても気になりました。

みなさんも知りたくないですか?

 

そこで今回は、子供の病み上がり(熱が下がった後)について

  • 外出はいつから?
  • マナー的問題
  • 過ごし方

この3点について、私が徹底的に調べてみた情報と小児科の先生の見解、ママ友さんたちの体験談も交えて紹介したいと思います。

ぜひ読んでみてください!


子供の熱が下がった後(病み上がり)いつから外出できる?

子供の熱が下がって元気いっぱいの様子で「外で遊びたい!」と言い始めたんです。

だけど、熱が下がったからといって、すぐに外出させてもいいのかな?

小さいお子さんをお持ちのママなら、誰もが一度は悩むことだと思います。

病み上がり

インフルエンザ・咽頭結膜炎・百日咳など、特定の疾患は出席停止期間が定められているので、保育園や幼稚園などだけでなく外出はもちろんNGです!

これは感染を広げない、悪化させない、どちらの意味もありますからね。

 

ですが、子供は原因不明の熱や、ただの風邪なんかもよくあります。

そのような場合、熱が下がった後(病み上がり)に外出したらいけないという決まりはありません。

 

でも・・・というところですよね?

そこで、みんなはどうしているのか、いくつか声を紹介します。

 

みんなはどうしてる?


こちらの方は、病み上がり時期はムリさせず、という考えのようですね。

たしかに、体力も落ちてますもんね。

たとえ予定がダメになっても・・・。

勇気のいる決断ですが、子供のため、何を第一に考えるかということもあるでしょう。

 


よくなったと思っても、ぶり返すこと、子供の場合多いんですよね。

多くの場合、数日間は外出を控えているようですが、熱が下がってすぐ外出させるという方もちらほら・・・。

仕事をされているママさんはずっと仕事を休むわけにはいかないですし、熱が下がったら保育園へ・・・という方が多いようです。

 

 

次は、実際に小児科の先生に聞いてみたので紹介したいと思います。

小児科の先生に聞いてみました!

実は小児科で聞いてみたことがあるのです。

小児科医の回答を紹介します。

 

「熱はとても体力を奪います。

そもそも、子供は元々持っている体力・免疫力は大人に比べてとても少ないので、熱が下がってすぐの時は、確実に体力不足で免疫が低下している状態だと思ってください。

そのため新たな風邪などをもらいやすくなっているため、外出は体力がしっかり回復するまでの2日ほどは控えた方がよいでしょう」

 

とのことでした。

 

やはり、熱が下がったといってもムリは禁物

子供の場合は昼間下がって、また夜に熱を出すということもあるので、様子を見た方がよさそうですね。

 

そのため、前日の熱が下がって、その夜また熱を出さなければ保育園や幼稚園に行かせるという方、多いです。

また夏場のプールや水遊びは、とくに体力を消耗しぶり返しやすいので、熱が下がるだけでなく、体力が回復したら・・・という方が安心でしょう。

ちょっと買い物に行きたいという場合は?

子供が体調悪いと買い物にもなかなかいけなくて、冷蔵庫のものが底をついてしまいました。

買い物くらいなら大丈夫?

人への感染に注意して、短時間で済ませるようにするといいでしょう。

小さいお子さんの場合はママが買い物に行く時に一人だけ置いて留守番させておくわけにもいきませんよね。

その際、多くのママさんは

  • 感染症予防のマスク手洗いうがいをしっかりする
  • 買うものを事前に決めておいて、短時間で買い物を済ませる

という心構えでお買い物を決行するそうです。

病み上がり

短時間の外出でも子供にとっては気分転換にもなるでしょうし、対策だけしっかりとしてください。

近所のスーパーにお買い物ぐらいは出てもいい・・・というか、「出るしかない」と多くのママさんは考えているようです。

 

 

解熱後(病み上がり)すぐの外出はマナー違反?

熱が下がってすぐに外出したり遊びに行ったりするのって、やはりマナー違反ですか?
マナー違反かな・・・と思うときは、まずは相手の立場になって考えてみてください。

病み上がり

元気な子供を持つ親側になると「熱が下がったからといって、すぐに外出させるなんて!」と思いませんか?

うちの子にうつったら・・・、そう思うのが親の気持ちでしょう。

 

自分さえよければいい・・・、そういう考えは友達をも失いかねません。


とくに

「熱がすぐに下がったから病院には行ってないのよ。」

なんて言われたら

「そもそも、その熱が出た原因は何なの?もしかしてうちの子にうつる病気じゃないでしょうね?」

なんて直接、口に出しては言えませんが、ちょっと疎遠になりたい衝動にかられるのが我が子を大切に思う母の気持ちというものではないでしょうか。

 

なので、今後のママ友さんとのお付き合いを考えるならば、原因がはっきりとしていない熱の場合はとくに!

「熱が下がったから」といっても、他のお子さんと接触のある場、児童館や公園などへの積極的な外出は控えた方がよいでしょう。

元気だけど外出を控える場合の過ごし方

熱が下がった後、元気なのに家の中で遊ばないといけない場合ってどういう風に過ごします?
元気なのに思いっきり遊べないのは辛いですが、以下のような過ごし方があります。

病み上がり

  • DVDを見せる
  • 手遊び歌をする
  • 工作をする

こういう風に過ごす方が多いようです。


熱が下がった後、子供に遊びたいモードにスイッチが入ってしまった!

でも、外出を控えることに決めた場合、家の中で遊ばせるしかありませんよね。

しかし子供の自由にさせていると元気な男の子などは大暴れして、集合住宅の場合はご近所に迷惑をかけてしまったり、また体を動かすことで汗をかいてしまい、その汗が冷えてしまってまた熱がぶり返してしまったりしまうことも。

 

家での過ごし方として、

  • 激しく動かない・走り回らない
  • 汗をかくようなことをしない
  • ムリをさせない

ということが鉄則です。

 

そこで、実際に私やお友達のご家庭でやったと聞いたことのある、子供がおとなしく、かつ集中して楽しく遊べる室内遊びの案をいくつか紹介しますね。

折り紙

origami

手元に折り紙がなくても、折り込みチラシや不要な雑誌も正方形に切ってしまえば折り紙として使えます。

折り紙は簡単なものから難しい物まで難易度が選べるので、どの年代の子にもオススメです。

 

 

ぜひ、こちらの記事を真似て作ってみてくださいね。

他にも当サイトには色々な折り紙記事がありますので、ご覧ください。

 

折り紙がなくても作ればいいんですね!

手作りかるた

かるたといっても、「あ」から「ん」まで、50音全部そろえる必要はないです。

作れる範囲内で数枚、取り札に絵を描いて、読み札も作って、親子でプチかるた大会をするのも楽しいですよ。

子供の発想は面白いので、大笑いできるカルタ大会になるかもしれませんね。

英会話をお勉強されている場合は、英単語カードを作っても同様に楽しめます。

作る時間と遊ぶ時間、たっぷり時間がつぶせますね。やってみたいです!

マジシャンになってみる?

「夜帰宅するパパに見せるために、簡単なマジックを教えたのよ!」というママさんもお友達にいらっしゃいました。

コインを使ったマジック・親指が取れてしまったり、という風な子供でもできる簡単マジックは、「簡単 手品」とネットで検索するとやり方がたくさん出てきますので、ぜひ一度お試しください。

コインマジック
親指が取れるマジック
マジックって子供は好きですよね。

これもやってみたいと思います。

 

 

最後に

それでは、今回の記事をまとめてみますね!

  • 子供の熱が下がってすぐは体力がまだ回復していない
  • 2日ほどは外遊びなどの外出を控えた方がいい
  • お買い物など必要な外出の場合は、感染症対策をしっかりとして短時間で済ませる
  • 熱が下がってすぐに外出するのはマナー違反だと思われる場合が多い
  • 外出できない時の遊びは、ママが一緒に楽しむ遊びをすることと、普段しないような遊びを取り入れることが子供の興味を惹きつけるコツ

 

本当に子供はある日突然熱を出します。

昨日まで全員出席だった幼稚園のクラスが、翌日には学級閉鎖・・・なんてことも現実にありました。

熱が出た時の対処方法はネット上にいろいろと出ていますし、心配でいろいろと調べると思います。

私も息子の熱が出た原因やどうしてあげると熱が下がるかなどにについては、死に物狂いで調べた経験が・・・。

でもその後、あっけなく熱がすぐに下がって、拍子抜けするほど元気いっぱいだった時。

さてさて、どうすればいいのかな?

って思うことがありましたら、「熱が下がったばかりなんだから、おとなしくしてなさい!」と大声を出す前に、ぜひこの記事を思い出して参考になさってくださいね!

関連記事はこちら