こんにちは。大阪市在住の1児のパパです。

これまで、

とコテージ宿泊を楽しんで来ました。

今回出掛けたのは、兵庫県の丹波市にある「森のひととき」です。

丹波と言えば少し遠いイメージがありましたが、大阪市内から車で高速道路を使えば、1時間ちょっとで到着することができます。

その名前の通り、森の中にあります。

そして、ここが他の施設と異なりすごかったのが、宿泊者を巻き込んだイベントです!

「コテージに来たのだから、家族水入らずで楽しみたい」

もちろんそういった楽しみ方もできます。

しかし、お子様連れならば、ぜひここのイベントに参加してみましょう。

とくに、キャンプファイヤーは最高でした。

森のひとときのスタッフの方の、

場を支配し、一体感を作り出し、盛り上げる

その技術はものすごいです。

 

スタッフの方、単にワーワー騒ぐおっちゃんかと思っていたら(失礼!)、ギターは弾けるし、トランペットは吹けるし、トークも洗練されていました。

まさに小学校のときの林間学校のキャンプファイヤーを思い出しました。

大人も楽しめ、小学校時代にタイムスリップしたかのような心地よさでした。

今回動画も撮影してきましたので、その点が良く伝わると思います。

では、森のひとときのコテージに宿泊してきた体験ブログをご覧ください!!


森のひとときのコテージ

高い木が並ぶ中、まさに森の中に作られたコテージで、和室と洋室の2つの部屋があります。

車はコテージの横につけることができます。

コテージの前にはテーブルやバーベキューができる用具も配置されており、バーベキューを楽しみながら部屋に入ったり出たりすることができます。

コテージを外から見た動画はこちら。

アメニティは?

  • お風呂
  • トイレ
  • エアコン
  • ソファ
  • 電子レンジ
  • 冷蔵庫
  • 湯沸かしポット
  • バスタオル・フェイスタオル
  • 歯ブラシ
  • ドライヤー

などアメニティも至れり尽くせりです。

ただし、テレビはありませんでした。
森の中までコテージ宿泊に来て、テレビなんて必要ない!ということでしょうか。
(実際必要ないと思います)

洋室にベッドも2つありましたが、今回は家族3人で出掛けましたので、和室に布団をひいて寝ました。

部屋の窓からはすぐ近くのイベント広場が賑わっている様子がみえます。

森のひとときのコテージの部屋の様子とアメニティの動画のこちら。

森のひとときのコテージでバーベキュー

今回は、バーベキューセットをレンタルしました。

食器類など全て揃っています。

食材も準備してもらい、手ぶらで行けるプレミアムBBQセットを申し込みました。

プレミアムBBQセットはこちら!!

これに2合のお米がつきます。

炊飯器も貸してくれますので、炊飯器でご飯を炊きます。

コテージの前でこんな感じでバーベキュー開始です。

お肉はとても美味しかったです。

非常に快適にBBQを楽しむことができました。

ただ一つ難点を挙げるならば、レンタルの網の目が粗いため、お肉が網から落ちることがあるということです。

とくに牛肉が焼いている途中で落ちていきました・・・。
豚肉も落ちていきました・・・・。

ちなみに飲み物はアルコールを含め持ち込みましたが、管理棟には自販機や売店がありますので、こちらで購入することも可能です。

管理棟の自販機や売店はこんな感じです。

 

森のひとときとは?

兵庫県の丹波市にある大自然に囲まれたキャンプリゾートです。

今回宿泊したコテージ以外にも、

  • トレーラーロッジ
  • キャビン
  • デッキハウス

といった宿泊施設があります。

またオートキャンプ場もありますので、テントを持ちこんでテントで宿泊することも可能です。

森の中にありますが、横には小川があり、その小川は湖へと繋がります。

情緒あふれる森のひとときの小川の動画はこちら。

川ではたくさんの子供達が水遊びしていました。

沢ガニもいましたよ。

湖の横で宿泊することができるレイクロッジもあります。

宿泊したコテージ以外の宿泊施設の写真を撮影してきましたので、紹介しますね。

トレーラーロッジ

キャビン

こちら定員が18名まで宿泊できます。

デッキハウス

オートキャンプ

参加したい森のひとときのイベント

最初にお話ししたようにここのすごいところはとにかくこのイベントです。

あいにくキャンプファイヤーしか参加しなかったのですが、もっと参加すべきだったと思います。

今回は以下のイベントが行われていました。

  • キャンプファイヤー 無料
  • あまごつかみ体験 1,100円(2匹まで)
  • 水鉄砲バトル 300円
  • クラフト作り(石や鹿の角を使ったペンダント作り)500円〜

あまごつかみ体験は、その名の通り渓流に放流したあまごをつかみ取りする体験ができます。

しかも捕まえたあまごをその場で塩焼きにして食べることが出来ます。

最も子供達が盛り上がっていたのが水鉄砲バトルです。

かなりの数の子供達が参加していました。

無料と侮るなかれ!森のひとときのキャンプファイヤーがすごい!

森のひとときでの一番の思い出となったのがここのキャンプファイヤー!

「さかもっちゃん」という森のひとときのスタッフがとにかくエンターテイナーでした。

トランペットを演奏できて、ギターも演奏できて、それでいてトークも面白い。

ほとんどの人は、この方とは初対面のはずなのに、たくさんの子供達、大人達が囲んでいるキャンプファイヤーのその場を支配してしまうカリスマ性がありました。

「あれ、林間学校に来ていたんだっけな?」

とタイムスリップしたかのような感覚に陥りました。

これまでいろんなキャンプ施設、コテージ施設に宿泊してきましたが、こんなキャンプファイヤーは始めてでした。

というか、キャンプファイヤー自体やっているところは少ないのではないでしょうか。

やったとしても無料でここまで演出できて、皆を満足させるキャンプファイヤーはそうそうないのではないでしょうか。

純粋にここのキャンプファイヤーはすごい!!楽しすぎる!!と思いました。

もう1人のスタッフの方もとても面白かったです。

ものすごく良い思い出になったので、編集して動画まで作ってしましました。

森のひとときのキャンプファイヤーの様子が少しわかると思います。

森のひとときに温泉はある?

コテージの場合は部屋にお風呂がついていますが、管理棟にある温泉を利用することも可能です。

温泉は露天風呂もある本格的なお風呂でした。

ただし、数人程度ならば広々と使えますが、時間によってはかなり混雑します。

キャンプファイヤーが終わったあと行ったら大混雑していました。

森のひとときで釣りはできる?

森のひとときには小川があり、その小川は湖へと繋がります。

小川は水遊びをするのに最適な深さで、魚釣りをするほどではありません。

というか魚はここにはいないと思います。

一方で湖には魚はいそうです。

ネットで調べていると魚釣りを楽しんだという口コミも見つかりました。

しかし、湖まで行ってみると、魚釣り禁止の看板が・・・。

ということで、森のひとときでの魚釣りはNGのようです。

森のひとときに犬を連れて行ってもいい?

森のひとときには、犬を連れて行ける専用コテージがあります。

また、ドッグランもあり、ノーリードで遊ばせることもできます。

ドッグランには行っておりませんが、犬連れの人も何人か見かけました。

森のひとときの朝食は?

有料ですが、森のひとときには朝食のビュッフェがあり、今回はこちらを利用しました。

管理棟の2階で食事することができますが、時間が決まっているのであらかじめ予約しておく必要があります。

  • サラダ
  • コロッケ
  • ウインナー
  • ミートボール
  • スクランブルエッグ
  • ご飯・お味噌汁
  • パン
  • シリアル
  • デザート
  • ドリンクバー

などなど

森の中とは思えない種類のビュッフェがあって満足しました。

森のひとときの周辺には何がある?

今回2日目の日曜日はあいにくの天気でしたので、アスレチックなどのアウトドア系はパスしました。

森のひとときから車で近い、ネットの口コミが良かった「道の駅 丹波おばあちゃんの里」と大阪へ帰る途中で森のひとときの管理棟にあった割引券の使える温泉施設「こんだ薬師温泉 ぬくもりの郷」に寄って帰りました。

道の駅 丹波おばあちゃんの里

広い芝生スペースがあり、小雨でしたが子供と野球をしました。

遊具もありました。

お土産コーナーでは丹波の特産物や野菜が売られていました。

野菜の他、緑の瓢箪(ひょうたん)の置物を購入しました。

トイレに置いておくとよいということで早速トイレに置きました。

こんだ薬師温泉 ぬくもりの郷

こちらもネットの口コミがよかった温泉で、とても気持ちが良かったです。

森のひとときの管理棟に100円引きの割引チケットがありましたのでそれを利用しました。

こちらにも新鮮なお野菜や、お土産コーナーがたくさんありました。

食事をするところもありましたので、こちらで昼食を食べました。

1日いても楽しめる温泉施設です。

最後に

兵庫県の丹波市にある「森のひととき」のコテージでの宿泊体験談をまとめました。

今回あまり施設について予習せずに出掛けたので、キャンプファイヤーをやっているなどイベント情報は全く知りませんでした。

かなり人気の施設ですのでなかなか予約が取れないかもしれませんが、ここを訪れられた際には、是非キャンプファイヤーに参加されることをオススメします。

子供だけでなく、大人も非常に良い思い出になります。

最後までご覧頂きありがとうございますm(_ _)m

スポンサーリンク

関連記事はこちら