こんにちは。

大阪市在住の1児の父親です。

兵庫県の北の方にある「湯ノ原温泉オートキャンプ場」のコテージに宿泊体験してきました。

標高275mの高さに位置し、大自然に囲まれたキャンプ場で、水遊びもすることができました。

管理棟にはなんと温泉施設もあるので、疲れも吹き飛びます。

あんな山奥で温泉に入れるとはびっくりしました。

今回は、湯ノ原温泉オートキャンプ場でコテージに宿泊してきた体験記・口コミです。


湯ノ原温泉オートキャンプ場とは?

兵庫県の最北端の豊岡市にあるキャンプ場です。

大阪市からですと車で150km程度距離があり、2時間ちょっとかかります。

思ったより遠かったです。
兵庫県の一番北の市やからね。

ここには、宿泊施設として

  • 区画サイト・大型対応サイト・林間サイト・フリーサイトと4種類のキャンプサイト
  • 5人用・10人用コテージ

があります。

歩いてすぐの管理棟には温泉施設もあり、公園やちょっとした水遊びができる小川もあり、自然を満喫するには最高の施設でした。

湯ノ原温泉オートキャンプ場のコテージ宿泊は?

今回は5人用のコテージに宿泊しました。

コテージは2階建てで、2段ベッドが1階にあり、2階にも布団が用意されていました。

5人用ではありますが、10人でも宿泊できそうな広さでした。

  • テレビ
  • 台所
  • テーブル
  • トイレ
  • シャワー
  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • 炊飯器
  • 電気ポット
  • 食器類(お皿、コップなど)
  • 調理具(まな板、鍋、フライパンなど)

などアメニティも至れり尽くせりです。

ただし手ぶらでいくと痛い目に遭います。

ですので、逆に持って行かなくてはいけないものを列挙します。

 

  • 食材
  • 箸・スプーン
  • 歯ブラシ
  • タオル類
  • ドライヤー
  • ボディーソープ、シャンプー、リンス

です。

ただし、温泉施設を利用する場合は、タオルを購入したり、レンタルもできます。
また、ドライヤーや、ボディーソープなどは温泉施設にはあります。

コテージの横に車を着けることができ、コテージから出入りできるベランダでバーベキューをすることができます。

バーベキューのコンロはレンタルすることができます。

また炭、着火剤は現地で購入することができます。

バーベキュー最高でした!

大阪の自宅マンションでは、車の音が聞こえてきますが、ここでは鳥のさえずりで目が覚めました。

大自然の中で眠るのはよいですね。

ウグイスのさえずりもよく聞こえました。

コテージ宿泊のゴミはどうする?

ゴミは持ち帰ってくださいという施設もありますが、こちらの施設ではそんなことはありません。

最初に燃えるゴミ、燃えないゴミ(瓶・缶など)用の2種類のゴミ袋がもらえます。

コテージのすぐ近くにゴミ捨て場がありますので、チェックアウトまでにここに捨てます。

湯ノ原温泉オートキャンプ場の近くにスーパーはある?

山の奥にあるので、近くにスーパーはありません!!!

これ結構重要です。
生ものなどの食材はできるだけ近くで購入したいところですが、一旦湯ノ原オートキャンプ場にチェックインしてから買いに行こうなどとしたら大変です。

湯ノ原オートキャンプ場に向かう道にコンビニのミニストップがありますが、これが最後です。

ただし、コンビニですので、バーベキューの食材になりそうなものは少ないです。

もちろん肉などは売っていません。

ここのコンビニの店員に、この先スーパーはあるのかを聞きましたが、

コンビニの店員
この先は何もないよ。スーパー行くなら戻らないと!トンネルを出たところにスーパーがあるよ。

と教えて貰いました。

スーパーの名前は、フレッシュバザール日高パーク店です。

  • 営業時間 8:00~24:00
  • 住所 兵庫県豊岡市日高町祢布988
  • 電話番号 0796-42-4522

です。

電話番号などでカーナビに入れて行ってみてください。

隣接して、薬局や酒屋などもあります。
(ただしこのスーパーにもお酒は売っています。)

湯ノ原温泉オートキャンプ場では温泉には入れる!

コテージの管理棟である「湯ノ原館」に温泉があります。

キャンプサイトからも歩いて近くです。

露天風呂までありますので、ここでゆっくり疲れを取ることができます。

露天風呂最高やったわ!

なお料金は、

  • 大人(中学生以上) 500円
  • 小人(3歳~小学生) 300円

となっています。

お風呂は24時間入れるわけではなく、結構早めに閉まります。

7/20から8/31までは、20時半まで営業していますが、それ以外の土日は20時には閉まってしまいます。

バーベキューしたあと、のんびり入ろうとしていると閉まっているかもしれません。

なお、キャンプ場内では、放送ががかかりますので、お風呂の案内(閉館時間なども含め)なども放送されていました。

湯ノ原温泉オートキャンプ場の口コミは?遊ぶところは?

管理棟(温泉がある側)とキャンプサイトの間には遊具や広場のある公園があります。

また、その横には小川があり、ここで水遊びをすることができます。

管理棟には嬉しいことに温泉施設がありますので、ここで汗を流すことができます。

今回はこの川の近くの土手にカエルの卵があり、オタマジャクシがたくさんいました。

これがカエルの卵。

オタマジャクシ。

子供達が集まり、みんなで捕獲しました。

オタマジャクシの他に、ヤゴもいました。

はじめて、オタマジャクシやヤゴを見ました。

このようにちょっとした遊ぶ施設があり、小川もあり、歩いてすぐ温泉もあり、充実しています。

オタマジャクシとヤゴは持ち帰って飼うことに→【写真・動画あり】おたまじゃくしの飼育方法を徹底解説!

湯ノ原オートキャンプ場のネットでの口コミは?

Twitterやインスタで口コミを探してみました。

満点の星空!!!

山の上ですから、星空も綺麗でした。

コテージ宿泊ですが大人数でものすごく楽しいのが伝わってきますね。

毎年湯ノ原!!!

温泉があるのはいいですね。

虫は多少はいますが。

湯ノ原温泉オートキャンプ場の周辺にはなにがある?

周辺には、

  • ニジマスの釣り体験
  • たくさんの滝の観光
  • 植村直己冒険館
  • さまざまなスポーツ体験ができる神鍋高原
  • 城崎マリンワールド(水族館)

など観光スポットがあります。

キャンプ場のスタッフに、オススメを聞いたところ、子連れなら城崎マリンワールドはどうか?と教えて貰いました。

しかし、城崎マリンワールドは、大阪へ変える方向と逆でしたので、大阪へ帰る途中でどこかに出掛けることにしました。

いろいろネットで探して帰りに寄ったのは、竹田城跡です。

この日は6月なのに日中の気温は30℃を超えており、非常に暑かったですが、竹田城跡の絶景で暑さも吹き飛びました。

最後に

湯ノ原温泉オートキャンプ場でコテージ宿泊した体験記をまとめました。

コテージのアメニティ、設備は至れり尽くせりで、非常に快適に過ごすことができました。

またここには、たくさんの種類のキャンプサイトがあり、キャンプでもぜひ来たいところです。

広場や遊具、小川がありますので、ちょっと遊ぶことも可能です。

そして何より温泉施設が徒歩ですぐ行けるところにあるのは嬉しいですね。

バーベキューもコンロなど貸してくれるので、食材以外は、手ぶらで行くことができます。

ただし、スーパーは近くにはないので、あらかじめ食材を買っていく必要があります。

これから行かれる方の参考になれば幸いですm(_ _)m

関連記事はこちら