Night of the Zoo Eye-catching image

 

福岡市動物園の人気イベントといえば夜の動物園

今や夏の恒例となり、毎年賑わっていますよね。
ぜひ私も行ってみたいのですが「夜の動物園」ってどんな感じなのでしょう?
この期間限定で見られる夜行性動物の生態はもちろんですが、隣接の「夜の植物園」も一緒に楽しめるので、今回あわせてご紹介します。
では、「夜の動物園」と「夜の植物園」両方の見どころをぜひ教えてください!

 

ということで、今回は福岡市の「夜の動植物園特集!」です。

  • 夜の動物園」のイベントや見どころ
  • 一緒に楽しめる「夜の植物園」イベント内容
  • 沢山の写真付き口コミ

などを取り上げています。

私を含めた「体験者の口コミ」や「写真」も盛りだくさんでお伝えしますので参考にしてくださいね!

2017年の「夜の動植物園」情報や体験リポートも今後アップ予定です。

Sponsored Link

福岡市の「夜の動植物園」はどんな感じ?

平成9年にスタートし、今年で21回目となる夜の動植物園

昼間は暑さでぐったりと寝ていた動物も、夜行性で動き回る様子が見られるかも!

闇の中にいる動物やライトアップされる幻想的な雰囲気も、いつもと違ってなんだかワクワクしますよ(*^^*)

夜行性動物の姿は要チェック!

でも、人気動物の周りは人だかりなので、ベビーカーでは前に行けない状態の時も。

坂が多く大変なのでベビーカーはもちろん必要ですが、抱っこ紐も持参する方が良いかもしれません。

夜の動物の様子はもちろん、夜の観覧車からの夜景も楽しめます♪

小さな観覧車ですが、小高い丘の上にあるので景色はなかなかですよ。

夜も、小さな遊園地は営業中!

  • 観覧車
  • メリーゴーランド
  • アストロメリー

など、夜はまたライトアップされていてよりワクワクしますね。

遊戯施設の料金など詳しくはこちら→2 子供向け遊戯施設も♪

関連記事)福岡市動物園のランチ&料金もご紹介♪子連れ必見体験リポート!

「夜の動物園」の料金は?日程や時間も!

まず、「夜の動物園」の料金ですが、入園料は普段と同じで別料金はかかりません

【入園料】

入園料(植物園含む)
大人 600円
高校生 300円
中学生以下 無料

 

例えば、朝から入園していて21時まで1日いたとしても!

「夜の動物園」と「夜の植物園」どちらも楽しんでも追加料金はありません。

料金や割引について詳しくはこちら→福岡市動物園の料金と割引情報まとめ!お得に行くには?

次に、日程やイベント内容などは以下の通り。

以下は2016年度の場合で、変更があれば分かり次第訂正します。

【日程】

 

  • 8月の毎週土曜日
  • 9月の第1・2週目の土曜日

【時間】

  • 9時~21時(入園は~20:30)
  • 夕方一旦閉園することなく、そのまま1日楽しめます
以前は一度閉園して、料金を払い再入園が必要だったので、このような状態でした。

今は門の前に行列を作る必要は無くなりましたが、それでも入園券を買う列はできたり、賑わうことは覚えておいてください。

Sponsored Link

夜の動物園の見どころは?

夜の動物園に行ったら、ぜひ注目して欲しい見どころはこちら!
  • 夜行性動物の夜の姿にドキドキ!
  • ライトアップされた幻想的な姿
  • 「夜のスポッドガイド」
  • 「ふれあい動物園」や神出鬼没のヘビも!?

 

動物園の夜ならではの体験をぜひしてみたいです!

「夜行性&おねむモード」な夜の姿!

夜の動物園の見どころは何といっても、普段は見られない「夜の動物たちの姿」!

闇夜に見る動物はやはり雰囲気も行動も違います。

ライオントラヒョウなどの夜行性動物は昼間よりも歩き回っている可能性は高くなります。

昼間水の中にいることが多いカバも、上がってその全貌を見せてくれるかも!?

中にはネットでも話題になっている荒技を、夜も見せてくれている「カワウソ」の姿も!

逆に、夜おやすみモードの動物たちの姿も普段見られないので貴重ですよね(^o^)

普段見ていた姿との違いに注目してみてくださいね!

ライトアップされた幻想的な姿

動物園のオススメとしては・・

  • ペンギン
  • フラミンゴ

ゾーンのライトアップも幻想的だとか。

フラミンゴは昼間の写真しかありませんが・・

ライトアップしたらここは綺麗だそうですよ。

私は以前見逃したので、次はちゃんと見て写真も撮ってきます。

「夜のスポッドガイド」

夜の動物園では、各担当の飼育員さんがガイドとなってくれるのも見どころの1つ。

夜のスポットガイド」と称して、あちこちで動物について飼育員さんだからこそ知る担当動物のお話をしてくださいます。

2017年のガイドスケジュールはHPでご確認ください。

夜の「ふれあい動物園」や神出鬼没のへび!?

より身近に動物と触れ合える機会もありますよ!

こども動物園では、夜も「ふれあい動物園」を開催。

モルモット

もし運がよければ、神出鬼没の「ヘビ」に出会えるかも!?

去年も人だかりができたのがこちら。

福岡市動植物園

これは昼間の写真ですが、この「ビルニシキヘビ」が夜の動物園に現れて大人気だったとか!

なかなか触れ合えない動物ですからね。

今年も出てくれると嬉しいですが、時間や場所は去年は決まってなかったので出会えたらラッキーですね♪

ちなみに、夜の動物園は・・
  • 雨天の場合も開園します。
  • 動物の体調や天候によっては観覧できない場合があります。
  • 夜間展示のない動物もいます。
  • カメラでのフラッシュ撮影は禁止です。

 

以上のことに気を付けてお楽しみくださいね。

Sponsored Link

「夜の植物園」も一緒に楽しもう!

「夜の動物園」を楽しんだ方は、ぜひとも「夜の植物園」にもお出かけください!

動物園と植物園は園内のスロープカーで追加料金なく自由に行き来が可能です。

福岡市動植物園

  • 動物園から植物園へ
  • 植物園から動物園へ

どちらから移動しても追加料金は発生しません。

入園料を払っていたら、それ以上の支払いなく行き来ができるので・・

ぜひ両方楽しんでください

楽しまないともったいないですね!
では、どんなイベント内容なのか見ていきましょう。
夜の動物園のイベント内容(2016年度)
  • 提灯で夜花めぐり♪
  • 光と音のジャングル体験!
  • 夜に咲く花の展示
  • ナイトガーデントレインが運行♪
  • 展望台BBQ
  • 夜の木登り体験

 

なんだか楽しそう!!
では、詳しくご紹介していきます。

【日程と時間】

※日程と時間は夜の動物園と同じです

  • 8月の毎週土曜日と9月の第1・2週目の土曜日
  • 9時~21時(入園は~20:30)

提灯で夜花めぐり♪

植物園では、より幻想的な世界観が広がります!

色が変わる提灯片手に「夜の植物園」を探検しませんか?

それぞれが持った全ての提灯の光の色が一斉に変わり、一体感のある不思議な光景が広がります。

提灯は無料で貸出となります。

【時間】19:00~21:00

※雨天中止(当日HPでのお知らせ)

様々な色に変化する提灯を持って探検気分で子供も喜ぶでしょうね!
デートにもオススメですよ。

光と音のジャングル体験!

提灯を持ったまま、温室に向かえばそこはまるでジャングル!?

大温室の中では、

  • 光と音の演出
  • スコールや雷などの天候の変化音
  • 動物の声
  • ミストでの演出

などで熱帯ジャングルの臨場感を表現します!

 

この演出の中を真っ暗な中、提灯で照らしながら進むので本当に「ジャングル体験」気分を味わえますよ♪

温室の演出時間は以下の通りです。

【時間】18:00~21:00

【場所】温室(大温室)

提灯持ってぜひ子供と体験してきます!

夜に咲く花の展示

植物園の夜ならではのイベントといえば、「夜に咲く花」を見ること!

こちらは「オオマツヨイグサ」。

別名「月見草」の方が馴染み深いかもしれませんね。

夜咲きの植物で、およそ「30秒」で花が開きます。

【時間】過去の開花は19時台

【会場】植物園の芝生広場

その瞬間が見られたらラッキーですね!

夜に咲く花は温室でも展示しています。

こちらは「サガリバナ」という夜に咲いて朝には落ちてしまう一日花です。

花はぶら下がるように咲き、ふわふわとした部分は雄しべです。

【会場】温室

【花言葉】「幸運が訪れる

一夜限りの幻の花」とも呼ばれています。

とっても縁起が良さそうなので、ぜひ見てみたい植物ですね!

ナイトガーデントレインが運行♪

植物以外のイベントもご注目ください。

去年子供達に大人気だったのがこの「ナイトガーデントレイン」!

これは、子供大喜び間違いなしですね!

ライトアップしたガーデントレインは夜の植物園限定です。

【時間】14:30~20:30

【場所】入口広場受付

【料金】1回300円

2歳以上は有料、幼児は保護者(有料)同伴

※雨天中止(当日HPでのお知らせ)

夜景を見ながら「展望台BBQ」!

2016年初の試みだったのが「展望台BBQ」!

夜景を楽しみながら手ぶらでバーベキューやビールなどが楽しめます。

https://twitter.com/hidamaki/status/769501782779105280

【時間】15:00~21:00

※日曜も12:00~17:00に開催(夜の動植物園はなし)

【場所】展望台カフェ前(40席)

※雨天時は展望台1階で開催

【料金】大人2,500円/12歳以下1,500円

《大人》2,500円

  • 佐賀牛や国産豚バラ、国産鶏モモ、ウインナー、野菜の盛り合わせに1ドリンク付き!

《子供》1,500円

  • 佐賀牛、国産鶏モモ、ウインナー、とうもろこし、ポテト、ご飯、ソフトドリンク1杯、おもちゃ付き!

 

なかなか豪華な内容ですね!

来店前の水曜までに予約すると「枝豆・フライドポテト・たこ焼き・から揚げ・焼きそば」どれか1品プレゼントだそうですよ。

他にもサイドメニューもあるそうですが、詳細は植物園HPでご確認ください。

 

植物動物も楽しめる上、食べ物夜景も楽しめるなんて素敵な1日になるのでは?

その他、「夜の木登り体験」やバラの切り花が入った「花氷」など、様々なイベントが行われた植物園。

今年はまた新たな試みがあるのか、BBQなど継続されるのか注目して楽しみにしたいと思います。

関連記事

 駐車場の混み具合&無料シャトルバス

「夜の動植物園」行くことは決めたけど、車だと混みそうですよね・・
「夜の動植物園」開催時は周辺の道路が激しく渋滞となります。

私もいつも横目に歩いて向かってますが、どこも駐車場は早々に満車

駐車場の混雑具合は?

福岡市動植物園 福岡市植物園

過去の夜の動物園日の駐車場は

  • 動物園前駐車場:10:41
  • 植物園前駐車場:16:56
  • 西展望台駐車場:17:40

に満車になっています。

動物園前は夕方に行ってもまず空いていないと思ってください。

植物園前も17時目指して行くと遅いです。

なので、どうしても車で行くなら、夕方より早い時間に早々に来て先に少し動植物園内を楽しんでおくのも手。

中には16時くらいに来て車で時間をつぶすという人もいました。

駐車料金は1日500円です。

駐車場について詳しくはこちら→福岡市動物園の駐車台数と混雑具合は?工事計画とアクセス方法も!

無料シャトルバスで2割引き!

激混み間違いなしなので、動物園はこの期間・・

  • 無料シャトルバスの「ZOOバス」
  • 地下鉄薬院大通りから徒歩

こちらのご利用をオススメしています。

ちなみに、去年は平和台陸上競技場横、地下鉄大濠公園駅から無料シャトルバスが運行されました。

ZOOバス」利用者は動植物園の入園料が2割引きです!

動物のぬいぐるみだらけの車内では、鳴き声の放送などもあり、乗った時から気分が向上!

今年の発着場所と時間など、詳しくは動植物園のHPでご確認くださいね。

その他、福岡市動植物園の料金や割引冬イベントなどについての詳しい記事はこちら。

関連記事)福岡市動植物園の「雪まつり」!冬の体験リポートを動画でご紹介♪

最後に

「夜の動植物園」は自由に追加料金なく行き来できる

  • 「動物園」
  • 「植物園」

両方楽しまなきゃもったいない!

【日程】

  • 8月の毎週土曜日
  • 9月の第1・2週目の土曜日

【時間】

  • 9時~21時(入園は~20:30)
  • 夕方一旦閉園することなく、そのまま1日楽しめます

【夜の動物園】

  • 夜行性動物の夜の姿にドキドキ!
  • ライトアップされた幻想的な姿
  • 「夜のスポッドガイド」
  • 「ふれあい動物園」や神出鬼没のヘビも!?

【夜の植物園】

  • 提灯で夜花めぐり♪
  • 光と音のジャングル体験!
  • 夜に咲く花の展示
  • ナイトガーデントレインが運行♪
  • 展望台BBQ
  • 夜の木登り体験

 

「夜の動植物園」どちらのイベントもご紹介してきましたが、いかがでしたか?
私は「夜の動物園」しか知らなかったので、「植物園」も意外と楽しそうで2つ絶対回りたいと思いました!

去年は初の試みであった、「ナイトトレイン」や「BBQ」などが今年も継続となるのか、また別の新企画が出るのかはこの夏のお楽しみ♪

また、分かり次第情報をアップし、私も出かけてまたリポートしたいと考えています(*^^)

この夏もぜひ「夜の動物園」と「夜の植物園」に注目してくださいね!

※掲載している内容は2016年のものを参考にしており、最新情報が出たら更新予定です。

Sponsored Link


関連記事はこちら