淡路島でキャンプ体験をしようと検索していると、かなり人気なのがこの「じゃのひれオートキャンプ場」!

実際予約状況を見てみても、ほとんど埋まっていました。ところがたまたまキャンセルが出たみたいでタイミングよく予約することができました。

後で、施設のおばちゃんに「こんなことは滅多にないので本当に運が良かったね」と言われたほど。

そんな運も味方して、じゃのひれオートキャンプ場で、4歳の子連れでコテージ宿泊をしてきましたのでその体験談を写真と動画で解説したいと思います。

スポンサーリンク

じゃのひれのコテージ

janohire_awaji_camp135

ここのコテージは本当に快適でした。人気の理由がよくわかります。

なぜ快適か?

  • コテージの前に車を停められる。
  • 食材を買っていけばコテージの前で手軽にバーベキューできる。
  • 充実したアメニティ。
  • 釣りやドルフィンファームが近い。

順番に見ていきましょう。

コテージの前に車を停められる

これって非常に重要ですよね。遠い駐車場から荷物を運ぶの大変ですから。

janohire_awaji_camp118

車をコテージに横付けできるので荷物の移動が非常にスムーズです。

コテージとこのキャンプ場の様子を収めた動画はこちら。凄くのどかで良いところだということがよくわかります。

管理棟までも近く、道もこんなに広いので快適です。

janohire_awaji_camp128

こちらが管理棟。スタッフの方は受付のおばちゃん始めみなさんすごく親切でした。

janohire_awaji_camp133

管理棟の奥にキャンプ場を使う人向けのシャワーなどの施設もあります。

スポンサーリンク

コテージの前でバーベキューできる

janohire_awaji_camp243

これもアツいですね。自然体験しに行っているのにどれだけ楽ができるんだって話ですが、今晩宿泊するコテージの前でバーベキューってマンション暮らしの私達からしたら夢のような体験です。

コテージを出たら水道がありますので、ここで料理の準備をすることができます。

包丁やまな板、スポンジや洗剤まで付いています。

janohire_awaji_camp261

一緒に火を起こすのは息子は初めての体験です。

janohire_awaji_camp272

近くにイオンやMARUNAKAがありますので、そこで食材を買って持ち込みました。

janohire_awaji_camp273

外から見るとこんな感じ。超快適で楽しめました。

janohire_awaji_camp281

日が暮れて、皆コテージに入っているのに食材が残っているからと食べ続ける私・・・。

janohire_awaji_camp294

どこのコテージもみなさん楽しんでます。

ちなみにバーベキューに必要な炭やマッチ、着火剤、網などはすべてレンタルで借りられます。全部で2,400円です。炭はきちんと炭のゴミ捨て場に捨てなければなりませんが、網などは洗わずに返却します。( 2016年8月時点での値段です。)

janohire_awaji_camp230

充実したアメニティ。

  • ウォシュレット付きの水洗トイレ
  • お風呂・ボディソープ・シャンプー
  • 歯ブラシ
  • ベッド
  • テレビ
  • 冷房
  • ポット
  • 包丁・まな板
  • スポンジ・洗剤

まさに至れり尽くせりとはこのこと!

(ただしコテージによっては浴室がないタイプもありますので、公式サイトにてご確認ください。)

二段ベッド!

janohira_awaji_camp104

冷蔵庫・ポット・テレビにテーブル。

janohira_awaji_camp106

ウォシュレット付きのトイレ

janohira_awaji_camp108

浴室。

janohira_awaji_camp109

洗面所。

janohira_awaji_camp110

キャンプ体験として来ているのにここまでしてもらっていいのだろうかというほどでした。

逆に持っていかないといけないものを列挙した方が早いと思います。

  • バスタオル・体を洗うタオル
  • 必要ならドライヤー

以上です。

ちなみにレンジやトースターなどは管理棟にあり使うことができます。

janohire_awaji_camp139

管理棟には、お皿や箸、調味料や遊ぶ道具まで売っています。

トランプを買いましたが200円で非常にリーゾナブルでした。息子とババ抜きや神経衰弱をして楽しめました。

スポンサーリンク

釣りやドルフィンファームが近い

ここがさらに良い点は、単にキャンプやコテージ体験ができるのみならず、釣りやドルフィンファームといった海が近いがための遊び場が充実しているという点です。

ドルフィンファームでイルカと触れ合える

イルカと触れ合えるのがこのドルフィンファームです。

janohire_awaji_camp157

あらかじめいるかの説明を受けて、何人かまとめてイルカと触れ合う体験をすることができます。

講義を受ける様子はこちら。かなり盛況です。

janohire_awaji_camp162

今回私たちはこのドルフィンファームは子供がまだ小さいのあり体験しませんでした。

フィッシングパークで釣り体験ができる。

海釣りを体験できるのがこちら。

janohire_awaji_camp184

一番値段の安いファミリーコースでも大人が4,300円、子供が3,200円なので、3人だといくらになるんだ?これはちょっと体験するには高すぎる!と思ってよく聞いてみると、釣りをするのが子供ならば、子供1人の料金で大丈夫とのこと。

大人の場合は、魚を3匹まで、子供の場合は2匹まで持ち帰ることができます。その分子供料金は安く設定されているとのことでした。

初の釣り体験に息子も大興奮でしたが、なかなか釣れず・・・。

目の前の家族は続けて2匹鯛を釣り上げたので、「あの鯛で終了じゃないか?」と思うくらい反応がなし・・。

しかし、場所を変えて再トライするとうまく釣れました。

janohire_awaji_camp212

見事な鯛です。

janohire_awaji_camp214

釣った鯛は料金はかかりますが、その場でさばいてもらえます。

新鮮なお刺身にしてもらいました。

janohire_awaji_camp219

コテージの前でバーベキューを楽しみながら、釣ったばかりの(しかも自分で釣ったのが嬉しいですね)新鮮な鯛のお刺身を食べられるなんて贅沢すぎますね。

◆オススメ◆
淡路島でお出かけスポット、実際に行ったところだけ、まとめました!よろしければどうぞ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

awaji_island_spot

 

最後に

janohire_awaji_camp227

淡路島で大人気のオートキャンプ場の「じゃのひれ」のコテージ宿泊を体験してきました。

「いきなりテントは・・・」

「子連れなので・・・」

などとご心配の方も安心のコテージでした。普段はできないような体験をたくさんすることができます。

是非、子連れでキャンプ施設での宿泊体験や自然体験を!と考えておられる方は参考にしてください。

janohire_awaji_camp229

次回是非宿泊したいのがこのエアストリームと呼ばれるキャンピングカーのようなコテージ?です。

3つしかないのでコテージの中でもかなり人気だと思います。

スポンサーリンク

関連記事はこちら