妊娠中、産後の骨盤のゆがみや開きって気になりますよね。

そこでおすすめなのがトコちゃんベルト!トコちゃんベルトは数種類あり、種類によって支える方向が違います。

私は、一人目の妊娠中出産後はトコちゃんベルトを使用していなかったため、腰痛や恥骨の痛みがひどく、産後も骨盤の開きが気になっていました。しかし、二人目の際にはトコちゃんベルトを妊娠初期から着用し、その違いに驚きました。

今回は、骨盤を後ろから前に支え、恥骨結合をしっかり寄せてくれるトコちゃんベルト1の付つけ方を、動画と画像で分かりやすくご紹介します。


トコちゃんベルト1のつけ方

トコちゃんベルト1はつけ方が難しく、間違ったままつけていると使用しても意味がありません。購入する際に、アドバイザーにつけ方の指導を受けるようにしてくださいね。

ママ Aさん
産院の助産師さんに勧められ、トコちゃんベルト1を購入しました。つけ方の指導は受けたのですが、もう少し詳しく知りたいんです。
先輩ママ Bさん
トコちゃんベルトはつけ方を間違うと意味がありませんので、分かりやすく画像で順を追ってご説明致しますね。ぜひ参考にしてください!

関連記事)トコちゃんベルトはいつからつけられるの?効果は?

STEP①メーカータグが外側になるようにする

tokochan①

メーカータグが外側になるようにしましょう。

上下どちら側になっても構いません。つけやすい方にしましょう。

先輩ママ Bさん
実際には、地肌にアンダー腹巻を着用し、その上にトコちゃんベルトを着用しましょう。

STEP②右側に内ベルトがくるよう着用

tokochan①

右側に内ベルトがくるよう着用しましょう。

STEP③ベルトはお尻をすくい上げるように

tokochan①

ベルトはお尻をすくい上げるようにしましょう。

STEP④ベルトがお尻に密着するように内ベルトを仮止め

tokochan①

ベルトがお尻に密着するように、内ベルトを仮止めしましょう。

STEP⑤骨盤高位の姿勢をとる

tokochan①

ベッド、床、または畳の上に寝て、腰の下にクッションや枕などをはさみ、骨盤高位の姿勢をとりましょう。

先輩ママ Bさん
今回は授乳クッションを腰の下に置いています。

STEP⑥左右に足を動かしたり、安静にしたり、5分程このままの状態

tokochan①

左右に足を揺らして動かしたり、安静にしたり、5分程このままの体勢でいましょう。

先輩ママ Bさん
こうしたことで骨盤内から、膀胱、子宮、直腸などが上に上がり、ベルトをした時に骨盤をしっかり締めることができるようになります。

STEP⑦トコちゃんベルトをしっかり巻き直す

tokochan①

トコちゃんベルトをしっかり巻き直します。

腰を少し上げ→息を吸い→膝をつけて→お尻の穴を閉めて→巻き直しましょう。

先輩ママ Bさん
骨盤を支える程度の強さで、あまり強く締めすぎないようにしましょう。内ベルトは少し端が上に出ている状態で大丈夫です。

STEP⑧外ベルトをフワっと被せる

tokochan①

外ベルトをフワっと被せるようにしましょう。

先輩ママ Bさん
外ベルトは好みによって、フワっとしめたり、ギュッとしめたり、自分で調整しましょう。

STEP⑨立ち上がり、位置を調整

tokochan①

立ち上がり、位置を調整します。

お尻の位置、骨盤の位置、などを調整しましょう。

{動画}トコちゃんベルト1のつけ方

ママ Aさん
ありがとうございました。早速やってみたいと思います。

関連記事)

最後に

tokochan1

いかがでしたでしょうか?トコちゃんベルト正しいつけ方をしなければ意味がありません。

妊娠初期から使用すると、骨盤のズレがおさえられ、お尻が大きくなりすぎませんし、頻尿や尿漏れにも効果的です。

私も一人目の時には苦しんだ恥骨結合のゆるみによる痛みが、トコちゃんベルトを着用してた二人目の時には感じず、産後も腰痛が治らず歩く時も痛みが残り、整体通いをしていた一人目の時のような苦しみを味合うことなく、産後の回復も早かったように思います。

陣痛や破水が始まっても外す必要もなく、産後も二ヵ月ほどから使用できるトコちゃんベルト、つけ方をマスターし、最大限に活用して下さい。

スポンサーリンク

関連記事はこちら