妊娠出産により、骨盤が開いてしまうんじゃないか?お尻が大きくなってしまうんじゃないか?気になりますよね。

私も、元々大きなお尻が更に大きくなるんじゃないか?母から「私は子供を産んで骨盤がひらいてどんどん肉がそこについて太っていった」と聞いていたので、妊娠初期からビクビクしていました。

そこで、骨盤の開き、大尻予防、また腰やお尻の痛みにも効果があるトコちゃんベルト2の存在を聞き、妊娠初期から産後も着用しました。

そのお陰で大尻にならずに済むどころか、気になっていた頻尿にも効果があり、妊婦じゃなくなった今でもたまに腰痛予防で役立っています。

今回は、そんなトコちゃんベルト2のつけ方を、動画と画像で分かりやすくご説明したいと思います。


トコちゃんベルト2のつけ方

ママ Aさん
トイレが近くなっただけで、ひどい痛みなどはないんですが、トコちゃんベルト2がいいよ!と評判を聞き、購入しました。つけ方が分からないので教えて下さい。
先輩ママ Bさん
トコちゃんベルト2のつけ方を、画像で順を追ってご説明致します。

関連記事)トコちゃんベルトはいつからつけられるの?効果は?

STEP①素肌→腹巻→トコちゃんベルト→ショーツの順で

tokochan②

 

素肌の上に腹巻をし、トコちゃんベルトを着用、その上にショーツという順でつけていきましょう。

STEP②メーカータグが外側になるように

tokochan②

メーカータグが外側になるようにしましょう。

上下は個人差がありますので、つけやすい方につけましょう。

STEP③穴にベルトを通し、輪の状態にする

tokochan②

穴にベルトを通し輪の状態にしましょう。

STEP④ヒップあたりでマジックテープで仮止め

tokochan②

下から輪を通し、太い面を後ろに、ヒップあたりでマジックテープで仮止めしましょう。

STEP⑤骨盤高位の姿勢をとる

tokochan②

クッションや枕などをはさみ、骨盤高位の姿勢をとりましょう。

先輩ママ Bさん
ベッドや畳、布団の上でやるといいでしょう。

STEP⑥ゆっくり膝を揺らしたり、安静に、5分この姿勢を

tokochan②

 

膝を左右に揺らしたり、安静に、5分くらいこの姿勢をしましょう。

先輩ママ Bさん
この姿勢をすることで、全ての内臓を上にあげることで、骨盤をよりよく締めることができます。

STEP⑦ベルトをお尻に近い穴側で持つ

tokochan

ベルトを左右握り、お尻に近い穴側で持つようにしましょう。

STEP⑧ベルトを引く

tokochan②

ベルトを引きます。この時、引きすぎず腰を支えるくらいの強さにしましょう。

STEP⑨マジックテープを留める

tokochan②

腰を上げ、息を吸い、横隔膜を上げ、膝と膝をつけ、骨盤を一番小さい状態にし、お尻の穴を閉め、自分の力でマジックテープを留めましょう。

STEP⑩立って微調整

tokochan

腰骨の一番大きな位置がかぶらないことに注意し、足の付け根のところに通るようにしましょう。

STEP⑪お尻の位置を調整

tokochan

お尻をすくい上げるようにし、お尻の位置を微調整しましょう。

先輩ママ Bさん
これで完了です!

{動画}トコちゃんベルト2のつけ方

ママ Aさん
ありがとうございました。早速つけてみようと思います。

関連記事)産後の体重が戻らない!いつまでに?どうやって戻す?

最後に

tokochan2-2

いかがでしたでしょうか?妊娠初期から使え、妊娠中の骨盤や関節のゆるみを防ぎ、産後の骨盤や関節のゆるみも回復促進させてくれるトコちゃんベルト2。

私の母も「お母さんの時代にもこういうのがあれば使ってたよ。今はいいものがあっていいね」と言っていました。骨盤の開きやゆるみはその後の体型にも関係してきますよね。

友達は、産後二ヵ月目から使用し始め、みるみるうちに骨盤がしまっていき、最後はベルトの留める部分が間に合わなくなるほど効果があったと言っていました。

トコちゃんベルト2、するとしないとでは全然違います。ぜひその違いを実感してください。

関連記事はこちら