sushi Eye-catching image 2

 

日本人ならみんな大好きなお寿司

美味しいお寿司が手軽に食べられる回転寿司は、家族連れにも大人気です。

我が家でも、月2回は回転寿司に行っています!

今や サイドメニューも驚くほど豊富ですよね!

なので、3歳の子供にはいつも茶わん蒸しやうどんなどを食べさせています。

ただ、親だけお寿司で子どもはいつもサイドメニューというのもなんだか罪悪感・・・。

「生魚はいつから食べさせて良いの?!」

と、悶々と悩んでしまっていました。

恐らく、みなさんも同じように悩んでいるのではないでしょうか?

特に、子供が欲しがるようになってくると非常に困ってしまうと思います。

そこで、

  • お寿司デビューは何歳から?
  • なぜダメなの?
  • 子供に人気の寿司ネタ

などなど、子供のお寿司について詳しく調べてみました!

分かりやすく説明しているので、きっとスッキリできるはず。

ぜひ読んでみて下さいね♪

スポンサーリンク

子供はお寿司やお刺身、何歳から食べていいの?

お寿司やお刺身って子供にいつくらいから食べさせていいものなんでしょうか?

eat

食品安全委員会に問い合わせしてみましたので、ご説明します。
  • 2~3歳までは避ける
  • それ以降は、子供の様子を見て少しずつ慣れさせていく

との回答をもらいました。

お酒は20歳になってからと言いますが、20歳になったからといってアルコールに弱い人は飲めません。

生魚も個人差があるので、年齢に特に決まりはないそうです。

本人に興味がなければ、3歳になったからといって無理やりデビューさせることはありません。

私も、娘が欲しがるまではお寿司はあげなくてもいいかなと思いました。

最近はサイドメニューもかなり豊富になっているので、十分満足している様子ですしね。

子供の要望や体調に合わせて、少しずつ始めることが大切なんですね。

スポンサーリンク

みんなは何歳から食べさせてるの?

sushi7

みんなはどれくらいから食べさせてるものなんでしょうか?

一番多いのは、5歳前後です。

他にも、2歳からだったり小学生からだったりと様々。

共通しているのは、

  • まず少量あたえて、数十分様子を見て段階的に
  • 穴子や白身、赤身から少しずつ

ということでした。

多くの子供は、その後も問題はなかったそうです。

しかし、中には

「2歳の子供にまぐろを食べさせたらお腹を壊してしまった!」

という声も。

このように、何歳だから大丈夫とは言えません。

同じ年齢でも消化機能に個人差があるんですね。
初めは慎重に。

一度にたくさん食べさせないように気を付けましょう!

関連記事)離乳食、鮭っていつから食べさせてもいいの?

子供に生ものがNGな理由とは?

sushi9

どうして生ものは子供にNGなんですか?

子供に生ものがNGな理由をご説明します。

それは、大人が食べても平気な物でも、子供は敏感に反応してしまう可能性があるからです。

一番多いのが、食中毒

下痢、発熱、口の周りに赤い発疹ができ痒くなる等、まだ体に抗体がないので、症状が出やすいのです。

前回食べられたから今回も大丈夫、と安易に構えず子供の様子をみて判断してあげましょう。

食中毒への感染を予防する力が大人とほぼ同じになるのは、12歳過ぎだと言われています。

充分な免疫力が付くまでに12年もかかるんですね~!

特に注意が必要な生物は、以下の通り。

  • イカや蛸といった硬いもの
  • サバやイワシなどの腐りやすいもの
  • 大人でも食中毒になりやすいカキや二枚貝

 

白身魚だから安心だと思われがちなヒラメにも、クドアという粘液胞子虫が寄生して食中毒を引き起こす可能性があります。

病気や疲れなどで体力が弱まっている時は、生物を避けた方が無難でしょう。

関連記事)牡蠣はいつから食べられる?離乳食には?

子供は大好き回転寿司!食べられるメニューとは?

回転寿司だと子供はどんなメニューが食べられますか?
子供は回転寿司が大好きですよね。

生魚には規制が多いですが、子供(幼児)でも安心して食べられるものがたくさんあるので、オススメを紹介したいと思います。

sushi4

  • えび(ゆで、天ぷら、アボカド等。娘も大好きです)
  • たまご
  • 鰻、穴子(甘いので、好きなお子さんは大好き)
  • コーン、ツナ、カニカマ、納豆など軍艦モノ
  • ハンバーグやハムといった洋モノ
  • いなり寿司、かっぱ巻き
  • 茶碗蒸し、デザート、そば、ラーメン、うどん、カレーライス

広い世代に対応できるよう、多くのメニューが揃えられています。

そのメニューの豊富さに、私もよく驚かされます。

小さなお子さま連れのファミリーでも、安心して家族全員お腹いっぱい食べられるでしょう。

ちなみに、私の娘は茶わん蒸しやうどん、カレーライスが大好物です♪

sushi6

最後に

  • 寿司やお刺身などの生の魚は2~3歳までは避ける
  • 子供が欲しがれば少量ずつ。無理に食べさせる必要はない
  • 5歳前後から与えてる人が多い
  • 生ものは食中毒が怖い

 

子供のお寿司デビューは、無理をさせないのが一番だと思います。

本人に、あれが食べたいという意思が出てきたら食べさせる、というのもひとつの目安ではないかと思います。

「マグロを食べてみたい!」

と言えるのは、それなりに身体も脳も成長している証です。

娘はまだマグロを知りません。

マグロを見ても食べたいとはいいません。

それでいいと思います。

少しずつ子供の成長に合わせ、楽しんでみてはどうでしょうか。

by lulemon

スポンサーリンク

関連記事はこちら