年末が近付いてくると、年賀状のことを考えて憂鬱になったりしませんか?

デザインを考えたり印刷をするのも億劫ですが、私の場合、一番頭を悩ませるのは誰に送るかという点。

 

先日、息子の通う幼稚園のママ友さんから

「年賀状を出したいから、住所を教えて!」

と声をかけられました。

…ということは、私も出したほうがいいってことよね?

とすぐに相手の住所も教えてもらいましたが、これって来年も再来年も出すことになるのかな…と不安に。

幼稚園のママ友さんとのつきあいって本当に難しい!

私の他にも、ママ友への年賀状で悩んでいる方多いのではないでしょうか?

 

そこでこれから、ママ友へ年賀状について

  • 出すべき?
  • 何を書く?
  • いつまで続ける?

という悩みを徹底的に解決しちゃいまいすよ!


幼稚園のママ友への年賀状って必要?

幼稚園のママ友に、年賀状って出したほうがいいんですかね?
これから、どのような場合に出せばよいのかを解説していくので、参考にしてくださいね。

結論からいうと、ママ友への年賀状は必要ありません

今は個人情報保護のため、幼稚園でも住所や電話番号を載せた名簿は作らないもの。

むやみに他人に住所を教えたくない、と考えているママさんも多いんです。

幼稚園 ママ友 年賀状 必要

しかし、「年賀状を出すから教えて」といわれた場合は別。

そのママ友から年賀状が届くのは確実なので、こちらからも出すのが礼儀ですね。

「じゃあ、私も出すから住所を教えてね。」

と聞いておくといいでしょう。

住所を聞かれたママ友には出すと自分の中でルールを決めておくと、悩むこともありませんよ。

 

幼稚園のママ友への年賀状例文

何人かのママ友から住所を聞かれたので、こちらからも出すことにします。

「あけましておめでとう」の他には、どんなことを書けばいいんでしょうか?

写真やイラストの余白に手書きでメッセージを入れると好印象ですよ!

どんなことを書けばいいのかは、次のようなパターン別に紹介していきます。

  • 一緒に遊んだことのあるママ友
  • あまりつきあいのないママ友
  • 年長さんのママ友
それぞれのシチュエーションにあわせた一言、参考にしてくださいね。

幼稚園 ママ友 年賀状 一言 メッセージ

一緒に遊んだことのあるママ友

 

昨年は○○できてとても楽しかったです。

今年も楽しい一年にしましょうね。

 

幼稚園 ママ友 年賀状 思い出

○○の部分には、「お誕生日会」や「動物園へ行った」など一緒に遊んだ思い出を入れてくださいね。

あまりつきあいのないママ友

昨年は親子でお世話になりました。

今年も仲よくしてくださいね。

 

幼稚園 ママ友 年賀状 挨拶

これといって書くことがない場合は、このような無難なメッセージを!

年長さんのママ友

 

最後の運動会、みんな頑張っていて感動しましたね。

残り少ない園生活、思い切り楽しみましょう!

 

幼稚園 ママ友 年賀状 年長

年長さんは、いろいろなイベントで大きな見せ場があります。

そのことにふれつつ、卒園までの残り少ない園生活について書いてみては?

幼稚園のママ友への年賀状!やめどきがわからない

一度出したら、翌年も翌々年も出さなきゃダメでしょうか?
それでは、やめどきについて解説していきますね。

ママ友への年賀状、やめどきはズバリ小学校へ入学したときです。

幼稚園 ママ友 年賀状 やめどき

しかし、これから挙げるようなシチュエーションごとに対応を変えたほうがいい場合もあるので、詳しく見ていきますよ。

  • 違う小学校へ進学
  • 同じ小学校へ進学
  • 在園中

違う小学校へ進学

違う小学校へ通うようになると、つきあいがなくなることがほとんどです。

相手も「今年は出さなくていいかな」と考えているかも。

角を立てずに年賀状をやめたいなら、このタイミングがベストです。

この方のように、少しでも年賀状の数を減らしたいと考えている方は多いんですよ。

同じ小学校へ進学

子供が同じ小学校へ通うようになっても、クラスや通学路が違うと接点がなくなるもの。

子供の口から年賀状を送っているお友達の名前を聞かなくなったり、ママさんとも会う機会がないようなら、このタイミングで年賀状をやめましょう。

ただし、小学校へ進学しても子供同士が仲よくしていたり、ママさんとも親しいつきあいが続いているようなら、年賀状をやめると悪い印象に…。

どうしてもやめたい場合は、新年の挨拶を年賀状ではなく、メールやLINEに変えてみては?

在園中

子供がまだ在園中だけど、年賀状のやり取りはやめたい、という場合もあるでしょう。

しかし、幼稚園で顔を合わせているのに年賀状が突然来なくなると、余計なトラブルを招きかねません。

年賀状が届いたママ友にメールやLINEで新年の挨拶を送り、幼稚園で顔を合わせた際に「年末に体調を崩して年賀状が作れなくて…」など差しさわりのない理由を伝えてみましょう。

一度年賀状を出さずにいると、相手もなんとなく翌年から出しづらくなるものですよ。

逆に、年賀状を楽しみにしている方もいます。

なかなか会えない方からの年賀状は、嬉しいものです。

まとめ

幼稚園のママ友への年賀状について、まとめてきますね。

  • ママ友への年賀状は必要?
  • 住所を教えるのがイヤな人もいるので、必要ではない
  • もし住所を聞かれたらこちらからも出す、というスタンスで問題なし
  • 何を書けばいいの?
  • 一緒に遊んだママ友…その思い出について
  • あまりつきあいのないママ友…当たり障りのない挨拶
  • 年長のママ友…年長さんの頑張る姿や残りの園生活について
  • 年賀状のやめどきは?
  • 小学校へ入学したタイミングがベスト
  • 小学校へ進学してもつきあいがある場合は、メールやLINEへ移行
  • 在園中でも年賀状をやめたい時も、メールやLINEへ移行

 

忙しい年末の仕事、少しでも楽にしたいものですね。

しかし、やめどきを間違えると思わぬトラブルを招くことも…。

今後も顔を合わせる可能性があるのなら、突然やめるのではなくメールやLINEで新年の挨拶をするなど配慮が必要です。

 

私もあまりつきあいのないママ友さんへは、LINEで新年の挨拶をすることにしましたよ。

関連記事はこちら