子育てしている中で、子どもにイライラしてしまうことってありますよね。

イライラしたことのない人なんて、いないのではないでしょうか。

私もついイライラしてしまい、怒鳴ったりすることがしばしばありました。

でも、怒鳴って良かった試しは一度もありません。

ですから、今回は、イライラして怒鳴ってしまう前に一息入れることの大切さをお話してみたいと思います。


【イライラした時、どうしますか?】

子どもにイライラする前に

【なぜ子どもにイライラするの?】

それは、ズバリ、子どもが自分の思い通りにならない存在だからです。

ママの頭の中で思い描いていたことを、子どもは平気で壊していってしまいます。

妊娠中に思い描いた理想の子ども、理想の母親像はもろくも壊されていきます。

しかしながら、子どもは自分の思い通りに動かないのが当たり前です。

子どもは、親から生まれてきたけれど、親とは全く違う存在なのです。

ですから、子どもを個々として見ることがイライラを解消する第一歩だと思います。

【イライラしてしまう前に】

皆さんは、きっと自分が今イライラしている、爆発する寸前であるということは、分かるはずです。

その前に、一度子どもと距離を置いてみましょう。

誰か子どもをみてくれる人がいるなら、その方に頼んで1人の時間を作ってみましょう

もし、誰もいないのであれば、部屋にこもってみたり、ヘッドフォンで大好きな音楽を聴いてみたりして落ち着かせましょう。

イライラはすぐになくなるものではありませんが、子どもを怒鳴っても何もいいことはありません。

男の子は特に、ママの高い声は聞き取りにくいので、怒鳴られても、なぜ怒られているのか理解出来ません
ですから、男の子には、順序立てて、何が悪いのかしっかり説明しなくてはならないのです。

【まとめ】

子どもは、怒鳴っても後できちんと謝ると許してくれますよね。
それは、親が貰った神様からのプレゼントだと聞いたことがあります。

その効力は子どもが大きくなっていくたびに薄れていきます。

ですから、子どもが許してくれる内に、子どもと向き合わなければなりません。

いずれ、その効力はなくなり、口答えするようになります。

子育ては、子どもをうまくコントロールするために、自分の気持ちをコントロールすることが大切です。

感情のままに、どなってしまう前に、一息、一呼吸入れてから、子どもと向き合いましょう。

子どもはそれぞれ違うので、答えもありませんし、対処法も様々です。

子どもをよく見て、子どもにとって一番の対処法を見つけてあげましょう。

by keally

関連記事はこちら