子供の視力が悪いかもしれない・・・そんなことを感じたことはありますか?子供は視力が悪くても、それが当たり前と思って生活しているので、親が子供の目が見えてないかも?と気付かないこと実はけっこう多いんです。

うちの子供の園には「健康診断」という明確なものはありませんでした。「弱視 要 検査」小学校に入学した最初の健診で初めて見えていないというのを知りました。

そこで今回は、そんな体験談も踏まえ、子供の遠視乱視についてご説明します。


子供の視力に気付かなかった自分に怒り・・・

子供の弱視が分かり、眼科を受診した際のことについてお話します。

ショックでした、本当に。これまでの6年間もの間、「見えている」と思って接してきたのです。しかも「見えていない」我が子に気づかずに色々なもどかしさを私は叱り「出来ない」と決めつけてしまいました。

まずは反省そして子供に謝りました。近所の眼科医さんに学校の用紙を持参で診察すると「なぜに就学前検査で判明しなかったんだ。時間が大切なのに、即大きな検査をしに行きなさい」紹介状を持って大きな病院へ診察に行きました。

関連記事)赤ちゃんにテレビ 視力に影響はあるの?

遠視乱視とは?

遠視乱視の場合、どんな感じなんですか?
ネットでなんでも調べられるので不安はつもりました。言われてみると以下のようなことがありました。
  • ペットボトルの蓋があけられない
  • つまみの類をつかむ力が弱い
  • 自転車に乗れそうなのに進めない
  • 包丁やのこぎり、はさみ等を園で使用した時に一点に集中ができない
  • 走り縄跳びが苦手
  • 竹馬が出来ない
  • ボーと眺める癖がある

そんな思い出が浮かびあがりました。

治療法は?眼科では・・・

視力はよくなるんですか?どんな治療法があるんですか?
眼科の先生の言葉と共にご説明します。

「お母さん、気づきませんでした?このお子さん、よくここまで一人でこなされたと思います。お子様は、針の穴から世の中を6年間見ていたと思ってください。

通常ならば4歳過ぎには判明するのですが…間に合わせたいと思いますが9歳で焦点は定まるもので独自の焦点の合わせ方で生きているので矯正出来るか…頑張りましょう!」

小児眼科専門医からのお話は衝撃的でした。

毎月2回の矯正が緊急で始まりました。点眼して度数を計り眼鏡を作り・・・3年生の夏「よく頑張りました。極度の乱視はありますが弱視ではなくなりましたコンタクトレンズなどと併用してこれから楽しんでください」

一時は「治らないまま失明の恐れも…」と本当に恐れましたが遅かった分、本人の意識の成長が重なり「ちゃんと治そう」の気持ちも共有できたことが良い結果を導き出せました。

私まで涙が出てきました。どうして気付いてやれなかったのか?自分を責めちゃいますよね。私もしっかり子供の様子に気を配ろうと思います。

関連記事)子供にパソコン用メガネって必要?効果は?

最後に

単なる「就学前健診」は実は意味があったのです。本当に、健診は重要です。目が見えない、虫歯がある、鼻が悪い等ちょっとこのままだと、入学後に勉強するに何かとストレスがかかることをチェックして、その結果「入学前の半年間で親子や園の環境で治すなり慣れさせる」という大切なものでした。

言われてみれば、上の子も小学校に入る前から「歯の矯正器具」を園で使用していました。そのため忙しい入学後もスムーズに矯正を使えていましたし周囲への説明も出来ていました。

目は素人には本当に難しい判断と感じます。しかし、叱る頻度が重なった時(もしや?)と少し観察してみてほしいです。何もなければ結構ですし、やはり早期発見で子供のストレスととりのぞいてあげたい親心です。

本も読んでいたので(まさか)ではありましたがこの入学前シーズン、しばし我が子と向かい合ってみる良い機会なのかもしれません。

BY @co.

関連記事はこちら