子どもに絵本はいいよー!っていろんなところから耳にして、どんな絵本がいいのかなーって日々考えているお父さん、お母さん。
自分のために絵本を選んだことはありますか?

ひとりでじっくり読む絵本もまた、いいものですよ。

私が読んで心に残ったもの、みなさんにも1度は読んでもらいたいな~と思っている絵本を紹介します。

機会があれば、ぜひ手に取ってみてください。


『はやくはやくっていわないで』

益田ミリ、平澤一平

ついつい言ってしまう“早くしてっ!”という言葉。
そっか、こどもはこんな風に思ってるんだ。
そうだよね。イヤだよね。

って、子どもの気持ちが素直に心に入ってきます。

子どもと一緒に読んで、感想を聞いてみるのもアリかもしれません。

『あらしのよるに』

きむらゆういち:作 あべ弘士:絵

このタイトルは耳にしたことのある方も多いかと思います。

しかしこの絵本、全7巻シリーズだってしっていましたか?!

少し前にNHKの〈テレビ絵本〉という番組で中村獅童さんがやっていたので、気になって図書館へ行き、一気に読んでしまいました。

『ちいさなあなたへ』

主婦の友はじめてブックシリーズ
アリスン・マギー他

初めて読んだとき、ウルウルしてしまいました。

いつも近くにいる子ども。でもずっと近くにいてくれるわけじゃないんだな~。

いつか離れていくときのために、今、何をしてあげられるのかなって考えさせられます。

子育てって、今、目の前の子どもを見る目線と、その子の10年後、20年後を見据える目線の両方が必要なのかなって思います。

『キセキ 今日ママに会いにいくよ』

MINMI

こちらはご存じの方も多いかもしれません。

シンガーソングライターのMINMIさんが書いた詩を元に作られた絵本で、イラストもMINMIさんが手がけたそうです。

出産に対するイメージがかなり変わり、もうひとり ふたり産みたくなっちゃうかも?!

出産を経験している方なら、産む前に読みたかった~!って思うと思います。

だからもし、周りに妊婦さんがいたら、妊娠のお祝いにプレゼントするのもおススメです。

私は出産前に、書店で立ち読みしてしまいました(笑)

まとめ

普段なかなか、ひとりで絵本を読む時間ってないですよね

子どもの頃自分が好きだった絵本、図書館や書店で再会することもあると思います。

そんな絵本でもいいんです。

ひとり絵本タイム。けっこうほっこり癒されますよ。

はれ  より

関連記事はこちら