赤ちゃんとのお出掛けの必需品といえば抱っこ紐ですよね。

そんな抱っこ紐のよだれカバーを手作りしてみませんか?

どんな不器用な人でも、お裁縫が苦手な人でも簡単に作れますよ。

大切な赤ちゃんに手作りの品をひとつくらい作ってあげようと思っていた方、手作りしたいと思いながらも日々の赤ちゃんのお世話で精一杯な方。

ビックリするぐらい簡単な作り方をご紹介しますので、是非挑戦されて下さいね。


手作りはじめてママが楽々手作りできるポイント3つ!

ママ Aさん
楽に手作りできるポイントを教えて下さい。
先輩ママ Bさん
以下の3つのポイントを意識すると楽に手作りできますよ。
  1. 短時間で完成すること。
    ママはとにかく忙しいです。
    妊娠中もなれない作業は身体を疲れさせてしまうので、すぐに完成する小物がオススメです。
  2. 少ない素材で完成すること。
    パーツが多いと作り始めるまでに準備が大変です。
    子ども泣きはじめた時や疲れて休憩したくなった時にすぐに片付けられることも重要です。
  3. 好きな素材で作ること。
    完成した時にママが楽しく嬉しい♪
    「これをつかって育児が楽しくなる♪」と思えるお気に入りの色や柄を選ぶことが大切です。

warmer3

関連記事)

簡単♪誰でも抱っこ紐のよだれカバーの作り方

0-90

ママ Aさん
簡単に作れる抱っこ紐のよだれカバーの作り方を教えて下さい。
先輩ママ Bさん
以下に説明しますので参考にされて下さいね。
材料
  • 好きな柄のハンドタオル×2
  • マジックテープ 又は スナップボタン

 

材料はこれだけですし、手縫いですぐにできますよ。

 

よだれカバーの作り方

  1. 抱っこ紐のよだれカバーをつける位置にハンドタオルを当ててみる
  2. 目印をつけてマジックテープかスナップボタンで留められるようにする。
  3. 同じものを2つ作る。

たったコレだけで完成です!

スナップボタンでつける方法であれば、どんなに苦手な方でも1時間あれば完成します。

細かく縫う必要もなくて、とっても簡単ですし、材料も100円均一で揃える事が出来ますよ。

ほとんどのハンドタオルは吸水性もよく洗濯も簡単、その上アイロンも不要ですから、作ってみたいけれどミシンをもっていない方や忙しいママにオススメです。

手作りの抱っこ紐のよだれカバー部分に、ベビーキッズ用のレッグウォーマーを通して手作りの抱っこ紐のよだれカバーをつけると色や柄の組み合わせをより楽しめますよ。

最後に

赤ちゃんのお世話に追われ、忙しい日々が続くと気持ちがモヤモヤしてくることも。

そんなママに簡単手作りに挑戦されることをおススメします。

hirune8

自分の手で完成した作品を見ることによる達成感に、気持ちもスッキリするものですよ。

忙しいからこそ、ちょっとした自分のための時間を作ることを忘れないで下さいね。

 

ママ Aさん
ちょっとした工夫で簡単によだれカバーが出来るのですね。不器用な私でも作れそうなので、子育ての合間に挑戦してみたくなりました。

 

ツキシマより

関連記事はこちら