Baby hair clips Eye-catching image

赤ちゃんの髪の毛ってまだ細く薄く、なかなかいうこときいてくれませんよね。

特に、最初の髪の毛で筆などを作りたいと考えてる場合、ある程度な長さが欲しいとこ。

でも、その伸びた髪をそのままにしてると、目にもかかりそうで心配。

そこでオススメなのが、楽に赤ちゃんの髪を留められるヘアクリップです。

色々売られてはいるんですが、手持ちの服に合う柄がなかったりするため、作ってみました。

今回は、滑り止めが付いて髪の毛が少ない赤ちゃんでも大丈夫な、ヘアクリップの簡単な作り方をご紹介したいと思います。


ベビーヘアクリップに必要な材料は?

娘の薄い髪を留めるかわいいクリップを自分で作ってみたいんですが、簡単に作れる方法はありますか?
簡単に作れるヘアクリップの作り方をご紹介します。

まずは、ヘアクリップに必要な材料をご説明します。

haircrip

  • ヘアクリップ
  • リボン
  • はさみ
  • 両面テープ
  • 滑り止め

 

滑り止めは、100円ショップで売っているマットの下に敷く滑り止めシートを切って使います。

それ以外の材料も全て100円ショップで揃います。

滑り止めマットじゃ分厚すぎて使いにくいと感じる方は、こちらの滑り止め剤を使用するのもオススメです。

スベラナイン

hand made

rakuten

薄く塗れたり、調節がきくので、ヘアクリップが重くなる心配もいりません。

赤ちゃんにヘアバンドもおすすめです♪作り方はこちら→赤ちゃんのヘアバンドの編み方!簡単で超かわいい♪画像で解説

ベビーヘアクリップの簡単な作り方!

簡単なヘアクリップの作り方を、画像で順を追ってご説明します。

STEP①リボンをヘアクリップの長さに合わせて切る

haircrip

リボンをヘアクリップのつまみの裏側から、真ん中部分も開いて長さを合わせ、最後はリボンが少し重なるように調整して切る。

STEP②リボンに両面テープを切る

haircrip

リボンの裏に、両面テープを付けましょう。

STEP③クリップの端から②を付ける

haircrip

ヘアクリップのつまみ部分の内側から、両面テープをはぎ、リボンを接着していきましょう。

STEP④しっかり押さえる

haircrip

しっかり押さえ、リボンとヘアクリップを外れないようにしましょう。

これで完成でも良いのですが、まだ髪の毛が少ない赤ちゃんはこのままだとスルっと外れてしまいがち。

なので、これに滑り止めを付けます。

STEP⑤滑り止めを切る

haircrip

滑り止めを、ヘアクリップの内側からはみ出さないサイズに2枚切りましょう。

STEP⑥滑り止めの裏に両面テープを付ける

haircrip

滑り止めの裏に両面テープをはみ出さないように切り、付けましょう。

STEP⑦滑り止めをヘアクリップの内側に付ける

haircrip

両面テープをはぎ、ヘアクリップをつまんで開き、内側に滑り止めを付けましょう。

これで完成です♪

続いてアレンジ方法をご紹介します。

ベビーヘアクリップのアレンジ方法

リボンを付けただけのシンプルなヘアクリップもかわいいんですが、更にかわいくするアレンジ方法をご紹介します。

フェルトでフラワーヘアクリップ

haircrip

リボンをフェルトに変え、ヘアクリップを包んだら、フェルトで作った花を用意しましょう。

このフェルトの花は、フェルトを半分に折り、切込みを入れ、クルクルと巻いて両面テープで留めたら出来ます♪

haircrip

フェルトの花の裏側に両面テープを付け、しっかり接着したら、フェルトでフラワークリップの完成です。

余り布でリボンヘアクリップ

haircrip

余り布で作るヘアクリップです。

布をリボンサイズに切り、他のものと同様ヘアクリップに巻き付け接着したら、リボンの裏側に両面テープを付け、接着しましょう。

これで余り布でリボンヘアクリップの完成です。

リボンは長方形の形に折り、内側を両面テープで接着→細く折った布の裏に両面テープを付け→長方形の布の中心でグルリと留めたら出来ます。

関連記事)赤ちゃんの髪の毛がなかなか生えない!大丈夫なの?

最後に

いかがでしたでしょうか?

すごく簡単に作れるので、子供でも作れます

リボンの柄を変えたり、ボタンを付けたり、飾りを付けたりするだけで、色々アレンジ出来ます。

ちょっとしたプレゼントにもハンドメイドのものは喜ばれますので、ぜひ作ってみてください♪

関連記事はこちら