赤ちゃんの髪の毛の生え方には個人差があります。そう知っていても、薄毛の赤ちゃんのママは「本当に大丈夫?」と心配になりますよね。

薄毛のままの子供は見かけないので、いつかは生えてくるとは分かっているのですが、それがいつなんでしょう? 薄毛にもいいところはあるのでしょうか?

そこで赤ちゃんの薄毛について調べてみました。


赤ちゃんの髪の毛の生え方には個人差があるの?

赤ちゃんの髪の毛の生え方には個人差があります。薄毛の子、ふさふさの子、くるくる癖毛の子など様々。

usuge3

生まれたとき、赤ちゃんの頭にあるのはいわゆる「産毛」です。細くてふわふわしているのは、そのため。1歳ごろまでにすべて抜けて、新しい髪の毛に生え変わっていきます。

その後の髪の毛もふわふわした髪の毛ですが、3歳ごろにその子本来が持つ髪質の髪の毛に生ええ変わります色素が薄かったり、ふわふわしたり、くるくるした髪の毛も落ち着いてきます。

うちの息子も赤ちゃんのときは色素の薄い、ふわふわした髪の毛でしたが、小学生になった今は剛毛で、短くしていないとモッサリする髪の毛になりました。

剃ると生えてくる?坊主にすると生えてくるってホント?

毛は剃ると太くなると言われていますよね。髪の毛も坊主にすると髪質が変わる、いい髪の毛が生えてくるなどと言われていますが、すべて迷信

usuge2

一度剃ることでまばらな髪の毛が目立たなくなり、赤ちゃんの髪の毛の成長は大人より遅いので、生えてくるころがちょうど強い髪の毛が生える時期に当たるだけです。

剃ったり、坊主などにしなくても髪の毛は3歳ごろまでには生えてくるので安心してください。

逆に、赤ちゃんの柔らかい皮膚にバリカンやカミソリなどの刃物は危険なくらいです。

髪の毛がなかなか生えないけど何か対策は必要?

冬場の薄毛や女の子の薄毛は気になるものですが、1歳過ぎれば髪の毛の量が少しずつ増えてきますし、3歳ごろには髪の毛も伸びてきます。

赤ちゃんのうちに髪の毛を増やすことはできないので、寒い季節は帽子をかぶせるなどして防寒対策をしてあげましょう。

usuge4

髪の毛がなくてもその子の貴重な赤ちゃん時代ですから、女の子は記念日に赤ちゃん用の髪飾りをつけてあげても。

髪の毛が薄いとこんなメリットもある!

髪の毛が薄いことにもメリットがあります。夏場はあせもになりにくいし、洗う手間もかかりません

生まれて間もなくの赤ちゃんの頭は、意外にオイリー。髪の毛がふさふさだと汚れがたまりやすいし、髪の毛がほこりを吸着してしまうのです。

抜け毛も少ないので、掃除も楽です。

usuge1

うちの子供は二人とも薄毛で上は2歳、下は2歳半まで髪の毛を切りませんでしたが、私の甥っ子はふさふさの髪の毛。お手入れが大変そうでした。

小さいうちから髪の毛をカットする必要があり、妹が「じっとしてない子のカットなんて、無理」と悲鳴を上げていました。

ふさふさにはふさふさの悩みがあるようです。

最後に

赤ちゃんの髪の毛の生え方や髪質には個人差がありますが、3、4歳ごろまでに生えそろい、髪質も落ち着いてきます。七五三や幼稚園の入園式には長くなっているので大丈夫。

薄毛姿は成長とともに消えてしまうので、その子の成長を楽しみましょう。

武藤はづき より

関連記事はこちら