最近、オメガ3の油が話題になっていますね。今朝もNHKのあさイチという番組で取り上げられていました。他の番組でもよく取り上げられているようで、店頭では品薄になっています。

あの大地真央さんもえごま油を欠かさず摂っているそうです。大地さんのキレイの秘密はえごま油にあるようです。私自身、オメガ3が流行り始めてからずっとえごま油や亜麻仁油は手放せません♪妊娠中も欠かさず摂取していました。

オメガ3の油は何種類かありますが、えごま油は国産のものが手に入ります。

  • 効能や摂取量
  • 妊婦さんは摂取していいのか
  • 食べ方
  • ダイエットにいいと言われる理由

健康を維持していくにはオメガ3のえごま油です!えごま油について以上の事をご説明しますのでぜひ最後まで読んでくださいね!!


えごま油の効能とは?

ママ Aさん
えごま油の効能を教えて下さい。

えごま油に含まれるオメガ3系αリノレン酸にすごい効果があるのです。αリノレン酸は、人間の体には必要不可欠な脂質ですが、体内で作ることはできません。しかも、普段私たちが摂取している油はオメガ6と9がほとんどで、それらは脳梗塞や心筋梗塞、アレルギー、ガンなどを引き起こす原因といわれています。

αリノレン酸は必須脂肪酸であり、わたしたちの体にとって必要不可欠な脂質ですが、体内ではつくることができず、この為食事などから摂取する必要があります。ですから、意識して摂る必要があります。

さっちん
えごま油の効能は沢山ありますので、以下にご紹介していきますね。

egoma

血栓予防、血流改善効果

αリノレン酸は体内でDHAやEPAに変化します。青魚に含まれるDHAやEPAが血液をサラサラにするというのは有名ですね。このDHAやEPAが動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中、高血圧を予防してくれます。
また、血栓を溶かす力もあるそうで、脳梗塞を起こしてしまった方にもよいということです。

認知症にいい!!

脳の神経細胞であるシナプスはDHAが含まれています。シナプスにDHAがたくさん含まれているほど、判断力や集中力が高まるといわれています。ですから、認知症以外にもお子さんの脳にもいいというわけです。

老化防止効果

人間の細胞膜を構成しているのがαリノレン酸です。αリノレン酸が不足すると細胞が老化してしまいます。ですからαリノレン酸をしっかり摂ることで美容にもよいというわけです。

アレルギー抑制効果

私たちが普段よく摂っている油はリノール酸です。このリノール酸は過剰摂取気味ですが、このリノール酸を摂りすぎると、肥満はもちろん、アレルギーを促進させてしまうのです。

一方、αリノレン酸はアレルギーを抑制する効果があります。ですから、食物アレルギーやアトピーなどアレルギー体質の方にはぜひ摂っていただきたいです。

うつ病予防効果

うつ病患者は正常な人に比べてαリノレン酸やDHA、EPAなどの量が低いそうです。αリノレン酸を摂取することによってうつ病が改善する可能性があるのではないかと言われています。

妊娠中は特に気をつけて摂取したいものですね。

妊婦でもえごま油を摂取しても大丈夫?

ママ Aさん
現在妊娠しているのですが、えごま油を摂取しても大丈夫ですか?

さっちん
妊娠していると健康情報は特に気になりますよね。私はかなりの健康オタクなので、妊娠中は特に健康によいと言われているものが気になりました。でも、健康によいと言われているものでも、妊娠中は避けたほうがよいものもありますよね。なので、すごい健康効果があるものほど、妊娠中でも大丈夫なのかな・・・と気になりました。
ではえごま油はどうなのでしょうか。説明していきますね。

結論からいうとOKです!!ただし、条件付です。摂取しすぎはいけません。

どんなに健康によいものでも摂取しすぎると悪影響があるものがあるように、えごま油も摂取しすぎないようにしてください。腸の働きがよくなるので、特に妊娠初期は早産につながることもあります。また、油ですので、摂取しすぎると太ります。当然ですが(笑)

ママ Aさん
適量を摂取することで胎児にもいいんですよ!!

人間の脳は油でできています。良質な油を摂ることで赤ちゃんの脳の成分へとなっていきます。そんな赤ちゃんの脳の成長のためにはオメガ3の油が一番です!

特に妊娠中はαリノレン酸やDHA、EPAが不足しがちになります。産後うつなどの原因はこのオメガ3の不足による可能性があるという研究結果が出ているようです。

ぜひ毎日の食生活にえごま油を取り入れたいものです。私も二人目を妊娠していた時、えごま油や亜麻仁油をよく摂取していました!妊婦さんこそぜひ摂取してくださいね。

さっちん
ただ、便がゆるくなったなど下痢気味になってしまうという方は控えたほうがよいと思いますのでご注意くださいね。

関連記事)えごまの実にすごい効能が!美味しくて続けやすい!

えごま油の摂取量の目安と保存方法は?

ママ Aさん
えごま油の摂取量の目安を教えて下さい。
先輩ママ Bさん
えごま油は一日に小さじ1杯程度が目安となりますが、オメガ6系の油を意識して控えなければ効果が落ちるので気をつけましょう。

えごま油は特に酸化しやすく、熱や光に弱いので、冷暗所に保存しなければなりません。冷蔵庫に保存するのが無難でしょう。

えごま油のおすすめの食べ方は?

 

amaniyu

ママ Aさん
えごま油のおすすめの食べ方を教えて下さい。
先輩ママ Bさん
えごま油は加熱してしまうと効果がなくなるので、そのまま食べるのが一番です。

一番摂取しやすいのがドレッシングです。意外と簡単で、材料も家にあるもの3つですぐにできるので、おすすめです。

えごま油のドレッシングレシピ

  • えごま油 大さじ3
  • 酢    大さじ2
  • 塩    小さじ2/3(クレイジーソルトがオススメ)材料を全て混ぜるだけです。

 

我が家では市販のドレッシングはほとんど買わず、このドレッシングでサラダを食べてます。その日の料理によってゴマ油やオリーブオイルを使ったりしますが、えごま油に変えると最高ですね。

他にも冷奴にかけたり、お味噌汁に入れたりするといいようです。えごま油には香りの強い焙煎タイプと生タイプがあるようですが、焙煎タイプは香りが強い分、調味料としても使えます。

えごま油はダイエットにも効果がある?

ママ Aさん
えごま油はダイエットにも効果があるのでしょうか?
先輩ママ Bさん
えごま油に含まれているαリノレン酸とロズマリン酸がダイエットによいようです。

diet

αリノレン酸がなぜダイエットにいいの?

αリノレン酸は、リパーゼという脂肪を分解する酵素の働きを活性化する効果があるので、脂肪燃焼効果が高まります。ですから、えごま油を摂取したあとに運動をすると効果的ということになります。

また、腹持ちがよいので、満腹効果もあるため、食欲を抑制することもできるので一石二鳥なのです。

ロズマリン酸って?

ロズマリン酸はローズマリーやシソ科の植物に含まれるポリフェノールのことです。

糖分の吸収を抑制したり、血糖値の上昇を抑えたりする効果や、炭水化物が中性脂肪に変わるのを防ぎます。また、代謝を促進する効果もあります。

ママ Aさん
話題となっているえごま油。どんなものか気になっていましたが、体が喜ぶ効能が沢山あり、ダイエット効果もあるとなれば、健康維持のためにも早速購入したいと思います。役立つ情報有難うございました。

関連記事)

最後に

  • えごま油には血栓予防・認知症予防、老化防止、アレルギー抑制、うつ病予防などの効果がある。
  • 妊娠中も適量を守れば摂取してもOK
  • 産後うつの予防にもなる。
  • えごま油は一日に小さじ1杯摂取するのがよい
  • ダイエットにも効果がある

えごま油は高価ですが、一日に小さじ1杯でよいので、一日あたりに換算すると安いですよね。高価な健康食品を買うよりも、小さじ1杯で健康が維持できると思うと安いと思います。

αリノレン酸を含む油は他にも何種類かありますが、えごま油はダイエットに最適なロズマリン酸も豊富です。ダイエットをしたいという方には特におすすめな油ですね。

オメガ3を上手に摂りましょう。

 

byさっちん

関連記事はこちら