oyster Eye-catching image

 

「牡蠣を食べたあと下痢と嘔吐が続いているんです!
これって牡蠣にあたったのかしら?」

今、まさに牡蠣にあたった症状で苦しんでいるあなた!

これを読めば牡蠣にあたると発症までの潜伏時間がどれくらいなのか、いつ回復するのか、症状から対処法・予防法までバッチリわかります!

私も牡蠣でノロウイルスに感染したことがあるのですが一気に上と下から大騒ぎになりました。
それが数日続いてもうだめかと思いました。

お腹は痛いし、熱は出るし、気持ち悪くて水も飲めないで結局病院で点滴をする羽目に・・・あんな思いもうしたくない!

今回は

  • 牡蠣にあたると発症までの潜伏時間は?
  • 回復にかかる期間は?
  • 牡蠣の食あたりの予防法・症状・対処法は?

これらの疑問にお答えしていきたいと思います。

牡蠣の食あたりで苦しんでいる方だけではなく、食あたりが怖くて牡蠣を食べるのが怖いというそんなあなたのためにおいしく牡蠣をいただくためにも一緒にお勉強しましょう!

Sponsored Link

牡蠣にあたると発症までの潜伏時間はどれくらい?

牡蠣にあたると潜伏時間はどれくらいなの?
牡蠣の食あたりの出る時間は何が原因かによって変わります。
  • ノロウイルス
  • 貝毒
  • 腸炎ビブリオ

が牡蠣の食あたりの原因となります。

一つ一つ見ていきましょう。

ノロウイルスが原因の場合

ノロウイルスとは牡蠣などの2枚貝に多く蓄積されるウイルスです。
これが蓄積された牡蠣を食べることによって食あたりを引き起こします。

症状は突然の激しい嘔吐・激しい下痢(水のような)・発熱(38度以上)などがでます。

潜伏期間は食後約24時間から48時間以内になります。

このほかにも症状としてまれですが腸重積やけいれんなどを引き起こすこともあります。

貝毒が原因の場合

牡蠣の貝毒は主に神経性貝毒と言われています。

有毒のプランクトンを食べてそれを蓄えた牡蠣を食べることによって起こる食あたりです。

食後30分から4時間ほどで発症し、腹痛・下痢・吐き気・嘔吐などの症状が起こるのが特徴です。
kaki2

腸炎ビブリオが原因の場合

腸炎ビブリオは牡蠣だけではなく赤貝やアジやサバなどからも感染することが多い細菌です。

食後6時間から24時間以内に発症し、腹痛を伴う激しい下痢・嘔吐や発熱を伴うこともあります。

初期症状が重症化しやすい傾向にあります。

Sponsored Link

回復にはどのくらいの時間がかかるの?

牡蠣の食あたりってどれくらいで治るの?
原因によって治癒期間が違うんです。

hatenagatakusann

ノロウイルスが原因の場合1日から2日程度で回復します

貝毒が原因の場合は3日以内に回復します。

腸炎ビブリオなどの細菌が原因の場合2日から3日ほどの治癒期間がかかります。

すぐに下痢が治まるというわけでもなく普通の便通状態に戻るのにはもう少し時間がかかる場合があります。

次に牡蠣の食あたりの症状などについてみていきましょう。

牡蠣の食あたりについて

では牡蠣に2度とあたらないための予防法、あたった場合の症状や対処法についてまとめてみましたよ。

予防法は?

予防法としては、牡蠣は十分に加熱して食べるようにする!です。

ただ、ノロウイルスなどの菌は熱に強いため死滅しないこともあります。

ノロウイルスは85度から90度(中心温度)で90秒以上の加熱で防ぐことができます。

感染症に弱いお年寄りや子供などは加熱処理の足りない牡蠣などを食べると食あたりを起こしてしまう可能性が高いため牡蠣の過熱には十分気を付けてください。

ノロウイルスなどの細菌は十分な加熱によって感染を防ぐことができますが貝毒は加熱処理をしても食あたりになってしまう可能性があるのでその点は念頭に入れておいてください。

牡蠣の食あたりの症状は?

牡蠣の食当たりの症状としては前述にも書いた通り何が原因かにより変わってきます。

おもな症状は共通して激しい下痢・嘔吐です。
発熱する場合もあります。

症状が早く出たら貝毒を疑うとよいでしょう。

貝毒は牡蠣の食あたりの中でも最も早く症状が出る食あたりです。

その次に早く出るのが細菌(腸炎ビブリオ)による感染です。

ある程度時間が経過してから症状が出るのがノロウイルスと言えるでしょう。

では次に食あたりになってしまった時の対処法について紹介します。

牡蠣アレルギーでも下痢や嘔吐の症状が出る場合も!→牡蠣アレルギーの症状5つ!食中毒との違いは?

対処法は?

sportdrink

牡蠣の食あたりの原因は分かったけど・・・食あたりになったらどうしたらいいの?

牡蠣の食あたりの対処法として共通して言えることは、水分補給を必ずすることです。

いずれの症状も激しい下痢と嘔吐を伴うため脱水症状に気を付けなければなりません。

常温かもしくは少し温めたスポーツドリンクや経口補水液などをきちんと摂取して脱水症状にならないように気を付けましょう。

それともう一つ。
下痢は無理やり止めてはいけません。

激しい下痢がつらくて市販の下痢止めなどの薬を飲みたくなってしまうと思いますが体内の毒素を十分に出し切るため下痢止めは飲まず我慢しましょう。

食事は無理に取らず胃の中は空っぽにしていて問題ありません。

あまりにひどい症状の時には無理をせず専門の医師にかかることをおすすめします。

関連記事)牡蠣はいつから食べられる?離乳食には?

参考文献
ノロウィルス・貝毒:厚生労働省HPより
腸炎ビブリオ:平成 21 年度食品安全確保総合調査 「食品により媒介される感染症等に関する文献調査報告書」

まとめ

  • 牡蠣の食あたりの原因にはノロウイルス・貝毒・細菌(腸炎ビブリオ)の感染などがある
  • 共通して出る症状は激しい下痢と嘔吐!
  • 潜伏期間が短いものは貝毒の可能性がある、その次が細菌感染でもっとも症状が遅いのがノロウイルス
  • 回復期間は原因によって違うが概ね3日程度で治まる
  • 食あたりになったら何があっても水分補給は欠かさずに!脱水症状に注意する!
  • 症状が出ている間は市販の下痢止めは飲んではいけない。毒素はすべて排出しましょう!
  • 無理に食事はとらずに胃の中は空っぽに!
  • 予防するには十分に加熱すること!加熱しても貝毒にはきかないためその点だけは念頭に!

生で食べるとおいしい牡蠣・・・あたってしまったらひどい目にあいますね。

でも、おいしいからやめられない。

いつ食あたりになるかわからないことを念頭に置いて生牡蠣はたべるようにしましょう。

もしお子さんに与える場合には十分に加熱処理をすることを忘れないでください。

それだけでも感染のリスクが減ります。

おいしく・楽しく牡蠣をいただくためにもひと手間は惜しまずにしましょうね。

Sponsored Link


関連記事はこちら

注目コンテンツ

買い忘れはありませんか?