Cause baby Eye-catching image

 

赤ちゃんって放っておいたらたくさん寝てしまう子もいるんですよね。私の娘はまさにそんな赤ちゃんでした。朝にも寝て、昼にも二回昼寝があって、夜も軽く寝て、8時に就寝というときもありました。

「こんなにたくさん寝ても大丈夫なのかな?」っと、悩んだ時もありました。私の経験も含めて、赤ちゃんを起こす方法起こすポイント起こす目安などを書いていきたいと思います。

赤ちゃんを起こす方法は?

ママ Aさん
赤ちゃんを起こす方法について知りたいのですが…。

クマの子クマ子
はい!赤ちゃんを起こす方法について書いていきますね。

赤ちゃんの起こし方は?

赤ちゃんを起こすのってどうしたら良いんだろうとお思いの方に起こし方をご紹介します!

akacyan1

赤ちゃんの起こし方

  • カーテンを開けて日の光を取り込む
  • 足裏を指圧する
  • 足裏をこそばす
  • おむつを替える
  • 顔を水で濡らしたガーゼなどで拭く
  • 口の回りを刺激する
  • おっぱいを近づける
  • お風呂に入れる

色々な方法がありますね!色々試してみましょう!あなたの赤ちゃんに合うものが見付かるはずです。

関連記事:赤ちゃんは朝起こす?いつから?

では、起こし方は分かったんだけれど、だいたいの平均睡眠時間も知りたいですよね。「平均睡眠時間を知って、起こすタイミングを考えたい!」とお思いのママの為に、次の項目でまとめましたので参考にして下さいね。

スポンサーリンク

赤ちゃんの睡眠時間とは?

新生児の頃は1日のうち8割は寝て過ごします。そして、生後6ヶ月くらいで起きている時間と寝ている時間が半分ずつくらいになります。それとともに昼と夜の区別もつき、夜にまとまって寝てくれたりもします。

このころからリズムが出来てくるので、食事をする時間やお昼寝をする時間など、だいたいこのくらいの時間にするという時間設定もある程度決めてる方が良いでしょう。

クマの子クマ子
だいたいの1日の平均睡眠時間をまとめてみました!

 

  • 生後0~3ヶ月頃は14~20時間
  • 生後4~6ヶ月頃は13~16時間
  • 生後7ヶ月~一歳頃は11~14時間

 

赤ちゃんって結構寝るんです!もし、寝すぎで心配されていたママもこの時間を見れば安心されるかもしれませんね。

そもそも赤ちゃんて起こしたほうがいいの?起こすポイントって?

放っておくと、永遠と眠るんじゃないんだろうかと思う赤ちゃんをお持ちのお母さんもいると思います。私の娘はそこまででは無かったのですが、結構寝ていた子なので、寝すぎなんじゃないかなっと常に感じていました。

そういった場合、起こした方がいいのか起こす場合のポイントなど気になることがたくさんありますよね。今回の項目はそちらを書いていきたいと思います。

赤ちゃんって起こした方がいいの?

赤ちゃんに生活リズムをつけさせようとすることを意識されるお母さんも多いはず!私もその一人でした。でも、娘はよく寝るので、育児書に書かれている睡眠時間ではとても眠そうにしていました。

眠そうにしているのに生活リズムを整えようと育児書の通りにするのはあまり良くないと思います。大人でもよく寝る人もいれば、明石家さんまさんみたいにあまり寝ていない人(TVでご自身でおっしゃっていました)もいるわけなんですよね。大人でも睡眠時間の差があるのに、子どもにだってあると思います!

ではどこを基準に起こした方がいいのか、起こさなくてもいいのかを見極めるのかについて下にまとめてみました。

赤ちゃんねんね1

体重は増えているか

睡眠時間が長くなると授乳回数が減ります。それで、体重があまり増えていないお子さんは起こして授乳したほうが良いでしょう。

おしっこの量や回数が1日10回程度か

上でもふれましたが、睡眠時間が長くなると授乳回数が減ります。授乳回数が減ると脱水症状になっていないか気を付ける必要があります。おしっこが1日10回程度が理想ですが、少なくとも7~8回程度はしているかチェックをしておきましょう!

おむつ

ママの母乳のトラブルがあるか

赤ちゃんはよく寝てくれていて、おしっこもよくするし体重も増えているという場合でも、ママの母乳のトラブルには十分注意してください!

よく起きるのが乳腺炎たくさん寝てくれる赤ちゃんを持ったり、お母さん自身がよくおっぱいが出る方に多いそうです。

乳腺炎はとても痛いですよ!私はウイルス性の乳腺炎になったことがありますが、胸は痛いし、40度の高熱が出て、寒気がしたりしていたのでとても辛かったです。そうならない為にも頑張って予防したいですよね!

関連記事:赤ちゃんが寝過ぎで起きない!病気がかくれていることも?

赤ちゃんねんね2

どれくらい寝てたら起こしたほうがいい?起こす時間の目安は?

上の項目では体重やおしっこの量に問題が無ければ、起こさなくてもいいよという内容で書いていましたが、本当に寝すぎな子はそれでも良いのか心配になりますよね。

赤ちゃんは6ヶ月~1歳くらいになると水分の問題だけでなく、生活リズムの乱れも心配になってきます。以下の場合は起こす方が良いでしょう!

  • 3時間以上お昼寝をしているとき
  • 夕方になっても起きないとき

この時は夜に眠れなくなったり昼夜逆転になってしまう可能性があります。

私の娘は夜に遊んで1時間以上も寝てくれないときがありました。そうなるとママやパパがしんどくなります。

スポンサーリンク

夜中の授乳はどうする?起こして飲ませる?

赤ちゃんの夜中の授乳は嫌ですよね。特に冬は嫌でした。そして、寝ている子を起こしてまで授乳となると本当にしんどいですよね。

よく育児書や産婦人科の助産師さんに言われたりしたのが、3時間ごとの授乳です。前回の授乳が終わってから3時間ではなく、前回の授乳が始まってからの3時間。
赤ちゃんって産まれてすぐはあまりちゃんと飲めなくて、何度も右左交互に授乳させて、ママは30分も寝られないうちに次の授乳の時間が来てしまったということも少なくありません。

赤ちゃん授乳

そうなると、産後の体にはとても辛いですよね。でも、そんなママも安心してください!赤ちゃんの睡眠のリズムで授乳をしたらいいんですよ~♪

寝ている子を起こすという事はせず、起きた時にあげたら良いんです♪

赤ちゃんだってオムツが汚れていたり、お腹がすいたら起きます。その時に授乳をしてあげると赤ちゃんの睡眠リズムを崩さずにあげることが出来ます!

でも、そのやりかたがあまりオススメ出来ない場合もあります。以下にまとめました参考にして下さいね。

母乳トラブルには注意!

  • 乳腺炎
  • 時間があくと母乳が出なくなる可能性がある
  • 時間があくと母乳の味がおちる

上の項目でもふれましたが、母乳のトラブルには注意しましょう!出なくなりそうで心配な方や味がおちそうなくらい時間があいてる方、乳腺炎になった方などトラブルが予想される方は初めは三時間ごとに授乳してみましょう。慣れてから、徐々に時間をあけてみましょう。

クマの子クマ子
赤ちゃんを起こして授乳すべき時と寝かしてあげてるままで大丈夫な時の差がありました。私も起こして授乳していましたが、これを早くに知っていれば寝かしてあげるままでも良かったなぁと感じます。

まとめ

では、最後に今回の記事を簡単にまとめてみますね。

赤ちゃんを起こす方法
  • カーテンを開けて日の光を取り込む
  • 足裏を指圧する
  • 足裏をこそばす
  • おむつを替える
  • 顔を水で濡らしたガーゼなどで拭く
  • 口の回りを刺激する
  • おっぱいを近づける
  • お風呂に入れる

以下の場合は特に起こさなくてもいいでしょう。

  • 体重増加に問題が無い
  • おしっこが1日7回以上
  • お母さんの母乳トラブルが無い
  • 赤ちゃんが6ヶ月未満
クマの子クマ子
ママと赤ちゃんの一番いいやりかたが見つかるといいですね!
ママ Aさん
ありがとうございます!なるほど!無理に起こさなくても良いんですね。赤ちゃんが寝すぎだと感じた時に活用させて頂きたいと思います。

Byクマの子クマ子

スポンサーリンク

関連記事はこちら