It does not occur in sleeping too much Eye-catching image

赤ちゃんがよく眠ってくれると、ママは助かることも多いですが・・・

あまりに寝すぎると、なんだか心配になることもあるのではないでしょうか?

1日にこんなに寝ても大丈夫なの?

もしかして病気なのかも・・・

心配はつきませんよね。

 

そうなの。

うちの子、よく寝てくれるのはいいのだけれど、寝すぎな気もして心配で・・・

心配になる気持ちわかるわ。

その心配を解消するためにも、寝すぎの赤ちゃんに関する情報を集めたので紹介するわね。

それは助かるわ。

 

「まだ起きないのかしら・・・」

あまりにも赤ちゃんが寝すぎると、何か異常があるのかも?病気では?などなど心配が膨らむものです。

そこで今回は、赤ちゃんが寝すぎで心配なママのために、

  • 赤ちゃんの1日の平均睡眠時間
  • 授乳に関する疑問
  • 赤ちゃんの起こし方
  • 病気の可能性

について紹介します。


 赤ちゃんっていったい1日どれくらい寝るものなの?

赤ちゃんは1日にどれくらい寝るものなのかしら?

赤ちゃんが寝すぎで起きない

それでは、赤ちゃんの1日の平均睡眠時間を以下に紹介するわね。

赤ちゃんが寝すぎかどうかをチェックする目安として、赤ちゃんの平均睡眠時間を知ることは大切です。

もし、「寝すぎかも?」と思っていても、実際は平均睡眠時間である場合も。

心配な気持ちを大きくしないためにも以下の月齢別の睡眠時間を参考にしてくださいね。

生後0~1ヶ月

平均睡眠時間:16~18時間 

睡眠・授乳・おむつ替えを2~3時間おきに繰り返します。

睡眠時間が長い赤ちゃんは、20時間以上眠ることもありますよ。

逆に寝ない赤ちゃんは、12時間~14時間ほどの場合もあります。

以上の様に個人差があることも頭に入れておきましょう!

生後1~3ヶ月

平均睡眠時間:15~17時間 

この時期になると、お昼寝と夜の就寝というように寝ている時間と起きている時間がはっきりしてきます。

生後3ヶ月頃には、昼夜の区別がつかなかった赤ちゃんもこれらの感覚がわかってきますよ。

この時期から生活リズムを作るように心がけましょう!

生後3~6ヶ月

平均睡眠時間:13~15時間  

夜にいっぱい寝てくれるようになってきますので、ママも少し余裕を取り戻せる時期かもしれませんね。

お昼間たくさん遊ばせ、夜によく眠れる習慣をつけることで生活リズムも整ってくるでしょう!

生後6~12ヶ月

平均睡眠時間:11~13時間 

昼夜の区別がつくようになり、お昼寝の回数も午前と午後の2回ほどと少なくなってきます。

しかし、赤ちゃんの夜泣きが多くなりママには大変な時期かもしれません。

 

赤ちゃんの睡眠時間に関する口コミを紹介!

他の赤ちゃんの睡眠時間について気になるのだけれど・・・
それでは、赤ちゃんの睡眠に関するツイッターでの口コミも紹介するわね。

上の子と下の子でもこれだけの違い・・・

他の赤ちゃんと比べて心配することはないようですね。

 

 

こちらも同じようです。

よくありがちな事のようですね。

やはり兄弟でも個人差が・・・

睡眠時間も個性と受け止めると気が楽かもしれません。

 

 

次に、授乳に関する気になる点を紹介します!

授乳なしでも寝続ける赤ちゃん、起こしたほうがいい?

授乳時間なのに寝ている場合、起こした方がいいのかしら?
その対処のしかたは、ケースバイケースなんだけれど・・・

あまりに張ってしまってる場合は、起こして飲んでもらうほうがよいでしょう。

しかし、多くの場合、起こしてまであげなくても大丈夫なケースが多いですよ。

ただ注意が必要な場合も・・・

それは、しっかり体重が増えているかどうか。

生後3ヶ月頃には、授乳時しっかり飲めているからこそ、ぐっすり眠ってくれている可能性が高いです。

赤ちゃんの体重の測り方

 

うちの子は、生後3週間ごろから朝起きると前回の授乳から6時間経っていたり・・・

生後3ヶ月ごろでは10時間寝ていたりと・・・

大変不安になり、何度か病院へ電話で確認しましたが、聞かれることは毎回、

「体重は増えていますか?」

「飲まないということはないですか?」

というものでした。

 

 

この事からも言えるように、体重が増えていれば問題ないようです。

ただ、体重が増えていなくて寝続ける場合は、起こしてまで授乳が必要ですので、一度病院への受診をオススメします。

また、以下の場合も注意しましょう!
  • 乳腺炎である
  • 時間があくと母乳が出なくなる可能性がある
  • 時間があくと母乳の味がおちる

以上にあてはまる場合、「赤ちゃんの睡眠リズムで授乳」はオススメ出来ません。

母乳のトラブルなどが心配される方は、はじめは3時間ごとに授乳してみましょう。

そして慣れてから、徐々に時間をあけてみてください。

赤ちゃんの起こし方は?

どうやって起こすのがいいのかしら?
私のやっていた方法を紹介するわね。

我が家では、起きて欲しいタイミングではまず一番におむつかえをしていました。

最近では、これで起きてくれるようになりましたが、少し前まではおむつをかえても寝続けていましたよ。

赤ちゃんの起こし方

そんな時は、

  • 服を着替えさせる
  • 電気をつけてみる
  • カーテンを開ける

などが効果的でした。

赤ちゃんの起こし方についての詳しい記事もありますので、ぜひこちらも参考にしてください。

赤ちゃんが寝過ぎで起きない、考えられる病気ってある?

寝すぎ=病気の可能性もあるのかしら?
基本的には・・・

赤ちゃんが寝過ぎである=病気ということはありません。

ただ、注意が必要な時期はあります。

新生児(生後28日未満まで)の場合でしたら、

  • 発達障害・アスペルガー症候群
  • 新生児黄疸

などの病気の兆候の場合があるからです。

それでは、上記の病気の可能性についてそれぞれ説明します。

発達障害・自閉症やアスペルガー症候群

自閉症やアスペルガー症候群といった発達障害を持つ赤ちゃんは、睡眠に障害が出ることもあります。

神経が過敏であり、非常に疲れやすいため睡眠時間が長くなることがあるようです。

もちろん、よく眠るから発達障害があるわけではありません。

診断もない状態で心配する必要はありませんが、赤ちゃんの精神的発達が影響している場合もあります。

睡眠以外にも気になる点などある場合には、医師に相談してみるとよいでしょう。

新生児黄疸

黄疸が出ている新生児はよく寝る事があります。

その理由は、黄疸の症状を回復しようと、たくさん寝ることで体力を維持しようとしているからです。

新生児黄疸とは?

皮膚や白眼が黄色く見える状態を黄疸と言います。

これは血液中のビリルビン(赤血球が壊れたときにできる黄色い色素)の値が高くなるために起こる病気です。

ビリルビンの血中濃度が非常に高くなると、ビリルビンが皮膚や白眼・他の組織に沈着し、濃度が上昇するにつれ、まず白眼が次に皮膚が黄色くなります。

参照:MSDマニュアル家庭版・新生児黄疸

新生児黄疸の症状は?
  • 眼球結膜に黄染がみられる。
  • 皮膚の症状は、顔面からはじまり胸部・腰部・四肢末端へと順に広がっていく。
  • ごく稀だが、胆道閉鎖症をはじめとする胆汁うっ滞性黄疸の場合、胆汁排泄障害のため灰色~白色便や暗褐色尿がみられることも多い。

黄疸は、生後2~3日後に出現し4~6日に最大となり、7日以降に下肢から頭部に向かって消えてなくなります。

しかし、生後24時間以内に黄疸が確認される場合は、早発黄疸のリスクがあり注意が必要です。

参照:日本医事新報社 新生児黄疸(新生児高ビリルビン血症)・症状

 

上記の病気の可能性のほかに、

  • 起きているときでも常に眠たそうである。
  • 睡眠中に発熱している。
  • 普段から気になる仕草などがある。

ような場合は、かかりつけの医師に診てもらうようにしてください。

 

まとめ

今回のポイントのまとめ!
  • 赤ちゃんが寝すぎの場合でも心配ないことが多い。
  • なかなか起きない赤ちゃんは体重がちゃんと増えてるかどうかチェックすること。
  • 赤ちゃんが寝過ぎ=病気ということはない。
  • 新生児の場合は病気がかくれている可能性もあるので注意が必要である。

 

赤ちゃんが寝てくれると親は助かるのですが、「寝すぎでは?」と思うほどよく寝られると不安な気持ちも強くなりますよね。

そんな場合、今回紹介した赤ちゃんの平均睡眠時間を参考にしてみてください。

それでも心配な場合は、赤ちゃんの体重をチェックし、体重が増えていなくて寝続ける場合は、病院への受診をオススメします。

また、新生児の場合は、病気の可能性も考えられますので、その点も気をつけて様子をみるようにしてくださいね。

by.Yuitoman

関連記事はこちら