お出かけや家事をするにも必需品の抱っこひも

とても便利ですが赤ちゃんが落下してしまう事故が相次いだため、2015年5月から新基準が定められました。

今まで使っていた抱っこひもでは落下が心配。
新基準ってどんな基準?

これから抱っこひもを購入予定のママに、おすすめの抱っこひもを紹介します!


抱っこひも 新基準とは?

一般財団法人「製品安全協会」は抱っこひもの「安全商品(SGマーク)」の基準を厳しくしました。

抱っこひもを緩めた状態でもお母さんが前に屈んだときに落ちないことを基準としています。

メーカーには体全体を包む形にし、腰や足が動きにくくするように求められています。

取扱説明書には「落下に注意」ではなく、「警告・落下の危険性」と表記するように定められました。

これからの抱っこひも選び

これからの抱っこひも選びのポイントは「SGマークの表記があるかどうか」です。

SGマークの表記がある商品は基準を満たしているので安全に取り扱うことができます。

SGマーク付きおすすめ抱っこひも

napnapベビーキャリー

整体師、ママ、保育士が作った抱っこ紐です。

腰への負担が少ないのでママもラクチン。
もちろんSGマーク付きなので赤ちゃんも安定して安心に使うことができます。

スリーピングフードと背当てが全面メッシュなので、汗をかいても快適です。

落下防止対策の補助ベストで赤ちゃんが固定されているので、おんぶするときにぐらついて落ちたりする心配がありません。

日本人の骨格に合わせた設計なので、大きすぎず安心です。

ベビーブームキャリア

安全シートが付いているのでおんぶするときにずれて落ちる心配がありません。

安全シートとは赤ちゃんと抱っこひもをしっかり固定するように取りつけるシートです。

赤ちゃんの体を支えてくれるので安心です。

装着も簡単にできます。

スリーピングフード・ヘッドサポートも付いているので、背中から頭までしっかりと支えてくれます。

エリカランド ひもタイプ子守帯

昔ながらのひもタイプの子守帯です。

もちろんおんぶも抱っこもできます。

しっかりとした背当てで赤ちゃんの姿勢を保ってくれます。

大きなおしり受けで赤ちゃんもゆったりとラクにしていられます。

シンプルなひも結び式なので自分に合ったポジションに調節ができます。

最後に

これから抱っこひもの購入をお考えのお母さんはぜひ新基準を満たした「SGマーク」に注目してみてください。

うっかりして赤ちゃんが落ちてしまう悲しい事故をなくしましょう。

mkmmより

関連記事はこちら