赤ちゃんを迎えるにあたり出産準備で忙しくなりますね。肌着や布団など必ず揃えなくてはいけないものもありますが、「おくるみ」は揃えた方がいいのか迷いませんか?

私も最初の子供を出産した時、迷いましたが「持っていると意外に役立つよ」と友人に聞き、購入しました。

そこで、おくるみとは?どのくらい必要なのか、おくるみの使い道など、私の経験を通してお伝えしますので、購入される前に参考にされて下さいね。


おくるみ(アフガン)とは?

ママ Aさん
おくるみとはどのようなものですか?
先輩ママ Bさん
おくるみについてご説明します。
  • おくるみとは赤ちゃんが冷えないように包む布のこと

おくるみとは、赤ちゃんが冷えないように包む布のことで、四角い形がスタンダードですが、最近では色々な形があり、デザインも可愛らしいものがたくさんあります。

どうしておくるみを使うのか?というと、赤ちゃんは胎内にいる時、お母さんの子宮の中で羊水に包まれているため、おくるみでギュっと包まれると安心するんです。また、まだ弱々しい赤ちゃんに袖のある上着は着せにくく、サッと包めるおくるみは便利なんです。
067

関連記事)バスタオルを使っておくるみを手作りしよう!

おくるみはどのくらい必要?

ママ Aさん
おくるみはどのくらい必要ですか?
先輩ママ Bさん
必要な枚数をご説明します。
  • 1枚でも十分
  • 洗い替えに2枚あると便利

枚数的には1、2枚あれば十分な気がします。1枚でも大丈夫ですが、毎日使うのであれば洗い替え用にもう1枚あると安心です。主に寒い季節に活躍するので冬生まれの赤ちゃんには特に必需品です。

最初に使うのは、病院から退院するときにおくるみで巻いて家に帰宅する時ではないでしょうか。

うちも最初は退院時に使用しましたが、2週間健診、1カ月健診でも重宝しました。

おくるみは使い道色々!

ママ Aさん
おくるみの使い道は他にもありますか?
先輩ママ Bさん
最近では様々な形があるおくるみ。使い道は色々あるので、以下にご紹介しますね。

ちなみに形は、四角いもの、ミノムシ型(両足がすっぽり入る袋状のおくるみ)、両足が二つに分かれている形があります。

赤ちゃんを包む

066

まずは普通の使い方です。赤ちゃんを寝かせる時ギュッと包むと赤ちゃんが落ち着いてよく寝てくれたり、寒い日、ベビーカーで外出する時などに赤ちゃんを巻いてお出かけすると赤ちゃんもぽかぽかです。

足が分かれているタイプであれば抱っこ時にも使えます。

掛布団として

お昼寝した時の掛布団にしたり、車に乗った時チャイルドシートに座らせて上からかけたり、布団として使ってもいいでしょう。

床に敷く

私はよく床に敷いて使っていました。オムツを変える時に床に敷いたり、床で遊ばせる時に敷いたりしていました。

ベビー布団に敷く

065

ベビー布団はだいたい敷布団、防水シーツ、シーツをかけていると思いますが、おすすめはシーツの上におくるみを敷くことです。

赤ちゃんの時期はオムツが漏れたりすることが多々ありますよね。おくるみを敷いておけばシーツまで濡れないことも多いんです。そして布団が一気に可愛らしくなります。

私は、気分でおくるみを変えて布団の雰囲気を変えたりして楽しんでいました。

ママ Aさん
おくるみには赤ちゃんを包む以外にも沢山の使い道があるのですね。1枚あると何かと重宝しそうですので、出産準備として用意したいと思います。参考になりました。

関連記事)

  • おくるみは赤ちゃんが冷えないように包むもの
  • 1枚あれば十分、洗い替えに2枚あっても良い
  • 特に冬生まれの赤ちゃんの場合活躍
  • 最初は退院時に使用
  • 布団がわりとしてもおすすめ

出産祝いなどで頂くことも意外と多いおくるみ。赤ちゃんを包むだけと考えると使い道も限られてきますが、色々な使い道があると考えればやはり1、2枚はあってもいいかもしれません。

買わなくてもバスタオルで代用なんかもできますので、沢山買う必要はないでしょう。頂いたり、お下がりで貰えることもあるので出産前に揃えるならとりあえず1枚買っておけば安心です。産後、また必要だと感じたら買い足すようにするといいかもしれませんね。

By ichie0901

関連記事はこちら