普段はかわいくってしかたない赤ちゃん。でも夜はなかなか寝てくれない…。赤ちゃんが泣くと、ママまで悲しくなってきて一緒に泣く毎日。全然寝てくれなくてイライラしてしまうもうどうしたらいいの!などと困っていませんか?実は私自身もそうでした。

そこで、多くのママが抱える悩みを少しでも軽く出来ればと、自身の経験を通して特に5カ月位の子から寝かしつけに悩むことが多いので

  • 眠れる環境づくり
  • 眠れない原因は?
  • 寝かしつけの方法

以上についてご紹介したいと思います。


眠れる環境づくりが大切!

ママ Aさん
赤ちゃんはいつ頃から夜まとめて寝てくれるようになるのでしょうか?
先輩ママ Bさん
生後5ヶ月を過ぎたぐらいから生活リズムがだんだんと出来てくるので、その頃から夜寝てくれる時間が増えてくるようです。

これまでは昼夜問わずひたすら寝ていることが多かった赤ちゃんも、生後5~6頃には、日中起きている時間が多くなり、夜まとめて寝てくれる時間が増えてきた、と感じるママも多いはず。

親の都合に合わせてちょっと夜ふかし…なんてことは避けて赤ちゃんのリズムに合わせましょう!

こういった生活リズムを毎日なるべく同じ時間帯に行うことが大切です。
  • 朝起きたらカーテンを開けて光を浴びせる。
  • 日中は一緒に遊んだりお散歩に出かける。
  • 夜は明かりを消して静かな部屋で寝かせる。

寝かしつけるとき、「もう寝る時間なんだ」と赤ちゃんに思わせる環境を作りましょう!

 

逕サ蜒・639706c1ba6fe0bbf040609011f25f11_s

 

関連記事)

 

どうして眠れないの?原因は?

ママ Aさん
赤ちゃんが眠れない原因には何があるのでしょうか?
先輩ママ Bさん
いくつかの原因が考えられますので、以下のリストを参考にして下さいね。
  • 体調が悪い
  • お腹がすいている
  • オムツが濡れている
  • 暑い?寒い?

体調が悪い?

熱がある、風邪をひいている、便秘でお腹が張っている、など体調は悪くありませんか?まだ言葉で伝えられない赤ちゃんが、苦しそうにしていないか普段からよく観察しましょう。

おなかがすいている?

大人だっておなかがいっぱいだと眠くなる、なんてことありますよね?おっぱいを飲みながら寝ちゃう赤ちゃんだって多いです。

寝る前にはおっぱいやミルクをあげて、おなかいっぱいにしてあげましょう。

オムツがぬれている?

オムツがぬれていてはやっぱり気持ち悪いもの。寝る前は特に、オムツはきれいに替えてあげましょう。

暑い?寒い?

お部屋の温度は適温ですか?室温はなるべく20~25℃くらいがベストです。

寝かしつけの方法

出産祝い

ママ Aさん
赤ちゃんを寝かしつけるよい方法はありますか?
先輩ママ Bさん
3つおすすめの方法がありますので、ご紹介しますね。
  • 抱っこやおんぶれゆらゆら
  • おしゃぶりを使う
  • ママの子守唄でトントン

抱っこやおんぶでゆらゆら

赤ちゃんはだっこされるのが大好き。やっぱりママのぬくもりを感じていたいんですね。スリング抱っこひもを使ってゆらゆらしているうちにいつの間にか寝ている…なんてできたら大成功です!

ただし布団に置くときにビクッと起きてしまうこともあるので注意!ゆーっくり、あせらず、寝付いてから置いてくださいね。

おしゃぶりを使う

おしゃぶりの使用には賛否両論、懸念される方もいますが、うちはおしゃぶり使ってますよ。

おなかがすいてなくても、ちゅぱちゅぱすると安心するみたい。おしゃぶりをすると一気に眠そうモードになってくれます。

ママの子守唄でトントン

赤ちゃんはママの声がわかります。歌いながらトントンしてあげると落ち着くのかも。

ちなみにうちは、「きらきら星」と「星に願いを」を永遠リピートしてます。

関連記事)赤ちゃんが心地よく感じる寝かしつけBGMは、ママの歌声

ママ Aさん
赤ちゃんの寝かしつけ方法、そして眠れない原因、共に大変参考になりました。
早速実行して、イライラしないママを目指そうと思います。有難うございました。

最後に

出産祝い

おんなじ5ヶ月の赤ちゃんだって、それぞれみんな違います。
うちの子の効果的な寝かしつけ方法を紹介しましたが、やっぱりみんながみんな、これで絶対寝る!というのはないんですね。でもきっとその子に合った寝かしつけの方法があるはずです。

最後に、一番大事なのは、イライラしないこと!だと、私は思います。ママのイライラは、赤ちゃんに伝わります。イライラしちゃう気持ちも、悲しくなる気持ちも痛いほどわかりますが…どうかおおらかな気持ちで、赤ちゃんと向き合っていきたいですね。

harurururuより

関連記事はこちら