毎年冬になると流行しだすインフルエンザ。
予防接種は任意ですが行えます。
流行してもかかるかかからないかはわかりませんが出来るだけ病気で苦しい思いをさせたくはありませんよね。

とはいえ、インフルエンザの予防接種はいつから受けられるのでしょうか?


予防接種は受けた方がいい?

chuusha

乳幼児にインフルエンザの予防接種が推奨される理由は乳幼児がかかると症状が重くなり重症化しやすいからというものです。

インフルエンザの予防接種については賛否両論あります。
受けてもまったく意味がない、むしろ打たなくてもいいという意見や受けておいた方がかかりにくいから受けておいた方がいいという意見があり様々です。

ここで知っておきたいのはインフルエンザの予防接種をしてもインフルエンザにかかる!ということです。

じゃあ何故打つの?意味ないじゃないか、と思うかもしれませんがインフルエンザの予防接種は予防も目的としていますがもしかかった時に、症状を軽く抑えるために打つのです。

予防接種をしているとしていない子に比べやはりインフルエンザにかかりにくい傾向にあるようです。

打つ、打たないは親の判断になりますが症状が軽く済むのであれば打っておきたいですね。

関連記事)乳児の予防接種前後のお風呂 入れる際の2つのポイント!

予防接種はいつから?

Baby 4

乳幼児の重症化が心配されるインフルエンザですが赤ちゃんはいつから予防接種を受けられるのでしょうか?

赤ちゃんのインフルエンザの予防接種は生後6か月から可能です。

ただし卵アレルギーがある子は受けられません。

赤ちゃんの場合、1回では十分な効果が期待できないため1回目の予防接種から2~4週間あけて2回打つと効果的です。

1歳前後になり、保育園に通っていたり上の子がすでに幼稚園や小学校などに通っていて心配であれば打っておいた方がいいでしょう。

我が家は2人兄妹ですが、上の子は幼稚園に入るまでインフルエンザの予防接種は受けたことはありませんでした。
しかし下の子が生まれ、上の子も幼稚園に通いだしたので二人とも接種しました。

予防接種の費用

任意の予防接種なので費用がかかります。
病院によっても差がありますが平均として1回3000円前後のところが多いようです。

それを2回、さらに兄弟がいれば倍になりますから受けるかどうかは慎重に決めたいところですね。

さいごに

毎年冬になると決まって流行りだすインフルエンザ。
親としては出来るだけかかってはほしくないですよね。

予防接種を受けることでかかる可能性が減るのであれば接種することも前向きに考えましょう。

by ichie0901

関連記事はこちら