小さい子供の食事にはかかせないエプロン

いろんな素材・形状が販売されていますよね。

私も今までいろんな種類の食事エプロンを使ってきました。

でも、すぐに汚れがついてしまったり、乾燥機には向いていなかったり。

ひっくり返すとポケットになる形状は、便利だけど早く乾かすにはいまいち。

これだ!と思うエプロンになかなか出会えませんでした。

 

そんな時、ちょっと頑張って手作りしたエプロン私のモヤモヤを解消してくれたのです。

 

今回は、市販のエプロンは悪くないけどもっとこうだったらな~といった思いを持っている方のお役に立てるかも?

ということで・・・

私が手作りしたエプロンの作り方を紹介したいと思います。


子供用食事エプロンを作るのに必要な材料は?

以下の材料を用意しましょう。
  • ナイロンタフタ
  • ナイロン製のバイアステープ
  • ワンタッチプラスナップ(※工具不要タイプ)
  • スナップパッキン(なにに使うかはのちほど)

材料

今回紹介するのは、「ナイロンタフタ」という撥水性がありラミネートよりも薄い生地を使ってつくるエプロンです。

ナイロンってなんか縫うのが難しそう・・・。
ナイロンタフタは生地が薄いことに加え、程よくザラつきがある生地なので綿生地などと同じような感覚で縫うことができるんです。

 

周りの縁もナイロン製のバイアステープを使います。

この2つを組み合わせることで、

  • 洗いやすく」
  • 「乾きやすく」
  • 「汚れにくい」

食事エプロンができますよ。

 

子供用食事エプロンの作り方!

では、作り方を紹介します。

 

STEP(1)型紙に合わせて生地を切る

型紙型紙

この食事エプロンは、切った生地の周りをバイアスで縫っていくだけなので正確性はそんなに重要ではありません

※ナイロンタフタやラミネートなど、撥水性のある生地にまち針を使うと穴があいてしまうので、型紙をおいたら重しを置くか、テープで型紙を固定して写しましょう。

 

STEP(2)バイアステープの長さを決める

切った生地に、バイアステープをクリップなどで留めていきます。

最初まできたら少し長め(+2㎝)にカットします。

バイアス

ここで、バイアステープについてポイント。

 

バイアステープをよく見ると、端が微妙にずれています。

幅の短いほうを表生地側にして使用すると、一気にミシンをかけても、縫い目が落ちることないんです。

バイアスポイント

 

STEP(3)バイアステープを縫う

生地の表側を上にして、バイアステープに生地をはさみながら端2mmの位置を縫っていきます。

最後は1cmほど内側に折りたたみ、はじめの部分に重ねて縫いましょう。

ミシン

カーブの部分はどうすればいいの?
 コツがあるのよ!

 

カーブを縫うのは難しいですが、一針一針ゆっくりと向きをかえながらミシンを動かしまょう。

私もカーブはまだうまく縫うことができず生地がよったりしますが、自分の子供がつけるものなので神経質にならずに「まっ、いっか」の気持ちで作ってます。

 

STEP(4)スナップボタンをつける

スナップボタンをつける場所に印をつけ、キリで穴をあけます。

ポケットになる部分4か所と、首部分2か所の計6か所。

スナップ1

 

プラスナップには、3種類の部品があります。

  1. 画鋲のような部品
  2. 凸部品
  3. 凹部品

スナップ2

1と2または1と3を組み合わせて使います。

スナップボタンの洋服があれば見ていただくとわかりやすいと思いますが、2つの部品を生地の両側から挟むことで片側のボタンが完成です。

また、プラスナップには使用できる生地の厚さが決められているので(今回使用したものは約0.8mm~1.6mm)その範囲外だときちんとボタンがとまらないことも。

上でも触れましたが、ナイロンタフタは薄い生地なのでそのままではプラスナップがうまく付けられません。

そんな時に便利なのがスナップパッキン。

 

スナップパッキンを使うことで、取り付け部分の厚みが調整されます。

プラスナップの取り付けは、

  1. 生地にスナップパッキンを貼り
  2. 表側から平らな部品を差し込み
  3. 裏側から凹凸部品を1つずつ置いてパチンと音がするまで指で押す

スナップ3

STEP(5)ボタンを留める

ボタンを留めて、くるりと返したら完成です。

完成

ナイロンタフタは、使い始めは少し張りがありますが、水洗いを繰り返していくうちにだんだん生地が柔らかくなっていきます。

生地を変えてアレンジ自在

食事エプロンを手作りされている方はたくさん!

凝ったものを作成している方も多く、関心するばかり。

そんな手作りエプロン、紹介します。

この投稿をInstagramで見る

 

2019年も9日ですが。。。 やっと初抜いしました😊 新調した【おりこうタオル】 次男も自分でご飯を、食べたくて エプロンないと凄いことになるので😂💦 今まで沢山のエプロンを使いましたが これが1番✨✨ 首回りはダブルガーゼでチクチクしないし、 タオルは100均のマイクロファイバータオル💡 ⇧醤油でもなんでも手洗いですぐ落ちるし すぐ乾くし、捨てやすい(笑) 初抜いなのに地味〜ですが、一番要るやつ😆✨ 外食の予定なくてもお出かけの日は エプロンとハサミ持参なので何枚あっても🆗 #ハンドメイド小物#ハンドメイド子供服#ハンドメイド好きさんと繋がりたい#おりこうタオル#食事エプロン#ミシン部#お食事エプロン

Miki*:..。♡︎*゚さん(@chou_chou.miki)がシェアした投稿 –

ちょうどよい大きさのタオルを使用すれば、首にかける部分だけ作ればいいので簡単ですね。

この投稿をInstagramで見る

 

食事用エプロン(^^) タオルとガーゼを合わせました。 くしゅくしゅタイプなので頭からかぶせても良いしスナップで付け外ししても(^_-) 丈が長いのでお洋服を汚しませんー✨ スナップ付けてポケットにする予定😉 タオル生地は今回日本製綿100%の既製品を買ったのですが、切らずに使ったので糸が解れることなく縫いやすかった!! ゴムの長さって結構難しいねー。長くなってしまい試作品1、2、3って感じ💦 しかし長男も次男もゴムタイプは好きじゃないみたい(-ω-;) #ハンドメイド#ハンドメイド好きさんと繋がりたい#食事エプロン#食事#離乳食#外食#ダブルガーゼ#国産#綿100%

苺hitoeさん(@ichigo_hitoe)がシェアした投稿 –

少し手を加えれば、ポケット付きも。

端の処理をしなくていいところがタオルを使うメリット。

市販でもよく見るポケット部分が2重になっているタイプ。

スナップボタンを使わなくてもポケットが作れます。

ラミネート生地はナイロンタフタより汚れが染み込みにくいので、より汚れを避けたい方にはオススメ。

生地に厚みがあるのでカーブを縫うのはより難しくなります。

この投稿をInstagramで見る

 

. 娘の#お食事エプロン 。 マールマールのエプロンドレスは 可愛すぎて普段使いには出来ず、 シリコンのエプロンは気に入ったものが 見つからなかったので 母に作ってもらいました。 毎日とっても役立っています。 . ただ娘が着ると給食のおばちゃん風。 椅子に座ると態度もでかそう。 可愛い生地にしたんだけどな。 割烹着風だからしょうがないか。 . 2枚目はトマトを食べさせられる娘。 3枚目はお魚を慎重に食べる娘。 . #食事スタイ #エプロン #食事エプロン #赤ちゃんエプロン #ベビーエプロン #離乳食 #離乳食初期 #手作りベビーグッズ #手作り赤ちゃんグッズ #ハンドメイド #handmade #handmadeapron #babyapron #baby #新米ママ #女の子ママ #赤ちゃん #女の子ベビー #親バカ部 #割烹着

Yumi Kurodaさん(@yumi81829)がシェアした投稿 –

袖までカバーしたいときは、やっぱり袖付が安心です。

私も袖付のエプロンを作ったことがありますが、バイアスに綿素材のものを使って作ったのですぐに汚れが付着しちゃいました。

 

我が家はこうやってフル活用!

ナイロンタフタの食事エプロン。

我が家ではほんとに大活躍。

どんな風に活躍してくれているか紹介します。

 

食器と一緒に洗えちゃう

後片付けのとき、食器を洗うついでに一緒に洗っちゃいます

洗った食器の上にかけておけば次の食事の時間までには乾いていますよ。

※カレーやケチャップなど色の濃いものは色が移ってしまうこともあります。

 

外食時は袋にいれて持ち歩く

外食時には、使い捨ての袋に入れて持ち歩きます。

たたむと小さくなるのでかさばりません。

なにかと荷物が多い時期には大事なポイント。

使い終わった後は、ウエットティッシュで拭いて袋へIN。

長時間持ち歩かないといけないときも、汚れが気にならず楽ちんです。

 

シリコン製エプロンを嫌がる子供に

下の子はシリコンエプロンを嫌がってつけてくれませんでした。

こぼしたもののキャッチ力や汚れのつきにくさでいえばシリコン製にかなうものはないと思いますが、つけてくれないならないのと同じ。

ただ、シリコン製はあの形状ゆえ

  • 外に持っていくとき荷物になる
  • ポケットの厚み分テーブルから体が離れてしまう

のが弱点だと思っています。

汚れを落としやすく、乾きやすいナイロンタフタの食事エプロンは、我が家ではシリコン製エプロンに「負けずとも劣らない」食事エプロンなのです。

エプロンのポケット部分をテーブルの上にのせてしまえば、テーブルクロス的な役割もしてくれますよ。

食事エプロンの他に小さな子供には必須のスタイ。

最後に

いかがでしたか。

市販でも同じような形状の食事エプロンはありますよね。

でも他の食事エプロンに比べて、種類が少なかったり、高かったりしませんか?

手作りエプロンのよいところは、自分好みの生地を選べたり、市販のものを買うより安く済むことが多いところです。

一見難しそうにみえますが、形状がシンプルなので作ってみると意外と簡単で時間もそんなにかかりません。

興味を持たれた方は是非一度作ってみてくださいね。


関連記事はこちら