七五三が近づいてくると、ママの服装のことが気になりますね。

私も着物にするか、洋服にするかかなり迷いました。

そんな七五三のママの服装について考えてみたいと思います。


着物の場合

子どもさんは写真館などで着物がレンタルできたりするので、
子どもさんは和装という場合が多いと思います。

そうなると、やはりパパやママも和装で行きたいという方も多いと思います。

着物を持っている場合

着物を持っている方であれば、ママだけでも着物を着たいものですね。

でも着物といっても着物にはいろいろと種類がありますよね。
素人には難しいものです。

七五三で着る着物は訪問着、附下(つけさげ)、色無地がよいとされています。

でも、着物を持っていても、自分が持っている着物の種類が分からない
という人はとても多いのです。

そういう場合は、着物を買ってくださった方に聞いたり、
販売店に問い合わせてみるとよいでしょう。

レンタルする場合

スタジオによっては着物をレンタルしてくれるところもあります。

ただし、撮影時のみで外出は不可という場合もありますので、
しっかりチェックしておきましょう。

着物の色は?

子どもさんの着物の色とかぶってしまったりということを心配される方が
多いのですが、気にしなくてもよいようです。

色もシックなほうがよいと思っている方も多いかもしれませんが、
お祝いなので、華やかな方がよいようです。

パパの服装

パパの着物は紋付の羽織と袴です。

色は黒・グレー・白です。

男性の和装はなかなかハードルが高そうですが、
七五三のよい思い出になりますね。

洋装の場合

ママの服装はワンピースやスーツなど着るのがよいでしょう。

入学式や入園式、卒園式などで着れるものを用意しておくと、一石二鳥ですね。

靴はつま先のあるものが無難です。

アクセサリーは控えめなものがよいですね。

髪型は和装の時ほどきっちりしなくても大丈夫です。

髪が短い方であればすっきりと整えるだけで十分です。

パパの服装はスーツがいいでしょう。

パパのスーツは落ち着いた暗めの色のスーツを着用するといいでしょう。

普段のお仕事でスーツを着用されている方であれば、そういったスーツで
十分です。

まとめ

七五三は、女の子なら3歳と7歳の二回、男の子は5歳の一回だけですが、
だからこそ、素敵な思い出を作りたいですよね。

洋装にするか和装にするか、迷うという方が多いですが、
それぞれの予算やライフスタイルなどに合わせて選択するとよいですね。

親御さんの着物のレンタルが写真館のみで外出不可という場合であれば、
それはそれで前撮りでは和装、当日は洋装といった感じで、両方楽しめます。

それもまたいい思い出です。

写真館によっては、平日の前撮りであれば、ママやパパ、祖父母の和装が
無料という特典があったりするので、
お近くの写真館の情報をチェックしてみましょう。

byさっちん

関連記事はこちら