最近、布おむつが見直されてきていることをご存知の方も多いかと思います。紙おむつと比べ、布おむつはゴミが出ない、環境に優しい、赤ちゃんとのコミュニケーションが取りやすい、などメリットがたくさんあります。

布おむつを使ってみたいけれど使い方がわからない、という方のために今回は布おむつの洗い方をご紹介します。


布おむつはつけ置き洗いをします

まず、バケツにお湯又は水を入れ、洗濯洗剤を溶いておきます。お風呂の残り湯を使うと経済的ですね。

洗濯洗剤は、赤ちゃんの肌着を洗うものと同じ洗剤を使います。赤ちゃんの肌は敏感なため大人と同じ洗剤では刺激が強い場合があるので、赤ちゃん用の洗濯洗剤を使いましょう。

  • アラウベビー洗濯用せっけん(サラヤ)
  • ベビーランドリーピュア(ピジョン)

などがおすすめです。

布おむつの洗い方です

汚れたおむつは、洗面所などで一度手洗いします。

おしっこの場合は水洗いだけでもいいと思います。

うんちの場合には、まずうんちをトイレに捨てます。うんちがきちんと固まっていない時はトイレに落とすのが難しいのですが、トイレットペーパーを使ってなるべくきれいにします。その後、石けんを使って軽く手洗いします。

この時の石けんは、何でも良いかと思います。ポンプ式のものであれば衛生面で安心ですね。私はいつも自分たちが手を洗うハンドソープを使ったりしていました。

洗い流したおむつはよく絞り、先ほどのバケツに入れます。

おむつ替えの度に、上記のようにつけ置きをしておきます。そして、朝、一度に1日分のおむつを洗濯します。

  1. つけ置きバケツの中身を洗濯機に入れます。
  2. 脱水コースを選び、脱水だけします。
  3. 通常のコースで、普段と同じように洗濯機を回します。

ただし洗剤は赤ちゃん用のものを使って下さいね。

布おむつを干す時は

布おむつは輪になっていますので、干す時はパラソルハンガーを使うのがおすすめです。ニトリなどで三段の物なんかも売っていますよね。

花粉や黄砂が気になるこれからの季節は部屋干しをする機会が多いので自立式のものが便利かもしれません。

新生児で殺菌が気になる時

産まれてすぐの赤ちゃんに布おむつをする時には衛生面が気になりますよね。天気の良い日に外に干して日光消毒できた日は良いのですが、部屋干しをした日は気になります。

そんな時はおむつにアイロンをかけましょう。ちょっと面倒ですが、生乾きのおむつもしっかり乾くし気持ちが良いですよ。

最後に

布おむつというと、大変、めんどくさい、などというイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。ご紹介の通り、ちょっと洗濯物が増えるだけです。

最近は、ちょっとした模様のついた可愛い布おむつもありますし、おむつカバーを選んだり作ったりするのも楽しいですよ。布おむつ、是非使ってみてください!

byこはる

関連記事はこちら