赤ちゃんができたかも・・と産婦人科に行って、「おめでとうございます!」と言われて、喜んだ直後に、「それで、どこで産みますか?」という話になることがあります。

子どもの数が減るのと同時に、産婦人科の数も減っているので、人気のある個人病院などでは、出産が分かってすぐに予約しないと満床になってしまう事も多いようですが、「どこで出産するか」なんて考えていないことが多いものですね。

出産をするには簡単に分けると、個人病院総合病院の選択があります。

私は、最初の子と2番目の子は総合病院で出産し、3番目の子は個人病院で出産しましたので、その経験を通してそれぞれの特徴やメリット、デメリットをご紹介したいと思います。

病院選びのお役に立てば幸いです。


総合病院はどう?

ママ Aさん
総合病院でのお産のメリットを教えて下さい。
先輩ママ Bさん
総合病院のメリットは、やはり「安心」でしょう。

お産には、トラブルが無いとは言えませんが、総合病院には、設備が充実していますNICU(新生児集中治療室)が備わっていれば、母子共に安心できます。

私が出産した時も、突然、緊急帝王切開が決まり、個人病院から総合病院に移されて出産した人がいましたし、個人病院で出産後、赤ちゃんにトラブルがあり、赤ちゃんだけ総合病院に移された人もいました。

ママ Aさん
総合病院のデメリットを教えて下さい。
先輩ママ Bさん
一方で、総合病院は地域の中核病院であることが多いため、研修医や看護実習生の数が多い事もあり、場合によっては居心地が悪く感じられる事もあります。

例えば、私が2人目の出産のときは、若い先生が立ち会いましたし、入院中、看護実習生の研修の相手をしてほしいと頼まれました。

若い看護実習生に血圧を測ってもらう程度なら、社会貢献として悪くない話ですよね。でも、
ちょっと難しい珍しい出産になってしまった人の話では、分娩台の周りに、たくさんの人が立ち会った中での出産となり、かなり気恥ずかしかったとのことでした。

関連記事)出産準備はいつから?何がいる?持ち物リスト

 

b0d76efaeb30b9152c3cce8075172e92_s

個人病院はどう?

wellness

 

ママ Aさん
個人病院のメリットを教えて下さい。

 

先輩ママ Bさん
個人病院でのメリットは、サービスに力を入れてある点です。

よくあるのは、食事が豪華だということ。
私も、総合病院の「いかにも病院食」を食べた後で、個人病院で、旅館で出るような豪華な食事が出てきた時は、総合病院で出産したことを、後悔したほどです。

マタニティヨガや、出産後のリラックスマッサージなど、女性心をくすぐるサービスも、揃えてあったりします。

ママ Aさん
個人病院でのデメリットを教えて下さい。
先輩ママ Bさん
個人病院は、人手不足が気になるかもしれません。

もちろん、総合病院でも、人手不足気味で、看護師や助産師は、いつもバタバタ動き回っていましたが、それでも大きな病院らしく、やるべきことが決まっていて、それらはきちんとこなしている印象でした。

出産後の母子の精神的、肉体的ケアのみならず、新米ママの心構えの指南なども、手厚い印象がありました。

しかし、個人病院では、たまたま出産が続いたという事情もありましたが、手産後の母子のケアは、かなり手薄な印象でした。
(3人目で、母子ともに健康だったので、ほおっておかれただけなのかもしれませんが。)

病院独自の方針も大切!

Baby 7

ママ Aさん
病院独自の方針も大切ですか?
先輩ママ Bさん
総合病院と個人病院の違いをご紹介しましたが、病院独自の方針も大切だと思いますよ。

私が出産した総合病院は、「母乳育児」に力を入れていて、母乳育児の大切さ、おっぱいマッサージ、退院後の心構え等々、あれこれたくさんレクチャーしてくれました。

一方の個人病院の授乳指導は、なんとか乳業の営業マンにまかせっきりで、試供品をたくさんもらえたのは良かったのですが、総合病院とのあまりの違いに、かなり驚いてしまいました。

また、出産時にパパの立ち会いを認めているかどうかを、気にする人もいるかもしれません。
お産の方針なども、病院によって様々異なるようです。

関連記事)立ち合い出産のメリット・デメリットは?

最後に

先輩ママ Bさん
今回のポイントのまとめ!

 

  • 総合病院のメリットは、安心できる点。
  • 総合病院のデメリットは、研修医や看護実習生の数が多い事もあり、場合によっては居心地が悪く感じられる点。
  • 個人病院でのメリットは、サービスに力を入れてある点。
  • 個人病院のデメリットは、人手不足な点。
  • 病院独自の方針も大切。

 

何を大事に思うかは人それぞれ違いますが、母子の安全面を重視すると共に快適なお産が出来るように全てにおいて納得できる病院を選ぶようにして下さいね。

 

ママ Aさん
妊娠は分かったもののどこでお産をするべきか悩んでいましたので、今回の情報が役に立ちました。まずは病院の方針をチェックして、実際に出かけて雰囲気も見てみようと思います。

by akikok

関連記事はこちら