小さな赤ちゃんにはあまり薬などは服用させたくありませんね。私自身、子供には自らの治癒力を大切にして病気に対する免疫をしっかりつけてもらいたいと思っているので、あまり薬を使いたくありません。そんな時に役立つのがアロマです。

風邪の感染予防や娘の喘息などで何度もお世話になりました。熱を出した時などにもおすすめです。看病疲れや育児疲れも癒されるので一石二鳥なんです。アロマオイルを使って、不快な症状を解消してあげましょう。

今回は赤ちゃんの鼻づまり、夜泣き、咳などの不快な症状アロマで解消する方法についてまとめてみました。お役に立てれば幸いです。


鼻づまりにぴったりなアロマオイル

鼻づまりがアロマで改善されるって本当ですか?
鼻づまりに効果的なアロマをご紹介します。

スイートオレンジ

鼻づまりにはスイートオレンジ精油が効果的です。大人であれば、ミントなどが即効性があるのですが、赤ちゃんには刺激が強すぎるので使用しないほうがよいでしょう。オレンジの香りならさわやかなやさしい香りが広がってリラックスできます。
oranges

先輩ママ Bさん
ディフューザーやアロマポットがなくても、大丈夫!熱いお湯をコップに注ぎ、精油を2.3滴たらすだけで芳香浴が楽しめます。

夜泣きにぴったりなアロマオイル

夜泣きにも効果的なんですか?
夜泣きにはラベンダーが効果的なんです。

ラベンダー

夜泣きにはラベンダーがおすすめです。ハンカチに2.3滴垂らして枕元に置くだけでも効果的です。

先輩ママ Bさん
ラベンダーはリラックス効果があるので、育児で疲れているママにも効果的なので一石二鳥ですよ。

風邪・風邪予防におすすめアロマ

風邪予防にもアロマって効くんですか?
風邪の改善や予防にも効果的なアロマがあります。

ティーツリー・真正ラベンダー

ティーツリーとラベンダーの精油には殺菌作用があります。風邪が流行りだす頃や、家族が風邪をひいている時にディフューザーを利用することで空気を清浄にしてくれます。
lavender

香りが強いオイルなので、薄い濃度で利用しましょう。

咳止めに効果的なアロマ

咳にまで効くアロマがあるんですか?
咳止めにはユーカリやベルガモットがおすすめです。

ユーカリ・ベルガモット

ユーカリやベルガモット精油には咳を鎮める効果があります。ベルガモットは柑橘系の香りでリラックス効果もあります。

先輩ママ Bさん
ユーカリは2歳以下の赤ちゃんには使用しないでくださいね。

赤ちゃんにアロマオイルを使用する時の注意点

ママ Aさん
赤ちゃんにアロマオイルを使う時に注意したほうがよいことはありますか?
先輩ママ Bさん
生後間もない赤ちゃんは、まだ目もよく見えていない分、嗅覚がとても敏感です。母乳を飲んでいる赤ちゃんは、服の上からでもママのおっぱいの匂いがわかるほどだそうです。なので、生後3ヶ月くらいまでは、それ以外の香りをむやみに嗅がせるというのは赤ちゃんの嗅覚を混乱させてしまうので、あまり使用しないようにした方がよいでしょう。

また、マッサージなどをする際には、マッサージオイルのみの方がよいでしょう。1歳を過ぎてオイルなどで希釈してマッサージに使用する場合は1%未満にしましょう。

赤ちゃんが避けたほうがよい主なアロマオイル

赤ちゃんの場合NGなアロマもあるんです。
  • 1歳まで   バジル レモン ラベンサラ シダーウッドなど
  • 2歳まで   ユーカリ シトロネラ レモングラス ローレルなど
  • 5歳まで   ローズマリー
  • 6歳まで   ペパーミント

AN034_L

関連記事はこちら

さいごに・・・

  • 鼻づまりにはスイートオレンジ精油
  • 夜泣きにはラベンダー精油
  • 咳にはユーカリ精油とベルガモット精油
  • ユーカリは2歳以下の赤ちゃんには使用しないこと
  • 赤ちゃんが避けた方がよいアロマオイルがある。

他にも赤ちゃんには使用しない方がよいアロマオイルがありますので、使用する際にはきちんと調べてから使用しましょう。アロマの力を上手に利用して、できるだけ薬を使わず不快症状を抑えることができるといいですね。

byさっちん

関連記事はこちら