赤ちゃんが産まれたら必要なもの、あれこれ思い浮かびますが、そのひとつに、抱っこひもがあります。
抱っこひもと言えば、私のお勧めは「スリング」です。

スリングについて紹介しますね!


スリングとは?

スリングとは、基本は一枚の大きな布です。

端にわっかのようなものがついているのですが、それに布を通し、引っ張って固定します。
布で大きな袋を作り、その中に赤ちゃんを入れる仕組みです。

慣れるまでは、不安定な状態で抱っこしているように感じ、心配になるかもしれません。
でも、慣れてしまえば、いいことたくさんの、優れモノです。

自由度が高い

スリングは、使い方の自由度が高いのが特徴と言えます。
まず、基本の抱き方をマスターしましょう。

赤ちゃんの両足でママの体をはさむように抱っこして、その形のまま布で作った袋に入れて、布の端を引っ張るだけ。
それだけで、赤ちゃんはしっかり固定されます。

産まれたばかりの赤ちゃんから、3歳くらいまで使えるのも、使い勝手の良さにつながりますが、新生児の抱っこには、少し注意が必要です。

産まれたばかりの、首が据わる前の赤ちゃんは、首や股関節に注意する必要があります。
足はM字型になるように抱っこしたり、首が後ろにぐらつかないように、布の位置に気をつけたりします。

慣れてしまえば、使い方は簡単だし、自由度はぐっと上がります。
例えば、ママからパパへの抱っこ変更も、簡単です。
パパの体型に合わせて、布をゆるめればいいだけです。

外を見たい時には、カンガルー抱きと言って、ママと同じ方向を向く抱っこに変えたり、寝てしまったら基本の抱っこの形に戻してから、布ですっぽり頭を覆い、暗くしてあげることもできます。

大きくなって、歩けるようになると、歩きたがるけれど帰りは抱っこ、ということが増えます。
その場合、大きめのストールのようにスリングを持ち歩き、ぐずったらすぐに抱っこ、ができるのも重宝しました。

とにかくおしゃれ

人と違ったものが欲しい人には、ぴったりかもしれません。
まず、他の人とかぶりません。

それに、洋服を選ぶように、好きな布のスリングが選べます。
布が変われば、印象ががらりと変わります。
赤ちゃんに合わせて、かわいらしいデザインでもいいし、ママの趣味に合わせて、シックな色を選んでもいいのです。
子育てが楽しくなるように、鮮やかな色を選んでもいいですね。

ちなみに私は、オシャレな友人に選んでもらった、和風模様のスリングを使っていました。
赤ちゃんのものは、ありきたりのデザインが多い中で、おしゃれな抱っこひもがオシャレで、とても気にいって、抱っこする時も楽しい気分が続いたのを覚えています。

おんぶには向かないかも・・

いいことずくめのはずですが、欠点もあります。
おんぶには向かないかもしれません。
おんぶもできるようなのですが、私にはできませんでした。

おんぶができないと、「泣いている子をおんぶしながら家事」ができないので、ちょっとつらいかもしれません。

とはいえ、自由度が高く、オシャレなスリング、お勧めです。
ぜひ、使って、その良さを体感してみてください。

by akikok

関連記事はこちら