Anesthesia in cesarean section Eye-catching image

 

出産の時、逆子や多胎、子宮のトラブルなどで予定帝王切開になったり、陣痛はあるものの、微弱だったりで緊急帝王切開になることがあります。

でも、時々麻酔が効きにくい体質の人がいます。実は私も麻酔が効きにくい体質で、一人目の出産時は産まれた感動よりも痛みで涙が出ました。

実際、私の周りには麻酔が効きにくく、帝王切開で痛かったという人が結構います。ネットで見ていてもそれで悩んでいる方が意外と多いのです。

今回は帝王切開での麻酔が効かない原因や対策私の体験談についてお話ししたいと思います。


帝王切開で麻酔が効かないことがあるって本当?原因は?

ママ Aさん
帝王切開で麻酔が効かないことがあるって本当ですか?
先輩ママ Bさん
帝王切開に限らず麻酔が効きにくい体質の人は多いです。

原因として有名なのはお酒が強い人に多いと言われています。アルコールの代謝酵素と麻酔の代謝酵素が同じだからだそうです。

私は今は全然お酒は飲みませんが、若かった頃、確かに強かったです。それでも飲み会に参加した時くらいしか飲んでいませんが・・・。

普段からお酒を飲んでいると麻酔が効きにくくなるという話もあるようですが、私は付き合い程度にしか飲まなかったのですし、もう十年以上お酒は飲んでいません。先天的にお酒に強い体質もあるということでしょうか。

私の場合(1人目出産時)

私の1人目出産時の体験についてもご紹介します。

teiousekkaiitami2

私は一人目出産の時、予定日超過で陣痛促進剤を使ったものの、陣痛が全く来ず、帝王切開になりました。

私は麻酔が効きにくい体質で、不妊治療の時の採卵と流産手術の全身麻酔では、眠ることができずずっと意識があって大変でした。

なので、初めての帝王切開では少し不安でしたが、まさかおなかを切るのに麻酔が効かないなんてことはないよねと思って手術に臨みました。

でも背中に麻酔の注射をし、しばらく経ってから先生が私の足を何かでつつきながら「これ感じる?」と何度か繰り返しました。私はつつかれている感じはするものの、少し鈍くなっているし、部分麻酔ってこんな感じなのかな?と思い、かなりつつかれている感じが鈍くなった時に「う~ん」と迷っていたら「効いてるね」と先生。

そうか、これは効いてるのか。と私は思っていたのですが、最初メスが入った時は痛いという感じはしなかったものの、子宮を切られ赤ちゃんを出す頃にはすでに痛みが強くなってきました

おなかを強く押され、先生が多分傷口から手を入れ取り出す感覚がわかり、しかも恐ろしく痛かったのです。そこからが地獄でした。痛いと言っているのにも関わらず麻酔の追加はなく、そのまま縫合。

縫合されている感覚も分かったので、そろそろ終わりだな・・・と思ったら、「はい、子宮縫い終わったからあとは皮膚ね」と。目の前が真っ暗になりました。やっと終わったと思ったのに、まだ皮膚が縫われてなかったとは・・・。

娘と対面した時には痛さで涙が・・・。感動の対面どころではありませんでした。

関連記事)帝王切開の痛みはいつまで続く?

麻酔が効きにくい体質の人の対策はある?

ninpu3

ママ Aさん
麻酔が効きにくい体質の人は何か対策がありますか?
先輩ママ Bさん
以下にいくつかのポイントをご紹介しますので、参考にされて下さいね。
  • 麻酔が効きにくい体質であることを伝える
    言いにくかったり、遠慮してしまいがちですが、きちんと伝えておきましょう。
  • 不安であるということを伝える
    以前にも他の麻酔で効きにくかった経験なども伝えたうえでとても不安であることを伝えましょう。
  • 具体的な対策方法を教えてもらう
    先生にどのようにして麻酔を効きやすくしてもらえるのか聞いておくと安心です。

私の経験から(2人目出産時)と今後のアドバイス

2人出産時のことについてもご紹介します。

私は一人目の出産で麻酔が効きにくいことを改めて実感し、二人目を妊娠した時にはまたあの麻酔が効かない恐怖を思い出して怖くなりました。一人目を帝王切開で産んだら二人目も帝王切開の方がよいと言われていたからです。

自然分娩もできますが、かなり危険を伴うとのことだったので、帝王切開に・・・と思うものの、やはり恐怖です。でも、手術日に先生が「何か不安なことはありませんか?」と聞いてくださったので、「麻酔が効きにくい体質で・・・」と言うとあっさり「じゃあ、効きやすくしてあげるね」と了解してくださりました。

手術室に入り、麻酔をかける時、「少し上の方を狙って麻酔入れるからね」と、多分注射針を上向きに入れてくれたようです。その後、手術台を頭側に傾け、念入りに「そろそろどう?これは?」と私の足を何かでつつきながら感覚を試してくれました。

麻酔が効きすぎると息ができなくなるので、そのあたりを気をつけながら息苦しくないか細かくチェックしながらの麻酔でした。

そうしてやっと麻酔が効いたことを確認して手術が始まりました。

すると、本当に快適で一人目では気づかなかった先生同士の雑談(笑)や看護師さんの声かけも落ち着いて聞いていられるほど余裕でした。

もちろん娘が出てきた時の声も落ち着いて聞くことが出来、娘が処置されている時なんて、皮膚をホチキスでパチンパチンと留められている音を聞きながら「あぁ、今皮膚を縫ってるんだな」と思いながら冷静に余裕で見ることができました。

術後も麻酔が切れるまでの数時間は痛みもなく、本当に快適な出産でした。術後、先生に「どうだった?」と聞かれたので「全然痛くなかったです」と答えるとこの先麻酔することがあるなら、上の方を狙って麻酔するといいよと教えてくださりました。

麻酔が効きにくい方は普通の人よりも少し上を狙って注射をしてもらうとよいようです。

関連記事)帝王切開後、2人目は自然分娩したい!リスクは?

ママ Aさん
帝王切開で麻酔が効きにくい場合があると聞いていたので、本当に不安でしたが、事前に先生に相談することで、不安が軽くなりそうです。そして、麻酔が効きにくいのなら普通の人よりも少し上を狙って注射をしてもらうという点も頭に入れておきます。役に立つ情報を有難うございました。

最後に・・・

58bd7f5994ee9df910fb4b3191712ae8_s

予定帝王切開の場合は特にバースプランを立てる時点で、先生に麻酔が効きにくいということを伝えておくと安心して妊娠期間を過ごせそうですね。

私はなんとなく先生に言い出しにくくて、手術当日にお願いしたのですが、もっと早く伝えておけば、不安な期間も短くてすんだのにな・・・と後になって思いました。麻酔が効きにくくて二人目を躊躇してしまっている方でも、先生に相談すればきっと快適なお産ができますよ。

一人目で痛かった分、次の帝王切開はとても楽に感じるので、得した気分になれますよ(笑)今妊娠中で麻酔が効きにくくて痛みが不安な方はぜひ先生に相談してみてくださいね。

byさっちん

関連記事はこちら