初産と限らず、2人目3人目。。。と上の子がまだ小さい場合も、出産前後を実家(または、義実家)でお世話になれるならば、疲れやすい身体には嬉しいですよね^^☆

私も、2度里帰り出産を経験しました。

その経験も踏まえて、今回は里帰り出産の時期について近場の場合と、遠方の場合に分けてまとめました


里帰り出産の時期は?近場ならいつごろ?

母体の状態にもよりますが、近場ならば、正産期に入る前の35週までに帰省されているのが安心です。

早産の心配がある場合や、多児妊娠の方はもう少し早めで30週を目処に里帰り先に着いているようにしましょう。

産院により、例えば31週を超えたら里帰り先(出産予定の産院)へ通院してくださいなど、指示があります。

○○週以降は出産予定の産院に通院の場合は、妊娠後期に入ると検診も1週間に1回になるためそれまでに帰省されると楽だと思います。Sky 5

里帰り出産の時期は?遠方ならいつごろ?

Airplane

ご実家が遠方の方は、飛行機や新幹線や、船を利用される場合もあると思うので、遅くても34週までが良いといえるでしょう。

国内線の飛行機の場合は、36週以降は医師の診断書が必要になります。予定日前後に搭乗される方はいないと思いますが、その場合医師の同乗が必要になります。

国内外共に、医師と航空会社への相談は必須といえます。

里帰り出産を終えて、自宅にはいつごろまでに戻ればいい?

Family (3)

2人目出産の時、母から「自分が動けるようになったら自分の家の方が楽になるよ」と言われ、最初は「いやいや(^^;)ちょっと甘えたいけどなっ☆」と思っていましたが、さすが母。

上の子が居て気を遣うのか、なんなのか、1人目の時は感じなかった「早くお家帰りたい…」を感じました。

出産から約1ヶ月後に赤ちゃんとママ、それぞれに1ヶ月検診があります。その検診でOKをいただけると、入浴も可能になり徐々に元の生活に戻れます。基本的には、それが済むと自宅に戻って大丈夫といえます。

帰宅時期がお盆や年末年始が重なるなどの場合は、新生児を連れて人ごみは避けたいので、ラッシュがすぎてからが良いでしょう。

お宮参りも出生から1ヶ月後ほどなので、ママの実家方面で行きたいのであれば、パパに迎えにきてもらった時にお宮参りを済ませてから帰宅。と、タイミングとが合えば良いかもしれないですね^^

里帰り出産でおさえておきたいポイントってある?

紹介状

それから!里帰り出産も帰省して急に産院に受診して!とはいきません。母子手帳を持ち受診していた産婦人科からの紹介状等が必要になります。

産院によっては、予約が必要なところもあります。早いところでは予定日が確定次第といったところもあります。早めに確認しておきましょう!!
里帰りまでで○○週までに1度受診しておいてくださいといわれる場合もあり

残されるパパ

papatodouga

そして、なんといっても気になる(心配な)のはパパ!!ではないでしょうか?!
うちのパパはというと、1人目の出産時は、学生時代に戻ったかのように自由になっていました(T_T)

立ち会ってはくれましたが、パパになった自覚は持ちづらかったのかもしれません。夜中の授乳事情、寝つき具合も、話してはいましたが自宅へ帰ってきて環境が変わり、敏感になった赤ちゃんにパパは余計あたふた!!よく話しておく必要があります。

でも、かわいくってず~~~~っと抱っこをしてくれていたのを覚えています。
今は、連絡をとる手段もたくさんあります、赤ちゃんのお世話に追われる日々ではありますが、パパにも育児の状況がわかるようにしておきましょう!

里帰り前に育児書をプレゼントしておくのも手かもしれませんね^^
もうひとつ、パパには赤ちゃんが帰ってくる部屋を、拭き掃除、換気もお願いして済ましておいてもらいました

義母も心待ちで居てくれていたので、パパと一緒にお家をピカピカにして待っていてくれました^^
帰宅して、すぐに快適に過ごせたのでとても感謝しています

最後に。

baby echo photo preservation8

わたしは、自宅が主人の実家ととても近く「こっちでも面倒みるよ~」と言ってくださっていましたが、初めての出産。やはり自分も母の近くに居たいと思い(ママになる自分が^^;)実家へ帰省させてもらいました。

主人の両親とは仲良しで、とても楽しみにしてくれていたので心苦しかったですが、快く送り出してくださり更には、帰宅するわたしたちを迎え入れる準備をすべてしてくださっていたことには本当に感謝しきれません。

実家、義実家、パパ、家族み~んなの協力があって成り立つ「里帰り出産」だなぁと実感しました。

よく、話し合いお互い気を遣わず、あれやこれや教わったり相談し、心穏やかに育児できるのが里帰り出産の意味だと思いますよ!

by mk1919

関連記事はこちら