ままごと遊びも好きだけど、我が家の娘は“本物のお料理”がやっぱり大好き。危ないし、まだ小さすぎるし、ママはちょっと面倒くさいし。。。

色々あるけどメリットも多い、子供の料理のお手伝い。

今回は、子供の料理のお手伝いについて、ご紹介してみます。ぜひ参考にしてください。


子供の料理のお手伝い、メリットは?

子供に料理のお手伝いをさせることには、実はいいことがたくさんあります。

  • お手伝いを通して、親子のコミュニケーションを深める
  • 子供の食への興味が広がる→初めての食育体験
  • 手や指を動かすことで、脳に刺激をあたえ、脳の発達を促す
  • 真剣に取り組むことで集中力が養われる

cooking1

何も、切ったり焼いたり煮たりするだけが料理ではありません

ほんの小さなお手伝いでも、本人はままごとではなく、“本当の料理を作った!”という満足感を味わい、自信にもつながります。

簡単なお手伝いであれば、2歳くらいからでもできるものがたくさんありますので、ぜひ親子で取り組んでみてください。

子供の料理のお手伝い、いつからできる?どんなことから始めさせればいい?

子供の料理のお手伝いは、実際どんなものがあるのでしょうか。年齢別にまとめてみましたので、参考にしてみてください。

<2歳>
レタスを千切る。野菜を盛り付ける。
サンドイッチなど、パンにハムを挟む。箸などを配膳する。
<3歳>
粘土の要領で生地をこねる。じゃがいもや人参など、野菜を洗う。
プチトマトを“2個ずつ”お皿に盛り付ける(数のお勉強にもなります)。
<4歳>
泡だて器を使って食材を混ぜたり、肉団子を形成したり。
4歳くらいになると、「生のお肉は食べられない」など、料理のルールが理解できるようになるので、幅も広がってきます。
<5歳>
包丁を使って実際に食材を切ってみる。
ホットプレートで焼いてみる。

<小学生> 小学生になったら、簡単なものは自分ひとりで最後まで作ってみよう。 親は口を出さずに見守って!

子供の料理のお手伝いにおすすめの道具ってある?

今はおもちゃ屋さんでも、幼児用のグッズがたくさん売られています。一番よく目にするのが、3歳くらいからのファースト包丁です。

anayuki2

娘も3歳になるすこし前くらいから、アナ雪のファースト包丁デビューをしました。この包丁は、刃先と刃元を丸くした上、実際には刃がついていないので、切れません!

バナナやキウイなどは圧力で切れてしまいますが、すこし硬いものだったりすると無理です。なので、見た目はかなり本格的なのですが、指は切れません

娘は“トントンできた!”とかなり満足していますので、幼児にもおすすめできます。ただし、あくまで包丁ですので、すぐそばで見ててあげてくださいね。

子供と一緒に作れるメニューは?

では、子供と一緒に作れるメニューにはどんなものがあるのでしょうか。

★未就園児ですと、サンドイッチや、ラップで包んだおにぎりピザのトッピングの盛り付けクッキーの型抜きやパンの形成なども、楽しくやってくれます。

★園児くらいになると、ホットケーキを作ったり、簡単な炒め物であればできてしまいます。

★小学生になれば、カレーライスなどにも挑戦したいですね。

cookie3

現在3歳1ヶ月の娘は、夫の休みの朝は、いつも夫とふたりでホットケーキを作ってくれます。焼くのはまだ危ないのでさせず、卵を割ったり、牛乳を入れたり、混ぜたりしてくれます。

作る娘も楽しいし、食べる私も楽しいです。

最後に

shokuiku4

幼児に料理をさせるのは、実際すこし面倒なところがあります。本人がやる気でも、ママの気が乗らなかったり。

でも、子供自身が自分で作ったり、並べたりすると、嫌いなものでも進んで食べてくれたりします

褒めればどんどんやる気になって、率先してやってくれます。ママの気持ちに余裕のある時などに、遊び感覚で始めてみるのもいいですね。

by lulemon

関連記事はこちら