暑い時期は、熱中症対策の為にも水分補給が必須ですよね。幼稚園や保育園でも、自宅から水筒に、水もしくはお茶を入れて行くところがありますが、みなさんは、どのような水筒を持たせていますか?

ちなみに娘が通っていた幼稚園では、コップ型のノンキャラクターで、首から下げられる紐付きの物、という指定がありました。コップを利用して飲む方が衛生面で良いということかもしれません。

ですが、子供はストローで飲むのが一番楽なようです。

保冷出来るタイプや常温タイプの物などなど、多くの種類が発売されています。私自身、成長に合わせて、ついつい色んな水筒を買ってきました。

今回は、幼児~小学生向け水筒のストロータイプを紹介させていただきます。参考にしてみてくださいね。


水筒の飲み口の種類とは?

  • コップ型
  • 直飲み型
  • ストロー型

大きく分けて3種類です。

コップ型と直飲み型の2WAYセット、といった便利な商品もあります。シーンに合わせて使い分けられるのも、助かりますね。

子供の水筒ストロータイプ キャラクター

シリコン製ストローホッパー水筒

特に幼児のお子様にとっては、キャラクター商品が一番好きだと思います。どのキャラクターを選ぼうか、悩んでしまいますね。

子供の水筒ストロータイプ ノンキャラクター

ED・EMBERLEY(エドエンバリー)

絵本作家が描くイラストが、とても可愛らしいワンタッチストロータイプです。
サーカス、動物、乗り物と3種類あるののも嬉しいですね。

Hanna Hula(ハンナフラ)

 

こちらは、いちごと乗り物の2種類。同じ乗り物でも、それぞれ印象が違うので、お好みに合わせて選んでみては?

子供の水筒ストロータイプ 無地

ピクニカ370

こちらは、安心の日本製です。

無地なので、お子様の好きなシールなどを貼るなどアレンジをして、個性を出しても面白いですね。

無印良品

suitou-2.jpg

飲み方が変えられる水筒・ストローセット
価格1,500 円 容量:450ml
こちらの商品の優れているところは、色のシンプルさと別売りの飲み口を購入すれば、3WAYが可能ということです。飲み口のみが単品で販売(700円)されているので、後から購入して飲み口を交換できるのも助かります。

子供の水筒ストロータイプ 2WAY

はらぺこあおむし

しかけ絵本で有名な絵本作家エリック・カールの「はらぺこあおむし」の世界が、水筒になって登場しました!

 

子供の水筒ストロータイプ 変わり種

クラッシックプーのボトルホルダー

珍しいプーさんのスポーツボトルです。従来の水筒と比べ、若干水漏れが心配されますが、とってもかわいいので、子供たちも進んで水分補給をしてくれそうです。ひねるとストローが出てきます。

まとめ

お気に入りは見つかりましたでしょうか?小学生になっても使用をお考えの方には、やはりノンキャラクターをオススメします。

そして、保冷・保温付きの魔法瓶だと、どうしても重くなってしまい、結局自分で持たず、親が水筒を持ち運ぶことにななるので、幼児向けには常温タイプで良いと思います。

マグより水漏れしにくいので、よちよちあんよのベビーにも、ストロータイプの水筒がおすすめです。

Mimosa

関連記事はこちら