酒粕の知名度も、ここ数年で大きく上がって来ているのではないでしょうか。その要因は、その栄養分の素晴らしさと、効能の広さにあると思われます。

最近は、その価値が見直されて来ており、人気の発酵食品となりました。その為に、酒粕の専門店などもある様です。

今回は、そんな人気の酒粕の効能やお肌への効果をまとめてみました。


酒粕の効能は?

酒粕の成分には、たんぱく質、繊維質、炭水化物、ビタミン類、カルシウム、カリウム、リン、マグネシウム、亜鉛,酵母などの多くの栄養素が含まれています。その為、広い範囲で、色々な効能をきたしています。

以下にいくつかの例を挙げてみます。

レジスタントプロティン

酒粕の有効成分レジスタントプロティンには、高い性能を持つ脂質吸着性能があり、小腸内にある脂質がこれに吸着されて体の外へ排出されます。この為に、腸内にある余分な脂質やコレストロールを排除してくれる役目を果たし、コレストロール値が下がったり、便秘の改善へも繋がります。

がんに対する抵抗作用への期待

血液中には、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)と呼ばれるリンパ球の一種があり、これはがん細胞と正常細胞を判別でき、がん細胞のみを無くす事が可能です。

酒粕には、このNK細胞を活性化させる作用がある為に、がんになりにくい体質を作ることへの期待が持たれています。

Sake 2

他にも、酒粕の効能から期待できる事は数多くあります。

  • 糖尿病予防
  • 高血圧の抑制
  • 脳梗塞の予防
  • 肥満予防
  • 狭心症の予防
  • 動脈硬化の予防
  • アレルギー体質の改善
  • 健忘症予防
  • 美白効果

等が挙げられています。

酒粕の効能 肌への効果は?

前にも述べましたが、酒粕により、お肌に良い効果が期待できるようです。これは、女性にとっては大変嬉しい事ですね。

美肌効果

酒粕の成分は、お肌の保湿、保温に優れています。その為、入浴剤としてお風呂に入れることで、体が温まるのはもちろん、お肌の乾燥が改善される効果が高いようです。
又、皮膚の表面温度を上げてくれる為に、毛穴を開き、毛穴に詰まっている皮質や、老廃物を取り除いてくれます。

さらに、新陳代謝も良くなり、アトピー性皮膚炎や、吹き出物などにも良い効果が期待できるようです。

美白効果

お肌に大敵のシミやソバカスは、皮膚のメラニン色素の沈着により出来てしまいます。その、メラニン色素を作り出す酵素の働きを阻止してくれる遊離リノール酸が、酒粕には多く含まれていますので、美白効果が大変高いとされています。
Skin care

最後に

酒粕と言う名の通り、お酒を作る工程において、本来不要とされた存在が、この様に注目を浴びるようになるとは、『酒粕』も考えていなかったのではないでしょうか。(笑)

そのブームに乗って、随分と消費量も伸びているようですが、ブームに終わらずに、末永く日本人の食文化に根付く事を願っています。

あやより

関連記事はこちら