妊娠、そして出産するという事は女性のみに与えられた素晴らしい経験です。

しかし、そこに至るまでに大変な苦悩を経験された、又はされている方も沢山にらっしゃると思います。

不妊の一つの原因として挙げられる、子宮内膜症
耳にされた事もあるのではないでしょうか。

今回は、その病気への知識を少しでも広めて、早期発見、不妊の改善に繋がればと思っています。

スポンサーリンク

子宮内膜症の症状は?

20-30代の女性に多い病気と言われています。
ちょうど、女性が妊娠、出産を望む時期にも重なりますね。
その為、早期に発見されて、早めに治療が始められる事が大切です。

以下に主な症状を挙げてみました。

  • ズキズキしたシャープな痛みを感じ、その痛みが長く続く。
  • 月経痛に似ているがそれ以上に強い痛み、吐き気、気分不快をもたらし、日常生活、お仕事などにも支障が。
  • 子宮内膜症の起こっている場所で違う症状が。
    ―直腸の近く=排便通、下痢を起こしやすい。
    ―膀胱の近く=膀胱炎に似た症状が出てきて、排尿痛、頻尿、血尿。

妊娠の可能性は?

子宮内膜症は良性の腫瘍という事ですので、腫瘍の箇所が骨盤内の臓器に癒着して肥大すると妊娠できづらい状態を生んでしまいます。

しかし、治療や手術により妊娠も、出産も可能になります。

主な治療法

  • 鎮痛剤で痛みを抑える
  • ホルモン剤で病巣の部分を一時的に小さくする方法
  • 低用量ピルで月経量を減らす方法

 

手術法

  • 保存手術=子宮内膜症の病巣のみを取り除く。
    高周波で子宮内膜症を凝固したり、腹腔内を洗浄することで、妊娠をしやすく出来る。
  • 腹腔鏡手術=病巣の箇所を焼いたり、癒着をはがす事で妊娠への確率を高める。

他には、子宮内膜症が進行していたり、癒着により卵管が閉塞している場合や、人工授精を繰り返しても妊娠できない。
その様な時には、体外受精を考慮する方法もあるようです。

子宮内膜症を患う事で、卵巣の機能は低下してしまい、体外受精にも影響を及ぼすようですので、早目の決断が必要になります。

また、子宮内膜症と診断されても、卵管に異常が無く、その他の不妊の原因が無ければ、自然妊娠は可能です。

もし、少しでも疑わしい症状が自覚された時は直ぐに婦人科のある病院へ行かれて診察を受けて下さい。

スポンサーリンク

最後に

子宮内膜症は初潮を迎えて、生涯の月経量が多くなるほどそのリスクが高くなると言われています。

妊娠という期間を通して、月経も一時的に止まりますし、妊娠を繰り返すことで、リスクも軽減されるようです。

しかし、一度患ってしまうと完治が難しく再発の可能性もあるようですから、日頃から、規則正しい生活を心掛けて、自分の健康状態と良く向き合う事を忘れないで下さいね。

あやより

スポンサーリンク

関連記事はこちら