皆さんは、初めて産婦人科を選ばれた時、どのようなことを基準にして選ばれましたか?

人生の中で、お産は何度も経験出来るものではありません。

ですから、後悔のないように、満足のいくお産が出来るようなバースプランを立ててくださいね。


私の場合

IMG_20150310_0001

【分娩方法】

  • 経腟分娩・・特に問題のない場合の分娩方法です。
    産道を通り、膣から赤ちゃんを産みます。
  • 帝王切開・・帝王切開には、あらかじめ経腟分娩が
    難しいとされた予定帝王切開と妊娠中や分娩中に
    問題があり、緊急で行う緊急帝王切開があります。

なるべく、体に負担のかからない経腟分娩が出来たらいいですが、ママと赤ちゃんを守るために必要な時もあります。

ですから、少し帝王切開もあるかもしれないとバースプランに書き留めておくことも大事なことです。

【分娩時のスタイル】

昔の産婦人科でのお産は、分娩台に寝て、お産をするのが一般的ではなかったでしょうか。

しかしながら現在は、自分が楽だと思う姿勢で出産することが可能な産婦人科が増えてきました。

膝を立てて、パパの首につかまりながらのお産や、四つん這いになってのお産など様々です。

その他、座って出来る座位分娩や、浮力を使った水中出産などもありますが、こちらはそういった設備がないと難しいのも事実です。

私も、次女の時に水中出産がしたかったのですが、自宅のお風呂は殺菌出来ないので無理でした。

どうしても、そういった出産がされたいのでしたら、必ず確認してから受診されてくださいね。

【自宅出産について】

自宅出産の利点は、病院に移動することなく、自宅で家族と温かいお産が出来ることだと思います。

検診もきちんとした検査がある時以外は、助産師さんがきて自宅で検診してくれます。

しかしながら、自宅出産はリスクを伴うことも忘れてはいけません。

自宅出産しても大丈夫という承諾を産婦人科の先生にもらった上でのお産になります。

また、お産の際は、

  • 必ず2名以上の助産師さんがいること
  • もしものことがあった場合すぐに搬送できる病院があること

などをきちんと把握しておかなければなりません。

助産院でのお産も同じことが言えると思います。

【まとめ】

出産には、色々な方法があります。

私の場合、長男は色々な都合で近所の産婦人科しか選べませんでした。

産婦人科も調べれば、良いところが沢山あります。
長男の時も、満足行くお産のために病院探しを諦めず頑張ればよかったと後悔しています。

満足いくお産のために、自分にとって何が重要なのかバースプランを立ててみて下さいね。

良いお産になりますように。

by keally

関連記事はこちら