妊娠中、大きなおなかに膀胱が圧迫され、尿漏れが気になった人も多いはず。

赤ちゃんを産むと、おなかもへこんで尿漏れともさよなら~のはずが、妊娠・出産を経験したことのある人にとったあるアンケートによると、産後に尿漏れの症状に悩んだことのある人は、約40%にのぼるそうです。

ではなぜ産後に尿漏れが起きてしまうのか、改善方法はあるのか、お話ししていきたいと思います。


産後に尿漏れがおこるのはどうして?

くしゃみや咳をした拍子に、思い切り笑ったときに、立ち上がるときに、と尿漏れを感じる瞬間は人によってさまざま。

普通に過ごす日常のちょっとした拍子に起こってしまい、前触れもないので、びっくりしたりショックを受けることも。

尿漏れがおこる原因として考えられるのは、骨盤底筋という筋肉が緩んだためと考えられています。

骨盤底筋は、子宮や膀胱、卵巣などを支えたり、尿道を締める役割があります。

妊娠や出産を経験すると、大きくなった子宮が骨盤底筋に負担をかけ、緩んで尿漏れがおきやすくなる、ということです。
もしかしたら私だけかも?と思っている産後の尿漏れは、何も恥ずかしいことではなく、自然におこることだと言えます。

また骨盤底筋は体の内側にあるインナーマッスルと呼ばれる筋肉であり、鍛えるのも難しければ衰えにもなかなか気づきにくいのです。

骨盤底筋の緩みに気付くポイント

尿漏れ、という症状がない人も産後は骨盤底筋が緩んだ状態かもしれません。

下腹がポッコリ出ている、骨盤の歪み、腰痛、便秘気味などの症状はありませんか?
一概には言えませんが、これらは骨盤底筋が緩んだことが原因でおこっているかもしれません。

 

では骨盤底筋の緩みに気付くチェック方法とは?

①ちょっとした拍子に尿漏れがおこる

②排尿の途中で尿を止めることができない

③入浴したあと、膣からお湯が漏れることがある

④尿意を感じてから我慢することがきつくなってきた

この中で1つでも当てはまる項目があれば、改善方法を考えていきましょう。

骨盤底筋を鍛える方法

まずは排尿を自分でコントロールできるようにしましょう
排尿途中にはじめはできれば1,2秒、尿を止めてみてください。
できる人は秒数ずつ伸ばしていってみてください。
でも違和感などを感じた場合や、疾患がある場合などは無理をしないでください。

次に、誰にでも簡単にできる骨盤底筋を鍛える体操がありますので
動画を参考に、ぜひ試してみてください。

尿漏れのケアには専用パッドがおすすめ

いつ漏れるかわからない状態では、パッドをあてるなどのケアをしておくと安心できます。

尿漏れ専用のパッドは買うのが恥ずかしい、という人も多いので生理用のナプキンで代用している人もいるかと思いますが、尿漏れには専用のパッドをおすすめします。

量を吸収してくれるのもそうですが、気になる尿のにおいを消臭してくれる機能があります。
また経血と尿では吸収のされ方も違うので、専用のパッドだとベタつきもあまり気にならないようです。

おりものシートにも尿漏れに対応しているものもあるので、あまり量が多くない人は、そちらを選ぶと良いかもしれません。

まとめ

私も尿漏れに悩まされた1人ですが、体操をすることで改善されました。

骨盤底筋は加齢によっても弱ってくるものなので、改善されても体操は続けていきたいと思っています。

どんな姿勢でも思い立ったときにできるので、ぜひやってみてくださいね。

by meeco

関連記事はこちら