Mumps Eye-catching image

子供がかかるおたふく風邪。かかると厄介ですよね。出席停止期間があって幼稚園も学校も行けないし、もちろんお外にも。

我が家の子供たちもおたふく風邪にかかったことがあるのですが、学校保健法の出席停止期間って曖昧なんですよね・・・。なので、かかってしまった時にいつまで学校を休まないといけないのか・・・と読めないんです・・・。

特に働いているお母さんだと、仕事をいつまで休まないといけないのか予想がつかないのは困りますよね。私も仕事をしているのでこの点はとっても困りました。

子供だけがかかるものだと思っていましたが実は私大人になってからかかりました。本当厄介です。症状も大人になってからかかると重くなるし、行動に制限はかかるしで本当に困りました。

そんなおたふく風邪。実際のところ皆さん出席停止期間がどのくらいか知ってますか?また、おたふく風邪がどういうものか知っていますか?

ここでは

  • おたふく風邪の出席停止期間
  • みんなはどれくらいで治った?
  • 腫れが引かない場合

こららについて書いていきたいと思います。おたふく風邪について一緒に勉強しましょう!

Sponsored Link

おたふく風邪の出席停止期間は?

おたふく風邪にかかったらどのくらいの期間休まなきゃいけないの?
最短で5日間になります。

ここでは

  • おたふく風邪ってどんな病気?
  • 潜伏期間
  • 気になる出席停止期間は?

これらについてご説明しますね。

おたふく風邪って?

まずは皆さんおたふく風邪がどういうものか知っていますか?おたふく風邪は、耳の下にある耳下腺が腫れてしまいます。唾液が作られる場所でもあるので耳下腺が腫れてしまうと唾液がでなくなってしまい耳下腺にたまってしまいます。

唾液は1日中口の中を潤してくれています。唾液の分泌の度に痛みを感じるのでずっと痛みを感じることになります。耳下腺に唾液がたまるということは唾液の分泌量も減ってしまうということなので口の中が乾きやすくなり口内炎などの原因にもなりえます。

sick_otafukukaze

潜伏期間は?

潜伏期間は、一般的に2,3週間程度あるとされています。潜伏期間中と発症している期間中はほかの人にうつしてしまう可能性のある期間なります。潜伏期間が10日から20日程度、発症期間が4,5日とすると結構長い間うつしてしまう可能性があるということですね。

そんなおたふく風邪の出席停止期間ですが、何日間なのかご説明しますね。

おたふく風邪の出席停止期間は?

2014年4月に改正され、それまで「耳下腺の腫脹が消失するまで」とされていたのが「耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫れが始まった後5日を経過し、かつ、全身状態が良好となるまで」に改正されました。ということは最短で5日間で出席停止期間が終わるということですね。

おたふく風邪の痛みは1週間前後続くので1週間お休みすれば問題なく幼稚園や学校に通えるようになるということですね。

大体1週間あれば腫れも引いて痛みもなくなって通えるようになるのね!でも、ひとそれぞれでしょ?みんなはどうだったのかしら??

Sponsored Link

みんなはどうだった?

おたふく風邪の経験についての声を集めてみました!

5日間長いですね。しかも5日目でまだオカメ状態とは・・・。採血検査をしなくちゃいけないなんて大変だ!

この方は恐らくおたふく風邪が完治するのに2週間近くかかってますね・・・

治りかけまでわからないことってあるんですね。おたふく風邪は片側だけ腫れる場合もあるので要注意です。

他、いろいろなサイトでどれくらい治ったのか調べまくったところ、どうやら腫れが治まるのは1週間くらいが圧倒的に多かったです。なので平均的なところは1週間ほどで出席停止が解除になるということですね。

ただ、いろんな方のツイートを見ているとおたふく風邪が治った途端、別の病気にかかってしまって結局さらに長い期間家で過ごしたという方も多かったです。

免疫が下がっているので他の病気にもかかりやすいんですね。しっかり栄養を摂って免疫を上げないといけませんね!

おたふく風邪大人になってからかかると本当に厄介です。

ドクター

腫れが引かない!!どうする?

おたふく風邪の腫れは大体1週間程度でおさまる傾向にあります。では、それ以上たってもおさまらない場合何が原因なのでしょう?

おたふく風邪は「流行性耳下腺炎」と言います。ムンプスというウイルスによって発症します。耳下腺炎にはほかにも種類があって反復性耳下腺炎というものもあります。反復性耳下腺炎は、ウイするや細菌が原因だったり、免疫の問題だったりと要因は様々です。反復性というだけあって何度も繰り返すのが特徴です。

ただ、この両者見分けるのが非常に難しいといわれています。

1週間以上たっても腫れが引かない・・・何度も繰り返すという場合反復性耳下腺炎の可能性もあります。病院へかかり血液検査をしてもらえばおたふく風邪か反復性耳下腺炎かの区別がつくのでぜひ心配な場合は専門医にご相談ください。

血液検査

関連記事)

まとめ

  • おたふく風邪は、耳下腺が腫れて痛みの出る病気。
  • 出席停止期間は、耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が始まった後5日を経過しし、かつ、全身状態が良好となるまで
  • 症状は人によって様々。大人になってからかかると重症化する傾向に!
  • 多くの人は1週間くらいで腫れがひき、外出可能になる
  • おたふく風邪の腫れがひかない!そんな時は反復性耳下腺炎を疑ってみて!

おたふく風邪についてまとめてみましたがいかがだったでしょうか?子供がかかると本当に見ていてかわいそうになりますよね。でも、熱が下がると意外に元気良くなって家の中にいるのが大変な状況になることもあるんですよね。

おたふく風邪は予防接種をうけていてもかかる可能性のあるものです。でも、予防接種を受けるだけでも症状を軽くしたり、かかりにくくしたりという効果はあるのでぜひ予防接種はお子さんに受けさせてあげてくださいね。大人になってからかかると本当に厄介なので。

 

 

Sponsored Link


関連記事はこちら

注目コンテンツ

買い忘れはありませんか?