毎日のおやつ、そしてお誕生日のケーキなど、子供に市販のお菓子を与える機会は多いものです。

市販の物だとお菓子によっては、洋酒入りの物もあるわよね。

そのなの。

だから、市販のお菓子を買う場合は、原材料のチェックをするように気をつけているのよ。

洋酒入りのお菓子・・・

子供に食べさせてもいいのかしら?

私は与えない方がよいと思っているのだけれど、実際はどうなのか調べてみようと思うわ。

「洋酒」=アルコールですので、例え少量でも子供には与えない方がいいと思っています。

しかし、実際はどうなのでしょうか?

ママ友に質問され、実際はどうなのか気になりましたので、洋酒入りのお菓子について

  • 子供に食べさせてもいいのか
  • ゼリーはどうなのか
  • どのようなお菓子に洋酒が入っているのか
  • 洋酒が使われている食品に表示義務はあるのか

について調べました。

同じ疑問を持つ方のお役に立つと幸いです。

スポンサーリンク

洋酒入りのお菓子は子供に食べさせてもいいの?

洋酒入りのお菓子を、子供が食べても大丈夫かしら?

洋酒入り お菓子

結論から言うと・・・

避けた方がいいでしょう。

その理由として、

  • 風味を良くするためにお酒を使用した後に、アルコールを飛ばす過程を省いている場合もある。
  • 洋菓子に限らず、お酒を使用したお菓子や加工品は、その作られる過程においてアルコールが残っている場合もある。

などがあがります。

ですから、洋酒入りのお菓子を子供が口にすると、

  • 体調を悪くする
  • 中毒を起こす(まだ未発達の子供のアルコール分解能力は弱い)

などの恐れがありますので、避けた方がよいでしょう。

私自身、アルコールに大変弱いため、アルコールの入っているチョコレートの箱が開いただけで眠気が起こるほどです。

この様に大人でも反応しますので、子供にはそれ以上に気をつける必要があります。

スポンサーリンク

ゼリーはどうなの?

ゼリーにも洋酒入りってあるわよね。

ゼリーだとアルコールが飛ばしてあれば大丈夫かしら?

自宅で梅酒ゼリーを作る場合など、アルコールをしっかり飛ばせば大丈夫だけれど・・・

市販のゼリーは、アルコール濃度が結構高い場合もありますので、与える前にしっかり原材料をチェックしてくださいね。

洋酒入り

ちなみに、贈答用のゼリーに含まれるアルコール量は、高いものですと2%以上のこともあります。

また、市販のゼリーには記載がなくてもアルコールが入っているものもあるので、原材料が不明な場合は与えない方がよいでしょう。

アルコールをしっかり飛ばせば大丈夫なのね。

でも、市販のゼリーはしっかり原材料をチェックするようにするわ。

 

ちょっと余談ですが・・・

大人の方が、

  • ウィスキーボンボンや洋酒入りのお菓子
  • 奈良漬や粕漬け
  • ノンアルコールビールやカクテル

など、たとえアルコール量は少なくても多くを摂取すれば酔ってしまう事もあります。

ちなみに、ノンアルコール飲料は以下の2種類に分けらています。
  • アルコールを全く含まない飲料
  • 1%未満のアルコールを含む飲料

 

また、酔っているかに関係なく、アルコールを含む食べ物や飲み物を摂取し運転すれば、飲酒運転になる可能性もありますので注意が必要です。

子供同様、大人も気をつける必要があるわね。

 

洋酒が使われている食品に表示義務はあるの?

ところで、洋酒が使われている食品に表示義務はあるのかしら?

それが・・・

お菓子類には表示義務がないみたいなの。1)

 

ちなみに、飲料品については、アルコールが1%以上含まれている場合には「酒類」の表示の義務があります。1)

 

お菓子に関して法的な規制はないですが、商品やお店によっては、自主的に消費者に予め教えてくれる表示がされてある場合もありますよ。

「アルコールを使用しております。」

「お子様やお酒に弱い方はご注意下さい。」

などの表示を、目にされた事もあるのではないでしょうか?

 

お菓子に使われている洋酒の量は僅かかもしれませんが、それが子供の身体に害をもたらす事があるのも事実です。

子供を持つ親として、まずは原材料のチェックを怠らないようすることが大切ですね。

そのために、普段から食品に対する知識を高めておくよう心掛けましょう。

洋酒が使われている主なお菓子を紹介!

ここで、洋酒が入っている可能性のあるお菓子も紹介しますね。

洋酒入り

  • シュトーレン
  • ゼリー
  • 焼き菓子
  • 生チョコ・チョコレート
  • チョコパイ
  • プリン
  • ティラミス
  • バームクーヘン
  • ラムレーズンのアイスクリーム

 

以上のように、市販のお菓子は、保存性を高めるためや風味付けのために洋酒が使われる事が多くあります。

子供に市販のお菓子を与える場合は、洋酒が使われている可能性を考慮して、

  • 店頭で確認
  • 原材料をしっかりチェック

することを忘れないようにしましょう!

ツイッターに、こんな口コミもありました。

 

 

 こんなうっかりも多そうですよね。
主人にも知識を持ってもらわないと!

よく見るアイスでも、意外と洋酒入りだったなんて・・・ありますもんね。

パッケージの表にはなくても、裏の表示にはあったというものもありますからね。

 

この他にも、海外のものや贈答用のお菓子には、洋酒が入っているものは多いですから注意してくださいね。

 

 

参考:1)独立行政法人国民生活センター「チョコレート菓子を食べたら酔っぱらった?」

 

まとめ

今回のポイントのまとめ!
  • 洋酒入りのお菓子を子供に与える事は避けた方がよい。
  • ゼリーは、アルコール濃度が結構高い場合もあるので、与える前にしっかり原材料をチェック。
  • 市販のお菓子は、保存性を高めるためや風味付けのために洋酒が使われる事が多くある。
  • 洋酒入りのお菓子類には表示義務がない。

美味しそうなお菓子で溢れる街中、子供ばかりか大人でもその誘惑に負けてしまう事は多いのではないでしょうか。

とくに甘いものを目にすると気もゆるみ、見た目だけで求めてしまう事もありますね。(笑)

しかし、お子さんも一緒に食べる場合には・・・

くれぐれも原材料のチェックや店頭で洋酒(アルコール)使用の有無を確認するようにしてくださいね。

そうすることで、安心して子供にお菓子を与えることが出来ますので。

 

スポンサーリンク

関連記事はこちら