Sweets of liquor containing Eye-catching image

毎日のおやつ、外食先でのデザート、特別な日のスペシャルなケーキなど、子供にお菓子を与える機会は多いものです。

その際、手作りのお菓子でしたら、材料や分量も明確なのでお子さんにも安心して与えられますが、市販の物ですと、どの様な材料で作られているのかをしっかりチェックするのは大切ですね。

私自身、市販のお菓子を求める際は必ず原材料のチェックを怠らないように気をつけていますが、チェックしてみて改めた気付くのは、市販のお菓子には洋酒が使われている事が結構あるという事です。

そんな時、「子供に食べさせても大丈夫?」と疑問に感じ、気になりましたので、実際はどうなのか、洋酒入りのお菓子について色々と調べてみました。

  • 洋酒入りのお菓子は子供に食べさせてもいいのか?
  • 洋酒入りのお菓子
  • 原材料表示

今回は、以上についてご説明します。

スポンサーリンク

洋酒入りのお菓子、子供が食べても大丈夫なの?

Cake

ママ Aさん
洋酒入りのお菓子、子供が食べても大丈夫でしょうか?
先輩ママ Bさん
洋酒入りのお菓子も多くありますが、中には風味を良くする為にお酒を使用した後に、アルコールを飛ばす過程を省いている場合もあり、その様なお菓子を子供が口にすると体調を悪くする心配もありますので、避けた方が良いとされています。

また、洋菓子に限らず、アルコールを使用したお菓子や加工品は、その作られる過程においてアルコールが残っている場合もあるようです。

私自身、アルコールに大変弱い為、アルコールの入っているチョコレートの箱が開いただけで眠気が起こるほどです。この様に大人でも反応しますので、子供にはそれ以上に気をつける必要があると思います。

スポンサーリンク

洋酒が使われている主なお菓子

ママ Aさん
洋酒が使われている主なお菓子を知りたいのですが。
先輩ママ Bさん
以下のリストを参考にされて下さいね。

Chocolates

市販のお菓子は、保存性を高める為や風味付けの為に洋酒が使われる事が多くあります。

洋酒が使われている事が事前に分かれば、避ける事も出来ますが、知らないで子供に与えてしまうこともあると思いますので、親として知識を持つことが大切ですね。
  • 洋菓子店などで販売されているパウンドケーキ
  • ゼリー
  • チョコレート
  • ラムレーズンのアイスクリーム
  • プリン

パウンドケーキなどは、親が知らずに与えてしまい、子供の調子が悪くなるなどの事例もある様です。特に贈答用のゼリーでは、洋酒やワインが使用されている事も多く、中にはアルコール度が2%以上の物もある様です。

また、チョコレートなど、海外のものや贈答用の品では洋酒が入っているものは多いです。

洋酒が使われている食品に表示義務はあるの?「洋酒」以外の表示例は?

ママ Aさん
洋酒が使われている食品に表示義務はあるのでしょうか?
先輩ママ Bさん
飲料品については、アルコールが1%以上含まれている場合には『酒類』の表示の義務がありますが、お菓子類にはこの様な法的な規制はない様です。

Liqueur

 

ただ法的な規制はないですが、商品やお店によっては、自主的に消費者に予め教えてくれる表示がされてある場合もあります。「洋酒を使用しております。」「お子様やお酒に弱い方はご注意下さい。」などの表示を目にされた事もあるのではないでしょうか。

お菓子に使われている洋酒の量は僅かかもしれませんが、それが子供の身体には害をもたらす事があるのも事実です。普段から食品に対する知識を高めておくのが理想的ですね。

ママ Aさん
お菓子を求める際、見た目に囚われて、肝心の成分について疎かにしていた事を反省しています。
子供を持つ母親として、まずは成分のチェックを怠らないように心がけることが大切ですね。参考になりました。

 

関連記事はこちら

最後に

美味しそうなお菓子で溢れる街中、子供ばかりか大人でもその誘惑に負けてしまう事は多いのではないでしょうか。

特に甘いものを目にすると気も緩み、見た目だけで求めてしまう事もありますね。(笑)

しかし、お子さんも一緒に食べる場合には、くれぐれも原材料のチェックや店頭で洋酒(アルコール)使用の有無を確認されるようにして下さいね。

そうすることで、安心して子供にお菓子を与えることが出来ますので。

あやより

スポンサーリンク

関連記事はこちら