子供のおやつ、できれば市販品じゃなく手作りで作ってあげたい。
だけど、面倒だし、2.3歳の子供だと、邪魔されたり・・・

そんな時は遊びついでに一緒に作っちゃいましょう~。

そういう時にとっても簡単であっと言う間にできるレシピを伝授します!!


子供と作る簡単ミルクわらび餅

<材料>

牛乳   2カップ (豆乳やココナッツミルクでもOK)
砂糖   大さじ3
片栗粉  大さじ5 (葛粉でもOK)
きな粉  適量

<作り方>

1.鍋にきな粉以外のすべての材料を入れて、よくかき混ぜておく。
IMG_0963
2.鍋を中火にかけて、木べらでひたすらかきまぜる。
3.だんだんかたまってきたら弱火にしてさらに混ぜる。
IMG_0967
4.ぽってりしたら(写真参照)バットなどに移す。
5.荒熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。
6.適当な大きさに切って、お好みできな粉などをかけてできあがり。

IMG_0971

ゆであずきなどもよく合いますよ。

子供と楽しむポイント

鍋に材料を入れて混ぜるところまではコンロの上ではなくても大丈夫なので、
テーブルなどですることで、小さなお子さんでも一緒にできます。
3歳くらいになると、計量もまかせてもいいかもしれません。

小学生くらいになると、コンロの上でかき混ぜることも可能になるでしょう。

完成後にお皿に盛るのも、スプーンなら、小さなお子さんでもできます。
自分の分は自分で好きなようにすくって入れるのも楽しいので喜びます。

きな粉もスプーンですくってかけるようにすることで
かけすぎを防げるので、小さなお子さんでも楽しめます。

夏はよく冷やして、冬は温かいままで食べるのもいいですよ。
葛粉を使うと体を温める効果が高いので、風邪をひいた時にも最適です。

まとめ

子供って、大人がやってることに興味津々。
幼稚園年少さんくらいから小学校低学年くらいはお手伝いしたい盛り。

でも、普段忙しい中でお手伝いさせてあげることは、足手まといになっちゃいそうで躊躇してしまいがちです。

でも、遊びついでにおやつ作りなら大丈夫。

お子さんのお手伝いしたい願望を叶えつつ、ついでに手作りおやつもできてしまいます。

小さい頃にしっかりお手伝いをさせてもらった子は大きくなってからもたくさん手伝ってくれる子になって一石二鳥です♪

お手伝いしたい盛りに足手まといになるからとさせないでいると、いつか本当に役に立つくらいお手伝いができるようになった時、やってくれない・・・というのはよくある話です。

私がそうだったようです。
私が小さい頃、お手伝いしたいと言っていた時期があったらしいのですが、母が足手まといになるからと、させなかったそうで・・・。
いざ、小学校高学年以降、役立ちそうな時がきて、手伝わせようとしたら全くやらなかったと・・・嘆いていました(笑)

それぞれの年齢にあわせたお手伝いで、少しずつ食べ物やお料理への関心を高めることで、お手伝い大好きな子に育つ可能性が高いと思います。

わらび餅は意外と簡単であっという間にできるので、ぜひお子さんと一緒に手作りを楽しんではいかがでしょうか。

byさっちん

関連記事はこちら