毎日のお弁当について、頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。

毎日のことですし、朝はただでさえ時間がありません

でも子供が喜ぶお弁当を持たせてあげたい。

今回は、毎日のお弁当のおかずにできる、簡単レシピをご紹介します。


幼稚園のお弁当、ココナッツオイルを使ってみましょう

coconutoil

今話題のココナッツオイルを使ってお弁当を作りましょう。

ココナッツオイルは、

  • 脂肪になりにくい
  • 抗酸化作用が強い
  • 免疫力を高めるラウリン酸が豊富

などサラダ油などと違ってメリットがたくさんあります。

若返りのオイル、などとも言われますが、幼いお子さんにも是非とっていただきたいオイルです。

どうせ食べるなら、体にプラスになるものの方が嬉しいですよね。

ココナッツオイルには二種類あります

「ココナッツオイル」「ヴァージンココナッツオイル」です。

科学物質や添加物を含まないヴァージンココナッツオイルを選びましょう。

幼稚園のお弁当、ココナッツオイルで焼き野菜

satumaimo

さて、このココナッツオイルを使ったレシピです。

まずは焼き野菜
野菜を切って、サラダ油の代わりにココナッツオイルで焼くだけです。

おすすめの食材はさつまいもです。

さつまいもをよく洗い、皮ごと輪切りにします。
厚みは5ミリくらいがいいでしょう。

輪切りのままで大きすぎるようなら更に半分に切り、半月型にします。

フライパンにココナッツオイルを多めに入れ、切ったさつまいもを重ならないように並べます。

弱火でじっくりと焼きます。

ひっくり返して両面を焼き、ほんのり焼き色がつけば出来上がりです。

さつまいもの他に、じゃがいもやカボチャもおすすめです!

幼稚園のお弁当、簡単りんごのサンドイッチ

ringo

もうひとつ、ココナッツオイルを使ったレシピです。

ココナッツオイルで焼いたりんごのサンドイッチを作りましょう。

りんごは洗って皮をむき、半分に切り、それを八等分します。

さつまいもと同様に弱火で焼きます

八枚切りの食パンを用意します。
お好みで耳をカットしておきます。

焼けたりんごを熱いうちに挟めばりんごサンドイッチの出来上がりです。

お昼にはオイルがパンにしみ込んでしっとりとした感じになり、とても美味しくなっています。

一口サイズに小さく切って、お弁当箱に詰めても可愛いですね。

パンが乾燥すると美味しくないので、一つずつラップに包むのがおすすめです。

さいごに

ココナッツオイルは、サラダ油より体に良いうえ、冷めても食材がおいしく食べられるのでお弁当にはもってこいです。

とても簡単でおいしいレシピなので、ぜひ作ってみてください。

byこはる

関連記事はこちら