子供が病気の時に、「お風呂に入れても大丈夫?」と自問される事もあると思います。

熱が無く、お子さん自身が機嫌よくしている場合は、その決断もそれ程大変ではありませんが、お子さんが水疱瘡などの感染症のある病気に罹ると、自己判断に頼る事に不安が過ぎるものです。

今回は、そんな不安を解決するために、水疱瘡のお風呂はいつから入って大丈夫なのか、その目安や注意点をご紹介します。


まずは、水疱瘡の症状を知りましょう!

水疱瘡は伝染力が強く、そのウイルスに感染してしまうと、約2~3週間の潜伏期間を経て発症します。

先輩ママ Bさん
症状の現れ方と進行は以下の通りです。
  1. 赤い発疹が出始め、その後、その勢いを増し、広がていく。
  2. 発疹が水疱に変わり、強いかゆみが出て来る。
  3. 約一週間ほどで水疱はかさぶたに変わり、やがて乾いてかれて行く。

 

水疱瘡で受診すると、飲み薬と塗り薬を処方されます。
その後は、医師の許可が出るまでは、外出はもちろん、保育園や幼稚園、学校に行く事も控えて下さい

関連記事)

Girl (2)

水疱瘡のお風呂はいつから入って大丈夫?

Toddler

ママ Aさん
お風呂にはいつから入れても大丈夫でしょうか?

 

先輩ママ Bさん
お風呂に入れて大丈夫な目安は、水泡がかさぶたになり茶色くなっていれば可能です。

もし、自己判断が難しい場合は、医師の指示に従うようにして下さい。

感染力が強く痒みも強い水疱瘡ですので、お風呂に関しては注意が必要です。お子さんの現在の状態をしかり把握され、悪化させない様にして下さい。

先輩ママ Bさん
お風呂に入れる場合は、以下の事に注意して下さい。

 

  • 湯船に入る時は、長時間の入浴は避ける。
  • 入浴剤は、肌への刺激が強い時があるので避けるのが無難。
  • 体を洗う場合は石鹸などの泡を立てて、泡で優しく洗ってあげる。
  • 体を乾かしてあげる際は、タオルで優しく押さえながら拭いてあげる。

 

基本的には、上記で述べた事を守られるのが理想的ですが、おしめかぶれの心配、若しくは、夏の暑い時期に水疱瘡に罹ってしまうと、お子さんの体を洗ってあげたくなるものですね。

その場合は、お尻だけでも洗ってあげる、熱が無ければ、シャワーで体を手短に流してあげるのは大丈夫です。

お子さんの情況は、毎日お世話をしているママが一番知っています。臨機応変に対応する事も大切だと思います。

最後に

Baby (13)

水疱瘡で大変な点はその感染力の強さもありますが、やはり痒みを伴う事かもしれせん。

特にお子さんはその事を自分でコントロールするのが難しく、痒ければ、掻いてしまうものです。

しかし、掻いてしまうと醜い跡になってしまう事もありますので、お子さんの爪は常に短く切っておき、清潔に保っておく事も大切です。

 

ママ Aさん
お風呂に入れる目安が分かり助かりました。病気の時でも子供の体を清潔に保つ事が出来そうです。参考になりました。

あやより

関連記事はこちら