ねえママ、ジャマイカ買って!

ぁあ?

なんのこと?

小学校の先生が持っててね、算数の時間にみんなでやったんよ。

これが面白かったん。

だから買って?

え?

算数の勉強に役立つの?

ジャマイカって、あんたドレッドヘアにして、赤・緑・黄のヘアバンドでも欲しいのかと思ったわ。

ちげ〜し。

いいから買ってよ!

 

先日、このように小4の長男からいきなり買って欲しいと言われたジャマイカ。

「ジャマイカ ゲーム」

「ジャマイカ サイコロ」

「ジャマイカ 計算」

「ジャマイカ 算数」

などと検索すると、出てくるんですが、ぱっと見ハンドスピナーみたいですが、違うらしい・・・。

ジャマイカ

そこで今回は、子供にバカにされないようジャマイカ(JAMAICA)について徹底的に調べ、マスターしました!

  • どんなもの?
  • 使い方
  • 評判

などをまとめましたので、私も知らない・・・そんな方は、ぜひ参考にしてください。

ジャマイカとは?

まずはこちらをご覧ください。

これがジャマイカです。

ちょっと前まで知らんかったくせに・・・、偉そうやし。

ジャマイカ

ハンドスピナーのような形ですが、6つの突起にそれぞれサイコロがはまり、中央にも数の書かれたサイコロが。

こちら、この数を使ってできる学校や塾など、算数教材に推薦されている日本頭脳スポーツ協会認定の右脳トレーニンググッズ、つまり・・・脳トレゲームなんです。

足し算・引き算・掛け算・割り算(+−×÷)を使って、答えを導き出していきます。

 

色は、赤・緑・黄があるんよね。
ほら、やっぱりジャマイカカラーやん。

ちなみに、色々な店舗探し回りましたが・・・、本屋・文具店・おもちゃ屋・・・、どこにも売っていない!

メルカリではいくつか出品はあったものの、すべて完売。

私はネットで購入しました。

 

ママ、前置きが長い!

早く使い方説明してよ。

 

ジャマイカの使い方は?

一応箱の裏にも説明はありますが、このジャマイカ、どう使って算数の計算に役立つのか、説明していきます。

ジャマイカ

白いサイコロが5個、黒いサイコロが中央ともうひとつ2個あるのがわかりますよね。

この黒いサイコロ2個の合計数が、目標の数となります。

白いサイコロ5個を、足す・引く・掛ける・割るなどして、目標数となるように計算式を作っていきましょう

ちなみに、白いサイコロは1度しか使えませんよ。

 

ちなみに・・・、コロコロとサイコロを転がすように振って、テーブルなど平らな面に置いてピタッとサイコロが上を向くようにして使います。

ジャマイカ

では、実際の画像を見ながら遊び方の例を挙げてみましょう。

例題

黒いサイコロが30と2、なので目標数は30+2=32。

この32という数字が答えになるような計算式を、白いサイコロ3・2・3・2・5を使って求めていきます。

ジャマイカ

では、実際いく通りかの計算をしていきましょう。

注意すべきは、白いサイコロを1回ずつ使うということ。

最後に正確な計算式を出すといいでしょう。

ジャマイカ

数字が1〜6、10〜60なので、一つひとつの計算自体は簡単です。

これを+−×÷を組み合わせて、いかに計算式を作るのか・・・

 

たとえば、小学生の宿題である

  • 「答えが32となる計算式を作れ」
  • 「7×5−3=32、これを別の計算式で答えを証明せよ」

などといった問題の練習となるわけですから、遊びの中でジャマイカで計算ゲームをしていると、その計算能力が自然と身につくというわけなんですよ。

注意点

まわりのサイコロは、1〜6まで、黒い中央のサイコロは、10〜60までとなっています。

黒いサイコロの合計が66で、白いサイコロの数字が全部1の場合など、中には計算式が成り立たない場合もあるのです。

 

そして、サイコロに6はあっても、9はないので、数字を読み間違えないようにしてくださいね。

ジャマイカの評判は?

ただ、実際のところおもちゃじゃないのか?

持っている方の評判も気になるわよね。

それも調べてみました。

評判をまとめると・・・

  • 小学3年生〜6年生で、学校の授業でも使われていていい
  • 遊びの延長で、計算の勉強になる
  • 柔軟な計算の発想が身につく
  • 大人でもハマる

など。

実際のツイッターも紹介します。

 

6年生、楽しんでいますね。

さすがに5歳にはまだ早いです。

 

最後に

ジャマイカ、魅力的ですよね〜。

ポイントをまとめます。

  • ジャマイカは、算数教材に推薦されている日本頭脳スポーツ協会認定の右脳トレーニンググッズ
  • 足し算・引き算・掛け算・割り算などで、答えを導き出していける
  • 白いサイコロ5個を、足す・引く・掛ける・割るなどして、目標数(黒いサイコロ2つの合計)となるように計算式を作っていく
  • 小学3〜6年生で多く使われ、算数の勉強にもなる

 

クリスマスや誕生日プレゼントにジャマイカ・・・、それもいいですよね。

見た目はなんとなくおもちゃ的要素があり、しっかり勉強にもなるジャマイカ。

これなら子供自身も遊びの延長で自然と勉強になるので、勉強をさせられているという感覚がないんです。

なので、学校でも「先生ジャマイカしよ〜」と、子供たちが寄っていって、皆で誰が早く解けるのか競争しているようですよ。

 

ちなみに、我が家では寝る前のお楽しみとなりつつありますが、なかなか子供に勝てません。

ゲーム感覚で楽しんでいるので、計算が速く、何問も戦いを挑まれます。

こりゃ〜、親の威厳を保つためにも、私も子供の留守中に練習しなきゃです。

関連記事はこちら